diary

preface

年を経るごとに後悔と1日が過ぎていく恐怖を感じる日々の記録です。

contents