ながれぼし☆流星団|談話室

1999年09月27日(月)12時54分人工無能MAGI「注意事項」

 団員トシテノ節度アル書キ込ミヲ願ウ。

1999年09月27日(月)12時55分ゴールド金「クララで立ったー!」

 やはり一番乗りはNo1にファーストちっく!
 俺Meもご機嫌なハッピーです。
 とにかく開設オープンおめでとう、
 じゃあまた明日トゥモロー!

1999年09月27日(月)12時56分ソルティ塩「はやいですよ(笑)」

 もうできていたとは、驚きビックリ。
 ていうか、マジに作るとは思っていなかった(笑)

 というわけで二番目セカンド的な背広スーツのソルティ塩でした。
 めでたくてコングラッチュレーション。

1999年09月27日(月)12時56分ゴールド金「このページの良い所」

 ここってさ、勢いしか汲み取れない所が逆に笑える!
 楽しいよ、馬鹿すぎてて。誉めてるんだけどそう見えないね。

1999年09月27日(月)12時57分ソルティ塩「続・はやいですよ」

 もう死んだんかい! 早っ!! >司令
 ロディマスってなんやろね。魔王の子供たちとかって言わないよね、まさか。

 関係ないけど、「甲冑」って良い響きですよね。「鎧」より「甲冑」。

1999年09月27日(月)12時58分天馬ペガサス「何じゃここは」

 まさか本当に作るとは思わなかった、Butしかし! 二人しか居ないとは何事だ?
 仕方が無いので二人に称号を与えよう。

>ゴールド金
 おまえには、【バロン男爵】を与えよう。

>ソルティー塩
 おまえには、【カーネル大佐】を与えよう。

 二人とも、ここではこのGOOD素晴らしい名前ネームで書き込むが良い!
 ・・・いや、書き込んで・・クダサイ。

1999年09月27日(月)12時59分カーネル大佐「管理人は?」

 ペガサス殿が泣いて頼むから、仕方なく使ってあげよう(笑)

 んで、管理人の須賀和良さんは称号なしっすか?

1999年09月27日(月)13時00分バロン男爵「称号」

 天馬ペガサスが最初に決めのは、『バロン伯爵』だった。
 Me「おい、バロンは男爵の事だぞ!」
 ぺガ「あ、そっか!」
 奴は天然だ!!(恐ろしい)

1999年09月27日(月)13時01分新人ルーキー「入団希望です。」

 はじめまして。
 名前のとおりの者です。
 これから宇宙スペースナンバーワンを目指してここで頑張りたいのですが、よろしいでしょうか?

1999年09月27日(月)13時01分バロン男爵「良く来た!」

 もう、ここは寂しくて寂しくて・・・
 何せ、主催の『ペガ公』がほったらかしだからね。

>新人ルーキー君
 良く来てくれた! いらっしゃいウェルカム!
 取り合えずもうすでに、君は宇宙スペースNo3の位置にまで来てしまった。
 頑張ってネン! ルーキーなんだからー

 んじゃバイなら!

1999年09月27日(月)13時02分カーネル大佐「歓迎する!!」

 さびしいっつーか、ペガサスさんパソコン持ってないから仕方ないじゃないですか。
 ていうか、パソコンもないのに自分のHP持っているって事自体笑い話ですが(笑)。

>新人ルーキー君
 ハローこんにちは! 同志よ、これからもよろしく。
 とりあえず、書き込みたまえ! それこそが勝利へのビクトリー。

 そんじゃ、ばいばいきーん。

1999年09月27日(月)13時04分鬼コーチペガサス天馬「たるんどるぞ貴様ら」

 全く貴様らは、人がパソコンを持ってない事を良い事に言いたい放題言いやがって
 悔しいからお前ら特訓してやる。

>バロン男爵
 貴様はまずグラウンド3万周、それが終わったらエロネーム500ページ、
 しかる後青葉画荘で『美少女漫画の描き方』と『漫画家セット』を実名領収書で買ってこい。

>カーネル大佐
 貴様はうさぎ跳び1万往復、それが終わったら砂場で石英集め2千粒、最後に携帯の着メロを『ミンキーモモ』にして、電車の中でオンにして着信を待て

>新人ルーキー
 ようこそ、君には『ドクター博士』の称号を与える、精進するように。

1999年09月27日(月)13時05分カーネル大佐「厚底サンダル女に足払い」

 現在特訓中。ウサギ跳びの跳び過ぎで脱肛したのでちょっと休憩やすみ。

>ペガサス天馬さま
 加賀富ではありがとうございました。爆笑しすぎで腹が痛いです。
 というわけで、仰せの通り書きました。満足ですか?

1999年09月27日(月)13時05分バロン男爵「ハイ!! コーチ教官!」

(やっとグラウンド3周目)ハアハア・・もう駄目ギブアップです、コーチ教官!
 しかも悔しいからって特訓するなんて酷い、これはリベンジ復讐?
 ビック大のアダルト大人がみっともない!!(口応え)

1999年09月27日(月)13時06分バロン男爵「123」

 123番だった、只それだけ。
 何じゃこの更新。
 こんなんが、ペガサスが出す指令書なのか!?

1999年09月27日(月)13時06分赤レッド「今日も新しい朝が来た」

 よう、みんな! エブリボディ元気かい?
「流れ星☆流星団」実働部隊チームリーダーの赤レッドだ。
 いつもここに来てくれているキミ達にちょっとだけスペシャルな秘密を教えよう。
 今度やってきたコーチ教官だが、どうやら秘密の作戦プランを考えているらしいぞ。
 ついにHELL地獄団に一泡吹かせて、壊滅に追い込むタイム到来ってわけだ。
 みんなの応援とサポート、よろしく頼むぜ!!(ビシッ)

1999年09月27日(月)13時07分カーネル大佐「第24話 返事はイエッサーorラジャーだッ! の巻」

 イエッサー! わかったぜ叫喚!!
 ただひとつわからないことは、「何をすればいいか」だけさ!

 〜ペガサスにわからない愚痴〜
 うちのプロバイダ(FSI古川AP)遅すぎ!! 近々変更予定。
 どれくらい遅いかっつーと、仙台のIC-NET(196KB)と同等以下(推定)。
 大体20MBの回線を100以上のAPで割ってるんで、数字的には同等ではあるが、
 時期の関係から下手すれば半分くらいまで落ち込むものと思われまする(IR)。
 ちなみに、IC-NETって仙台より、古川とか石巻とか、田舎の方が回線太いのよね。
 はぁ〜早くプロバイダ変えてUOやりたいっす。

1999年09月27日(月)13時07分コーチ教官(天馬)「この馬鹿たれのあんぽんたん供が!!」

 この馬鹿フール供が!! 貴様らの様な根性ガッツ無しはパソコンを売っ払って、『ぴゅう太』からやり直せ!! いいか、何があろうとも返事は常に『ハイ!! コーチ教官!!』だ!!

>カーネル大佐
 ええい!! 訳解からん単語並べおって!! いいか、良く聞け宇宙で真に役立つコンピューター用語は『ベーシック』のみだ!! それが解からんような奴は踏み台昇降運動2万回だ!!

>バロン男爵
 3周位でへたばる様な奴は、宇宙スペースでは0.0000000000001秒も生き延びる事はできーん!! うむ、仕方ない、ここは一人エッチ連続20回で勘弁してやる

>赤レッド
 ウム! 見所のある奴は貴様くらいだ、その調子で工事を完成せよ。

1999年09月27日(月)13時08分Sくん「グッモーニンおはようございます」

 はじめまして。
 僕も仲間に入れてほしいのですが、よろしいですか?
 でも僕って体力ないから、宇宙で生きていけるかちょっと心配。

1999年09月27日(月)13時09分人口無能MAGI「連絡……連絡……」

 第一次作戦司令部改修工事ガ終了シマシタ。
 引キ続キ、第二次指令ヲ待チマス。

1999年09月27日(月)13時09分桃ピンク「入団希望ね?」

 ようこそ、Sくん。
 このベース基地にたどり着けたキミは、もう立派な団員メンバーよ。
 宇宙スペース空間も最初は怖いかもしれないけど、じきに慣れるわ。
 うん、キミならきっと大丈夫。わたしが保証してあげる。

 ただ、自分の名前に「くん」付けするのは、お姉さん的には、ちょーっと許せないかな。
 そんなキミには、『男ボーイ』のコードネームをあげちゃうから、これからもガンバってね♪

 それにしても、コーチ教官てば、また荒れてるわねぇ。
「鬼オーガ」のあだ名は伊達じゃない、ってことかしら。

1999年09月27日(月)13時10分楯井智「おはようございます」

 ゆっきーさんのところからやって来ました。
 男爵さんとか大佐さんとか、偉い人がいっぱいいて、ちょっと気後れしちゃいますけど、皆さんの足を引っ張らないように頑張っていきたいと思います。
 よろしくお願いします! コーチ教官!!

 Sくん。新人同士、いっしょに頑張ろうね♪

1999年09月27日(月)13時10分葉月まみ「こんばんは!!」

 女では入団できませんか?! 宇宙に出られませんか?!

1999年09月27日(月)13時11分カーネル大佐「宇宙語」

>コーチ教官
 宇宙の言葉はテレパスゥイーであるとある歌に歌われておりましたが、本当ですか?
 また、コンピューター老婆もやはりベーシックで動いておりますか?

>楯井さま
 ようこそ! そんなに固くならずにがんばってくれたまえ!
 ちなみに一番足を引っ張るのはペガ(以下銃殺)

>葉月まみさま
 女でも全然オッケーだ! ていうかむしろ大歓迎だ!!
 桃ピンク隊員を目指してがんばってくれたまえ!

1999年09月27日(月)13時12分男ボーイ「ありがとうございます」

 では、今回から『男ボーイ』と名乗らせていただきます。
 でも『ボーイ』って『少年』・・・。
 宇宙の塵のように、細かい話でごめんなさいっっ

>楯井さん
 ありがとうございます。
 頑張りましょうね。

>葉月さん
 ようこそいらっしゃいました。って僕が言う事ではないですが(^^;)
 よろしくお願いします。

1999年09月27日(月)13時12分葉月まみ「ありがとうございますっ!!」

 頑張ります!!
 えと、とりあえず何を頑張ったらいいですか…?
 とにかく、皆様、よろしくお願いいたしますっ!

>男ボーイさま
 こちらこそよろしくです!
 体力ないんですか…?
 男は体力つけなきゃです! ←根拠なし

1999年09月27日(月)13時14分入団希望者「流れ星☆流星団に、入団希望っす!」

 こんにちは。ぼく、流れ星☆流星団に入団希望なんですけど・・・・。

 あの、あの、・・・・・いいですかぁ?

1999年09月27日(月)13時14分黄イエロー「まかせんしゃい!」

 おぅ、楯井どん、よく来なすったな!
 むむっ!? 新人同士でいちゃいちゃしとるのは、ダメでゴワスよ。
 教えて欲しいことがあったら、ワシの部屋にきんしゃい!
 手取り足取り色々と教えてやるぞもなし。
 まずは、カレーの作り方からじゃ!

 葉月どん……おおぅっ! 同じ日に二人も女性が入団希望とは、
 いよいよワシらの時代がやってきたっちゅーことかいのぉ!
 女じゃから、宇宙に出れない……んなこと言っちょったら、桃ピンクの奴にどやされるわい。何ばすりゃいいかっちゅーとな、鬼オーガの奴がゆっとったよーに、まずは旗艦の仕様書をあげるこっちゃな。

 男ボーイ。……いかん、いかんぜよ。
 男がそんな細けぇこと気にしちゃちゃあいかんぜよ。
 少年ボーイの称号はのぉ、ダメ、ダメなんじゃ。
 芦田のとっつぁんが版権を握っとるさかいのぉ。
 それが「ワタル」っちゅー奴になったってのは、けっこう有名じゃさかい、お主も知っとるべよな?

 入団希望者どん、若いっちゅーのはいいことじゃのぉ。
 ワシにはおぬしがマブシすぎて、直視出来んぞい。
 下で桃ピンクの奴も言っとろーが、ここに来れたんなら、入団はバッチリオッケーじゃ。活躍を期待しとるぞ。

1999年09月27日(月)13時15分葉月まみ「はいっ!!」

 仕様書ですね、黄イエロー隊員!
 頑張ります!
 めざすは桃ピンク先輩☆

1999年09月27日(月)13時15分男ボーイ「あっ、そうでしたね」

 『ワタル』有名です。もちろん僕も知ってます。
 すっかり頭から抜け落ちていましたね。

1999年09月27日(月)13時16分プリンス殿下「や〜い」

 やい、コノヤロー! よくもリンクしやがったなコンチクショー!!
 おかげで、うちのHPのあるハローがダウンしやがって一晩中繋がンないぞっ
 何とかしやがれヘッポコ団。
 つか、やっぱり謎だぞこのページわ(^^;

1999年09月27日(月)13時16分サーティ30円「お願い」

 誰か助けてよ。

1999年09月27日(月)13時16分葉月まみ「?!」

 サーティ30円さんが助けを求めていらっしゃいます!
 ど、どうしたらいいんでしょう?

 体力をつけるのに一番効果的なのは…
 ここではやはり、コーチ教官にご指南いただくのがいいのではないでしょうか?

1999年09月27日(月)13時17分男ボーイ「え?」

 どうしたんですかっ、サーティ30円さん!
 僕に出来るような事であれば、手を貸しますよ。

 今度ぜひご指南下さい!
 コーチ教官!!

1999年09月27日(月)13時18分楯井智「おひさしぶり〜☆」

 こんばんは〜♪
 ちょっと時間が空いてしまいました楯井智でーす。

>黄イエローさん
 えっ? イエローさんの部屋をお伺いしてもいいんですか?
 それじゃあ、ホントに材料持ってお伺いしちゃますよ〜っ。
 お肉、ニンジン、ジャガイモ、コンニャク、サトイモ、花らっきょう、と、光画部カレーなら、わたしだってけっこう腕に自信がありますよ。
 いーっぱい作るから、残さず食べてね(^^)。

>カーネル大佐さん
 はい、ガンバりまーす♪
 ところで、わたしも何かコードネームは貰えないんでしょうか?(クスンクスン)

>男ボーイさん
 体力つけるんなら、いっぱい運動して、いっぱい食べる!
 これが、古代からのコモンセンスですよ♪
 というわけで、一緒に光画部カレー食べる?(^_^)

>プリンス殿下さん
 あ、こちらではじめまして〜♪
 毎日、殿下さんのページは覗かせてもらってまーす。
 殿下さんに対抗して『プリンセスお嬢』なんて名乗ったら……イジめる?

>サーティ30円さん
 いったいどーしたの?

1999年09月27日(月)13時18分サーティ30円「アリガト」

 みんな、ありがとう。
 あんな一行書き込みに答えてくれて。
 なんかちょっとだけ勇気が湧いてきたよ。

 実は、某イベントで、パソコンを持っていない人から、その人のHPを作るように頼まれたんだ。
 善は急げってことで、その翌日に早速テストタイプを作って、僕のHP容量を割いてアップ。
 そして1週間後には、HPの仕様書が届いたんで、それに併せてリニューアルも行ったんだ。
 それなのに、それなのに、今じゃそいつは僕のことなんか全く頭にないみたいで、家の近くの有料ネットカフェから接続しても、自分が参加しているメイルゲームの掲示板にしか書き込みしてないんだ。それを見たとき、正直泣けてきたよ。
 ね、僕はいったいどうしたらいいと思う?

 ……僕も加賀富ってところで、豚キムチを食べたら、強くなれるのかな。

1999年09月27日(月)13時19分葉月まみ「ああ〜、そうでしたか…。」

 サーティ30円さん…そ、それは辛いですね。えと、えと…どうしたらいいのかな…??
 その人に抗議してみる! とか…。
 でもその方、きっと悪気はない…んじゃないですか? 多分。
 何となく、そんな気がしますよ(^^)
 加賀富の豚キムチ…とりあえず食べてみたらいかがでしょう?

 楯井智さん、初めまして♪
 同じ日に入団が認められた葉月と申します。
 女性同士、仲良くして下さると心強いです。
 光画部カレー、私もいただけます…?

 男ボーイさん、頑張って体力つけて下さいね。

1999年09月27日(月)13時20分コーチ教官「ワシはここだ! ここにおる!」

 んんんっ!? これは一体どうしたことだ。
 ちょっとばかし目を離した隙に、いつの間にやら
 人生相談カウンセリング室になっているではないか!!
 どれ、オレが一肌スキンを脱いでやるか!

>サーティ30円
 なんともそいつはけしからん奴だな! そんな奴は男の風上ウインドワードにも置けん!!
 などと単純に考えてはいけないぞ! オレが思うに、そいつはお前を試しているんだ。
 真に信頼に足る人物かどうか、これからもお前にまかせて良いのか、ということを。
 今回の件を乗り越えた時には、新たなニューワールドがお前の前に広がっている筈だ。

 もしそうでなかったとしたら、遠慮なくここに報告しろ!
 オレが直々にそいつのところに出向いて、根性を叩き直してやる!!
 交流誌50冊参加! その全てにイラスト付きのフリーページ投稿!!
 スクリーントーンは最低3枚掛けのケズリありだ!!!

 1つ言っておくが、古ぼけた過去のことばかり振り返っていてはいけないぞ!
 それは真のトゥルー男マンがすることではない! わかったら、まずはあの赤く輝くシャイニング太陽に向かって、砂浜ビーチをウサギ飛び10kmだ!!

1999年09月27日(月)13時20分男ボーイ「光画部カレー」

 おいしそうですね、僕もいただいて良いんですか?
 じゃあぜひ、一緒に食べましょう(*^-^*)

 栄養つけて、ガンバロッ!

1999年09月27日(月)13時21分カーネル大佐「凶運の彫像」

 奴の大敵だ。各自一個は携帯せよ。

>楯井智さま
 ふむ、階位授与は本来バロン男爵あたりの仕事なのだが、このごろさっぱり姿をみせぬ。このままだと作戦行動に支障が出かねないので、私が「サージェント軍曹」の位を授けよう。
 なお、この位は仮のものである。すぐ昇格するので安心するように。

>男ボーイ殿
 細かいことを気にしてはならぬ。本来なら「男マン」になる予定だったのを、司令崩御の恩赦で特別に可愛らしい「ボーイ」に変更されたのだ。
 はじめは誰でもそんなものだ。貴殿もどんどん手柄を立ててグレート立派になろう。

>サーティ30円机下
 豚キムチだけでは栄養のバランスが偏っていかん。加賀富もう一つのメヌー「ポテトのチーズ焼き」も食すべし。さすれば炭水化物も摂取できて栄養コンプリート。

1999年09月27日(月)13時21分葉月まみ「凶運の彫像、携帯します!」

 ポテトのチーズ焼き… 美味しそうですね。

 質問であります!
 加賀富とはどんな店なのでしょうか?!
 飲食店ということはわかるのですが… メヌ… メニューが。

1999年09月27日(月)13時22分サージェント軍曹「了解しました☆」

>カーネル大佐さん
 ありがとうございます!
 頂いた称号に負けないように、ガンバリまーす♪
 あの、ところで『奴』って誰なのでしょうか?
 それと『狂運の彫像』って? gooで出てこないです〜。

>葉月まみさん&男ボーイさん
 は〜い、カレーならいっぱいありますよ♪
 余った分は、翌朝のスペシャルデザート(カレーフラッペ)に
 なるので、そちらもよろしくね〜(^^)。

1999年09月27日(月)13時22分バロン男爵「Call Me!!」

 しばらく見ないうちに賑やかになってて素晴らビュチホー!
 ところでバロンの提案だが・・ここらで慣れ親しんできた皆に新しくヒーローネームを付けてはどうかと思うがいかがだろう?
 仮にも我らは正義ジャスチスな団体であるからして。
 カーネル、サージェント、バロンなどと言う『世紀末救世主伝説』にモヒカンで出てきそうなのはイカンと思うのだ。
 そこで、皆から『なんとなくヒーローっぽい』自分のイメージを提出して欲しい。
 例を上げると、俺(もうキャラチェンジ)ベルボトムでギター背負ってる奴なカンジ。
 なんつの? 『ブライギター01』と呼んで、・・・いいの! 呼ぶの!!(笑)

>カーネル大佐
 うむ、カーネルはやはりケミカルニンジャ系かな、覆面で腕組して逆さに出て来るタイプ。
 よって『化学忍者〜』だな、〜は後で考えよう。要望受け付けるぞ!(^^

>葉月まみ様、男ボーイ様、サージェント軍曹様
 はじめまして、そして良く来た若き精鋭達よ!(^^
 君達の熱い正義の魂を体現したイメージを大募集。
 速攻で次々と『ヒーローネーム』を与えちゃうぜ!
 今後ともヨロシクな!

 じゃあ、みんな。アバヨシーユー!(ウインク)

1999年09月27日(月)13時23分カーネル大佐「加賀富とは」

 M県S市T区に存在する割烹料亭、それが加賀富という。
 この店、表向きは普通の料亭だが、日曜日の午後、準備中の店に入り、メニューに載っていない「豚キムチ」or「ポテトのチーズ焼き」を頼むのだ。
 新しいロードが開けるであろう。

>バロン男爵卿
 お久しぶり。つーか、もうブライギター01と呼んで可?
 称号に関しては、本日加賀富で思考する計画。球椎の妖精三人集帝位争奪計画とともに。

>サージェント軍曹殿
 奴に関しての情報はいまだ少なく、こちらとしても「奴」と呼称するしかない状態だ。会議にかけ、皆の意見を聞いてみたらどうだろうと思う。
「凶運の彫像」はGetしているだけで痛い、危険なものだ。持つときは必ず手袋をするように。
 なお、Gooで出ぬ場合はインフォスゥイ〜クを使うがよかろう。http://www.infoseek.co.jp/に飛ぶのだ。

>葉月まみ君
 加賀富とは以上のような店だ。君も是非探してみたまえ。
 君の称号に関して、思い浮かばなかったので書けなかった。すまぬ。思い浮かんだのだと「女レディー」とか「少女ガール」とか…。
 まぁいい。バロン男爵卿が仰るとおり、これからはイメチェンの時代なので君も自分にあったナイスィーなネームを決定してくれたまえ。

1999年09月27日(月)13時23分男ボーイ「ヒーローとは」

>ブライギター01さん
 はじめまして、まだわからない事が多いですが、よろしくお願いします(^^)
 僕のヒ−ロー像は、赤いマントを付けて、エアバイクで颯爽と風のように現れては去っていくというイメージなのですが・・・。
 こんなのでよろしいのでしょうか?(^^:)

>カーネル大佐さん
 『男ボーイ』は恩赦で付けられたものだったんですね。
 司令とはどんな方だったのでしょう?

>サージェント軍曹さん
 スペシャルデザートもおいしそうですね。
 いただきます(^^)

1999年09月27日(月)13時24分ブライギター01「新ヒーロー誕生」

 ボロローン♪「Aマイナー」...(1分後)ボロロローン♪「Cマイナー・・」
 よう、俺は変身サイボーグヒーロー『ブライギター01』だ。
 背中のダブルネック白ホワイトギターは昔『TVジョッキー』で貰ったものさ。
 今から今日の秘密会議で決定した皆の『ヒーローネーム』を報告してやるぜ。
 待ち遠しかったろ? フフン!
 まずは、古株の『カーネル大佐』からだ。

☆カーネル大佐
 強靭な肉体と精神そして化学の力を併せ持つ忍者。彼は闇を駆け抜け悪を斬る!
 『忍』は非常な悪を相手に『心』を捨てて『刃』となる。
 それが奴の名、化学忍者『刃』(ジン)だ!!

☆男ボーイ君
 若い命が真っ赤に燃える! 真紅のマフラーは正義の魂そのものだ!
 またがるマシンはマッハ15の高速機。(それは宇宙じゃ速いのか?)
 速度はどうでも良い、とにかく速い!
 そんな奴の名は・・・男ボーイと書いて『DanBoy・ガイ!』
 俺達はその熱い魂に涙する!

☆楯井智君、葉月まみ君
 勝手に名付けるのは何なので今回は控えとくぜ。
 是非ともどんなヒロイン象を持っているのか報告頼むぜハニー!
 無論、名を替える必要性は無い! 『桃ピンク』の奴だってちゃんとした名は有るだろう。
 いわゆる、どっちを使っても良いがイメージって奴だ!
 正義っぽけりゃ何だって良い、自己申告で名乗りを上げても構わないぜ。
 ポイントは『正義』これ一つだ、忘れるなよ。...ボロロ〜ン♪「Eマイナー」

1999年09月27日(月)13時33分葉月まみ「ちょっと気になっています…」

 サーティ30円さんは、その後どうしているのでしょうか。

◆ブライギター01さま
 初めまして、葉月まみと申します!
 『ヒーローネーム』の件ですが、やはり入団したからには命名していただいて、それを名乗りたいと思っておりますので、よろしくお願いします。
 ヒロイン像ですが…そうですね…「弱きを助け、強きを挫き、自分なりの正義を貫き、いつも優しさと思いやりを忘れない。だけどとってもミーハーで惚れっぽくって、好きな男性には滅法弱いという、情けない一面もあったりして」という感じでしょうか。
 化学忍者刃さまが挙げて下さったものでは「女レディー」よりは「少女ガール」な感じだと思います。
 ところで、マイナーコードの曲は女性受けするってご存じでしたか?

◆化学忍者刃さま
 加賀富とは、噂の割烹料亭でありましたか…。
 M県S市…遠過ぎます〜〜。
 でもそこへ行ってメニューにのっていない料理を頼めば、新しいロードが…。

◆サージェント軍曹さん
 す、スペシャルデザートは、ご、ご遠慮しますね…。
 ごめんなさいっ!! 次こそはチャレンジしてみせますから!

◆DanBoy・ガイさん
 新しいヒーローネーム、おめでとうございます!
 これからも頑張りましょうね☆

1999年09月27日(月)13時33分鬼コーチ天馬「ごほっごほっ・・・」

 たるんどるぞ! 貴・・ゴホッ・・様・・等・・ガハッ(吐血)
 俺には残された時間が少ない・・
 貴様等が宇宙スペースで生き延びられる様に、魂ソウルの言葉を刻んでおく・・

>葉月まみ
 そんな軟弱な覚悟で宇宙スペースを戦い抜き、生き延びられると思ったら・・大間違いのこんこんちきだ!! いいか・・奴等は女だからといって、手を抜いてくれるような奴では無い・・いいか葉月・・よく覚えておけ・・ゴホッ
 宇宙で通用する下着は『白』だけだ・・

>ブライギター01
 うむ・・よくぞそこまで戦士として成長した・・だが、自惚れてはいかん・・
 宇宙では時として予想外の事がすご〜い確率で起こってしまう、これは困った、そんな時この言葉を思い出せ。
 『ぶったな・・父さんにもぶたれたことないのに!!』

>男ボーイ改めDanboy.ガイ
 赤は熱血の色・・そのカラーをシンボルカラーにするからには・・・・
 2度と後ろを振り向くことは出来んと知れ!! ゴホッ・・貴様にたりんのは『敵を倒す』ことだ! 風のように現れて何もせず去って行ってどうする!!
 いいか・・お前にはこの言葉を送る、『あ、それロンです』

>カーネル大佐改め化学忍者『刃』
 貴様が一番わかっとらん!! 何が『ポテトのチーズ焼き』だ!! ガハァッ・・
 ここは宇宙スペース戦士の命を懸けた戦場だ! そんな事では真っ先にばたんQだ!
 貴様にはこの言葉をくれてやる『フグタ君今日飲まないか?』byあなご

>楯井智
 そんな『♪』なノリで宇宙で生きていけると思っているのか!! だがたまには安らぎも必要だ・・そう、今の俺にも・・楯井・・子守唄を・・歌って・・くれ・・・(ガクッ)

 ナレーション『コーチ教官』が倒れた、どうなる!? 流星団!!

1999年09月27日(月)13時35分人工無能MAGI「連絡……連絡……」

 敵ノ攻撃ニヨリ作戦司令部被弾。
 来室時間ノでーたガ破壊サレマシタ。
 全テ新規登録トシテ処理シマス。

 ……応急処置終了。

1999年09月27日(月)15時11分サーティ30円「もう、大丈夫。」

 葉月まみさん、心配してくれてありがとう。
 僕はもう、大丈夫だよ。

 実は昨日、問題の友人とじっくり話し合ったんだ。
 そしたら……事の真相はこんなことだったんだ。
 僕が作ったHPの掲示板は、「削除キー」っていうのを打ち込まないと書き込めないようになってるんだけど、
 そいつ、それを打ち込まないで書き込もうとしてたんだ。
 何度やってもエラー表示。
「自分だけ書き込めないように、設定されてるんじゃないか?」なんてことまで思ったそうだよ。ホントに、事実っていうのは、わかってみるとなんでもないことだよね。
 ・
 ・
 ・
 コーチ教官。
 僕がこんな小さなことで悩んでいる間に、まさかこんなことになっちゃうなんて……。
 ………………僕はぁっ!!

1999年09月27日(月)17時52分ブライギター01「くっ!」

 コーチ教官・・・とうとうこの時が来てしまったか・・・
 彼が宇宙スペース放射線病だと言う事は、前から聞かされてたが。
 早い!! 余りにも早すぎるぜ!! 人はなんてあっけなくしんでしまうんだあああ!
 ・・・だが、この悲しみを乗り越える事こそ、教官が託した最後の訓練だ!

☆葉月まみ君
 こんな状況だが、ここを乗り切り一人前のヒロインへと昇華するんだ。
 惑星美少女軍団にたった一人の衛星美少女(なんか弱そう・・)
 愛と勇気の衛星美少女『キューティームーン!』だ! 略して『QTムーン』(月だしな・・・)
 必殺技は『ラブラブキューティーアロー!!』みたいな〜★

☆楯井智君
 急を要する自体だ、今は一刻も早く新しいヒロインの誕生を急がねばならない!
 よって君は有無を言わさず宇宙スペースからの使者、馬頭星雲の彼方からやって来た、地球平和親善大使『光さん』と合体だ。
 新しい君の名は、3分間巨大化ヒロイン『ウルトラトモ☆』だ! 略して『UTトモ』
 命が3つも有るぞ! 超必殺技は18人兄弟姉妹大集合だ!

 新名については、後々修正を加えるとしても、こんなカンジだ!(てきと〜)
 皆、教官の死を無駄にしないでくれ。(つか、無駄だろう・・・)

1999年09月27日(月)20時20分楯井智「さようなら、そしてありがとう。」

>コーチ教官
 わかったわ、コーチ。
 今日から私は生まれ変わります。
 だって、コーチの気持ちを受け取ったんですもの……(と言って、腹をさする)。
 真空中をバタ足で泳いだコーチ、懸命に巨大ゴムひもを巻いたコーチ。
 もう、2度とあの雄姿を見ることはできないんですね……。

 決めました。
 戦いに勝つまで、もう泣いたりしません!
 だから……今、今だけは、涙を流してもいいですよね。

 最後に一言、お礼を言わせてください。

「『承』の字、間違ってますよ」

1999年09月28日(火)02時14分化学忍者・刃「pHによる平衡移動と加水分解」

 一本しめじ……
 フフフ……
 生まれ変わったというより、ついに正体を現した化学忍者・刃と申す。これからもよしなに。
 今日も電離定数kを用いて敵戦闘員を三人倒したところ。悪・即・分解を信条に、これからも平和のために非常に徹し戦っていきたいと思っておる。

>鬼コーチ天馬殿
 貴殿の遺体は拙者がパラゾールとナフタリンによる防腐・防虫処理を施し、即身仏に仕立て上げて地下にまつる予定故、安心して眠りなされ。
 というか、ポテトのチーズ焼き、冷えて固まって捨てられそうになったものでも一番最後まで食していたのは貴殿。

>葉月まみ改めQTムーン殿
 プロピオンアルデヒドが試験管からわき出さんばかりのステッキーな名前だな。おめでとう!!
 加賀富はそう、心の中にある。そして新メヌー「豆腐のフレンチドレッシングかけ」を食すのだ。

1999年09月28日(火)04時47分QTムーン「そ、そんな……!!」

 コーチ教官がお亡くなりになってしまうなんて…。
 お若いのに、早すぎますッッ!
 宇宙で通用する下着は『白』だけだと教えて下さったコーチ教官。
 私はそんな初歩的なことですら知らなかったヒヨッコ…。
 まだまだスウィーティな軟弱者の私を、鍛え上げて欲しかったのに…。
 泣くなと言われても、涙で前が見えません。
 でも、皆と協力して、きっとコーチ教官のご遺志を果たして見せます。
 見ていて下さい、コーチ教官! 私はトップを狙います!!
 ……あの、UTトモさん?
 何故お腹をさすっていらっしゃるんですか??
 え? ええっ? ま…まさかッ?!

◆ブライギター01さま
 命名、ありがとうございました!
 今は「なんか弱そう」ではなく「本当に弱い」私ですが、この名に恥じぬよう、精一杯努力します。
 成長を見守っていて下さい…。

◆サーティ30円さん
 誤解だったんですね、良かった。
 これからもお友達と仲良くして下さいね。

1999年09月28日(火)11時44分ブライギター01「ミーティング室にて」

 ボロロ〜ロロン♪何処か寂しげな曲を奏で現れる『ブライギター01』。
 だがその手の動きは曲とは合っていない・・・何故かベースとドラムの音までも混じっている。(カチッ)

 よう、最近街に『ヘル地獄団』の戦闘員が溢れてる。
 特徴は色が黒くて、目の下にラメが入ってる。足は蹄のように高く、髪がマダラだ。
 変身せずとも、殴打で倒せる戦闘力だ、ワナか? ・・・コイツらの詳しいデータを集めてくれ!

☆キューティームーンへ
 自分を「弱い」なんて思っちゃいけない!
 俺がまだ只の『ブライ』だった頃…オヤジは『ギター』でー・・・おふくろは『01』だった・・・・・・
 解っかるかな〜? わっかんねーだろーなー・・・・・・シャバドゥビドゥバ〜♪Oh Yea!!
 そう、要は君が『衛星美少女』になる前は『隕石美少女』くらいだった筈だ。
 そして後には『惑星』、いや銀河を冠にするんだ! そんな奴が、弱くてどうするー!!!
 良く聞け! 『人』と言う字は、『妻』と合せると『人妻』となる!!(あっっれー? やっべー、ちげーよ)
 とにかく、立派に成長するのを楽しみにしてるぜ、解からない事が合ったら何でも聞きな。

☆化学忍者『刃』へ
 天馬コーチ教官は飲酒運転で捕まっても『アルコール検査』に引っかからない構造だったらしい。
 そこん所『化学分析』して解明してくれ。世界平和の為に役立つかも知れない。
 安い食い物が大好きと言うのも何か関係が有るかもしれない。(赤ウインナー、100円ハンバーガーなど・・・)

☆ウルトラトモへ
 お腹…ま、ままま、まさかー!?
 早まるなよ! このページは18禁指定されていないんだ!
 余りカゲキな方に進めちゃイカンぜよ!?(混乱、そして僅かな期待)

 おっと、皆に言い忘れた、俺に『様』付けしなくて良いんだぜ。

1999年09月28日(火)19時10分赤レッド「もうダメだ!」

 オレには黙っていることなど出来ない!
 みんな、本当にコーチが宇宙スペース放射線病で死んだと思っているのか!?
 あのコーチが病気なんかで死ぬわけがないだろう! コーチが死んだ本当の理由、
 それは…………昨日、ベース基地が被弾した際の衝撃で棚から落っこちてきた金魚鉢が頭にぶつかったからなんだ!! 畜生、奴らめ、汚ねぇ手を使いやがる!!

 ……止めないでくれ。
 オレは奴らをブッ潰す。
 青葉区五橋に居を構えた秘密結社……暗黒ブラック団の奴らをな!!

1999年09月28日(火)19時26分怪人おじぎ草男「やってやったでオジギ!」

 キョーキョキョキョキョキョ!
 ながれぼし☆流星団のコーチ教官を殺してやったでオジギ!
 ながれぼしの受付ギャルも、ボクちゃんの礼儀正しいおじぎの前にはイチコロだったでオジギ! キョーキョキョキョキョキョキョ。
 これでボクちゃん、幹部に大出世? みたいなー。

1999年09月29日(水)02時39分ブライギター01「真実」

 コ、コーチ...ダセエ(泣)

 だが、暗黒ブラック団、新しい『悪』か。
 俺の正義回路が『許すな!』と唸ってるぜ。間違うなよ、腹が減ってる音じゃないんだぜ?

1999年09月29日(水)03時02分化学忍者・刃「硝酸銀水溶液をバーナーにかざす」

 心を捨てた「化学忍者・刃」はコーチの死にも感情を示すことはなく、淡々と司法解剖を進めるのであった。

 ……解剖の結果、コーチの胃袋から大量の珊瑚の卵が検出された。金魚鉢の割れ具合からして、やはり暗黒ブラック団の仕業と考えるのが妥当であろう。正式な死因の発表はもうしばらく待ってほしい。

>ブライギター01殿
 先日、「ブテイギターO1」と名乗る人物を見つけた。おそらく暗黒ブラック団が放った貴殿の偽物であろう。十分気を付けられよ。
 コーチの司法解剖のついでに分析してみたが、悔しいことにわからなかった。生前から天然ぶりで名を馳せたコーチであるから、それも自然の驚異なのだろう。化学の無力さを思い知らされた気分だ。

>UTトモ殿
 心を捨てた拙者には「腹をさする」という意味が理解できなかったのだが、何か身体に異常があったらケミカリックな忍者薬をプレゼントするので言ってくれ。

1999年09月29日(水)03時30分プテイギターO1「赤レッド」

 おい誰か、赤レッドが五橋で困ってるそうだ、行ってやってくれないか?
 俺は今『第九』の練習で忙しいんだ。
 そうそう、五橋まではこのページのトップからいけるようだぜ。

1999年09月29日(水)04時02分QTムーン「病気じゃ…なかった…?」

 そ、そうだったんですか…!
 暗黒ブラック団、許せません!!
 仇を…コーチ教官の仇を討たなければ!!!

◆ブライギター01さま←貴方にはやはり「さま」を付けなければ…
 はい、ありがとうございます。わからないことがあったら、お伺いします☆
 では早速質問ですが…『人』と『妻』で『人妻』とは何を意味しているのでしょう??
 それから、最近よく見かけるあの輩が『ヘル地獄団』だったんですね! 私、気付きませんでした…。これからデータを集めてみます。

「あ、赤レッドさんが困っていらっしゃるんですね。私、行って来ます。」
 と言って走り去るQTムーン。彼がブライギター01ではなく、ブテイギター01だということに気付かないまま…!!
 危うし! QTムーン!!(続く)

1999年09月29日(水)04時10分QTムーン「あっ、あなたは!!」

 怪人おじぎ草男!
 そう…あなたがコーチ教官を殺したのねっ!
 見てらっしゃい、幹部に出世なんかさせないんだから!!
 覚悟! 「ひっさあぁぁぁぁぁつっ! 『ラブラブキューティアロー』っ☆」

1999年09月29日(水)05時14分(?)「おやおや、勇ましいお嬢さんだ。」

(バシッ!! と、片手で『ラブラブキューティアロー』を受け止める)

 どうやら、また愚かな子羊のラム肉が迷い込んだようだな。
 この暗黒ホモゲペレ時空の中では、君達の技の威力は1/12にまで低下する。
 そんなことも知らないとは、奴らの教育の質は随分とフォールダウンしているな。

 さて、君の相手は後でゆっくりするとして……
 怪人おじぎ草男、あの程度のことで幹部トップになれると思っているのか?
 しかもエネミーな敵に後をつけられるとは、なんたる不始末だ。
 貴様は、今ここで処刑する!

1999年09月29日(水)05時17分怪人おじぎ草男「ひ、ひぃやっ」

 ど、どうかお助けを…………ぎぃやぁぁぁぁぁぁぁっ!!

(そして静寂)

1999年09月29日(水)05時52分女幹部マクローネ「ウフフ・・」

 あらん? 可愛いお客さんね。このコもらって良いかしら?
 縛って、超ミニミニのボンテージ着せて・・・心も下着も真っ黒にしたいわぁ。
 ウフン安心して、気に入ったらコレクションにくわえて・あ・げ・る・から!

1999年09月29日(水)15時59分天馬博士「ヨロシクな」

 俺の名前は天馬、お前等コーチ教官等と呼んだくだらん男の弟だ
 所詮奴はガッツ根性等と言う訳の分からんものに固執した愚か者にすぎん
 そんなマッシーンで検出不能な得体の知れんエネルギーが存在してたまるか
 俺は兄とは違うぞ、貴様等を科学の力でパワーアップするため派遣されて来たのだ
 とりあえず挨拶代わりに貴様等に本部から持ってきた武器をやる、使うも使わんもお前等の自由だ、名簿を見ろ。
(兄貴、貴様の育てた戦士のガッツ根性とやらが、どれほどの物か見せてもらおう)

1999年09月29日(水)17時28分怪人ポメラニアン男「ミーに任せるでポメラ」

 マクローネしゃま! ミーに任せるでポメラ!
 ミーの可愛らしさで奴等を地獄に送ってやるでポメラ!! 取り敢えず、ミーのキュートさ満載の『プリティーサンリオキャラ大作戦』で奴等に自宅で『〜でちゅよ』と可愛いぬいぐるみ相手に話し掛けさせてやるポメラ

1999年09月29日(水)17時39分怪人チワワ男「駄目だワワ!」

 ぼきゅの、か弱さで奴等を危険に飛び込ませてやるワワ!(がくがく・・)
 ポメラニアン男には任せられないワワー!(ふるふるふる・・・)
 なんてったって、ポメ男よりぼきゅの方が、お目めがおっきいワワ。
 ふるふる・・スコッ!(床で滑る音)

1999年09月29日(水)21時40分UTトモ「バッシーーーンッ!!!」

(ィンィンィンィンィンィン……効果音の余韻)

>天馬博士
 コーチ教官のことを悪く言う人はわたしが許さない!
 なぜ、あなたのような人が、コーチの弟なの!!?
 こんな、こんな全く可愛くないパンツを作るようなあなたがッ!!

 見せてあげる!
 あなたが否定するガッツ根性がどれ程のパワー力を持っているのかを!(倒置法)
 まずはこのガッツバリカンで、そのコーチを真似た髪とモミアゲをサッパリさせてあげる!
(うぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃん)

>QTムーンさん
(窓から外を見て)
 QTムーン、あんなに急いで何処に行くの?
 あっちは確か、ファイブブリッジの方…………まさか!?

>化学忍者・刃さん
 ケミカリックな忍者薬、ありがとうございます。
 ちょっとまだ痛みを感じますけど大丈夫です。だって初めてだったから。
 ところで、あの、ちょっとお願いがあるのですが、いいですか?
 わたしの胸にある3つの命、この1つを使ってコーチを……。

1999年09月29日(水)21時42分男幹部カゲシャード「ククククク……」

>怪人おじぎ草男
 また、つまらぬものを斬ってしまったな。

>女幹部マクローネ
 よかろう。この小娘の調教は貴様にまかせる。
 見事、ブラック団の案内受付ギャルとして育て上げてみせろ。
 無論、入り口に飾るオブジェにしてしまってもかまわないがな。お前の好きにするがいい。
(姉が妹を……か。クックック、久しぶりに楽しい余興となりそうだ)

>怪人ポメラニアン男・怪人チワワ男
 フフ、頼もしい奴らよ。
 行け! ニューブリッジにあらん限りの恐怖を撒き散らさんが為に!!(サリンは不可)

(カツ、カツ、カツ、カツ、カツ……地下牢に足音が響く)

>赤レッド
 久しぶりだな、赤レッド。3年ぶりか?
 いや、ここではかつてのネーム名で呼ばせてもらおうか。
 深紅の鮮血クリムゾンブラッドよ……。

1999年09月30日(木)00時24分ブライギター01「止めておくんだ、智。」

☆ULTトモ
 そこらで止めておけ、智。
 俺達のガッツ根性は、行動で見せ付けて思い知らせてやればいい。
 コーチ教官とこの男だって、兄弟だ。この正義ジャスティスのながれぼし☆流星団に席を置くならば、教官の死を悲しんでない筈が無い!
 兄弟だけの、俺達が知る良しも無い何かが有るんだろう。
 俺には、弟が居るから解かるんだ・・・
 あ、....ほんのちょっとだけ止めるの遅かったみたいだな。
(天馬博士の毛が床に静かに舞い落ちた・・・)
 それにしても、そんなにダサいのか? チョット見せてみろ。

☆天馬博士
 俺達には確かにガッツ根性パワーがある。
 それを目の当たりにするのも、そう遠い未来じゃあない筈だぜ?
 それと、コーチ教官の夢、『第一次 流星級建艦計画』ももう完成が間近だ。
 科学者のあなたなら分かる筈だ。アレは・・・あの船は・・・・・
 ガッツで割り切らなくては動くのが不思議だー!!!(ビシッ!!)

☆QTムーン
 そういや、QTムーンにも姉妹が居たんだっけな。(物思い)
 早速の質問か『人妻』? それは解らん!!
 って・・・おいQTムーン居ないじゃないか! 何処へ行った?
 何!? ファイブブリッジだと? 赤レッドも一緒か!
 ちっ! 2人とも無事でいろよ・・・

☆化学忍者『刃』
 基地の守りを頼む! それと、俺の偽者がまだここらに居るかもしれない。
 発見次第取り押さえてくれ、化学で何とかして・・・

 暗黒ブラック団に乗り込むブライギター01だが、
 パワーが1/12になる【暗黒ホモゲペレ時空】の中でどう戦おうと言うのだろう・・・

1999年09月30日(木)00時45分マクローネ准将「うるさいワン公ドモね! 勝手に行ってらっしゃい!」

 さあ、QTムーンって言ったかしら?
 そんなにスカートが短いのに清純派なのが許せないワ!
 この空間スペースに来た以上、下着は黒が良いわネ。しかも皮レザーね。
 あーん、縛られて身動きが取れないあなたって、とっても可愛いわー!!
 もっといっぱい縛っちゃう、ウフフ、芋虫みたいね・・・

1999年09月30日(木)23時20分QTムーン「やめてよおっ!!」

 私は、超ミニミニのボンテージも皮レザーの下着も着ないんだからあっっ!!
 し…しかも黒ですって?! 絶対にダメっ! 下着は『白』って、コーチ教官に教えられたんだからあっ!
 あなたみたいなオバサンに何をされようと、私の心は真っ白なままだわ!
 くっ…この縄を解きなさい!

1999年10月01日(金)01時14分マクローネ准将「オ・・オバサンですって!?」

 キーーーーーーーーッ!
 こんの小娘ぇっ!!
 お気に入りとして可愛がってあげるつもりだったのに、口の聞き方を知らない様ね!
 わたしは、礼儀を知らない子は大っ嫌いなの!
 自分の立場を思い知らせてあげる、あなたが最も嫌がる暗黒ブラック団の怪人に改造ね。
 『常夏ランバダ女』なんてどう? 呆れるほど時代遅れでしょ?
 オーッホホホホホホ!

1999年10月01日(金)01時55分ブテイギター01「まんまとおびき寄せられるとは、馬鹿な娘だ!」

 クークククッ!
 あんな手に引っかかるとは、これも俺の演技力の賜物だな!

★マクローネ様
 ポヘヒ〜♪(ウクレレで変な音を出すブテイギター01)
 いかがですか私めの演技力! この調子で次々と奴等を餌食にして見せましょう。
 それと『常夏』ならばお任せ有れ。このウクレレも装備させましょう。
 私がみっちり仕込んでやります。
 コレハネ、愛知県のヤマダさんにはウケが良かったのよ、(マギー四郎口調)
 んじゃ1曲。ポオワワ〜♪(加山雄3のモノマネで『お嫁に甥で』を熱唱するブテイギター01)

★QTムーン
(QTムーン! 俺は本物のブライギター01だ。今の内に新搭載の瞬間脱衣マッスィーンで束縛を解いて逃げるんだ!! リミットは俺が知ってる雄3の曲数しかないぞ、・・って、このほかは、何が有ったっけ?)

★赤レッド
 赤レッドの奴が未だ見当たらない、くそ! 何処へ行ったんだ赤レッド!!

 ボクノ〜お嫁に甥でええ〜♪(しまったもう終わりそうだ!!)

1999年10月01日(金)02時08分化学忍者・刃「どこからともなく手裏剣が……」

 そしてQTムーンはその束縛より逃れるのであった。

「ふっ……拙者が化学技術ばかりに頼ると思ったら大間違いだ。
 もっとも化学あっての拙者だがな。
 くらえ、化学忍法煙玉! ついでにヘビ花火!!
 ……さぁ、この隙に逃げるのだ!」

1999年10月01日(金)02時48分プテイギターO1「只今帰りました・・・」

 へっへっへ・・・・・へ?
 何故俺様がもう一人?
 ・・・・・・・・・・・・って、ゲゲェ本物か!?
 マクローネ様!! そいつはマジもんです!!

1999年10月01日(金)03時06分ブライギター01「ぐ、何てこった・・・」

 最悪の事態だ、・・・QTムーンの脱衣チャンスだったのに! ・・いや、違った。
 あいつが戻ってくるとは、しかもレパートリーがもう無い!
 どうする・・・・

☆化学忍者『刃』&『QTムーン』
 この暗黒ホモゲペレ時空での戦闘は無謀だ。
 は・・・走って逃げるぞ!!(^^;;;;

☆プテイギターO1(偽者)
 ち、俺の偽者め、『ぷていぎたーおーいち』? 俺はそんなにダサい名前じゃないぞ!
(いや、わりとダサっぽいが・・)

>ナレーション
 かくして、脱衣だけはなんとか免れた『QTムーン』だが、ホントの危機
 暗黒ホモゲペレ時空からは逃れられるのだろうか!?

1999年10月01日(金)03時15分マクローネ准将「ッキャアー! 雄3−!!(はあと)」

 スッテキィ〜! L.O.V.E.ゆ.う.ぞー!! キャーーー!!
 ・・・ってあらん何処行くの〜? .....は! しまった!!

 おのれ、わたしに恥をかかせたな、許さないわよ『ながれぼし☆流星団!』
 戦闘員たちよ追え!! 奴等を此処から生きて帰すんじゃないワヨ!!

1999年10月01日(金)05時49分赤レッド(クリムゾンブラッド)「……こ、この音楽は……」

 こ、これは、加山雄3?
 まさか、あいつらがここに来ているのか!?
 ……ここがオレの最後のファイナルシーンのようだ。
 オレ達のジャスティス力を低下させる暗黒ホモゲペレ時空。
 だが! それ以外の力ならば……奴らの力ならば何ら影響はない!
 コーチ、あんたに使用を禁止されたこの力、今だけは使わせてくれ。
 行くぜ! オレ様の新曲『恋はマルチメディア』!!

 ……すまねぇ、QTムーン。どうやら、一緒に海には行けそうにもないぜ……

1999年10月01日(金)20時46分QTムーン「赤レッドさんーッ!!」

 ブライギター01さま、化学忍者・刃さま、助けに来てくれたんですね…ごめんなさい、私があんぽんたんだったばかりに…ッ。ありがとうございます。
 それよりも、赤レッドさんは?! 彼は無事ですか?! ここから抜け出すなら、彼も一緒に! だって…一緒に…一緒に海に行くって約束を…し、したような気が??
 とにかく彼も一緒じゃなければ、私は帰りませんッ!!
 赤レッドさ〜ん☆どこにいるんですかー?! お願い、返事をしてーッ!

1999年10月01日(金)21時27分ブライギター01「ばか野郎! もう海はクラゲの宴会状態だ!」

 ここは、司令も教官も居ない! 訓練とは訳が違うんだ!
 逃げろと言ったら逃げるんだ!
 俺達の敵は暗黒ブラック団だけじゃない事を思い出せ!
 ヘル地獄団、アポカリプス黙示録団・・・いいか? お前はそんな奴等から、正義を守る為に居る。
 今は脱出が最優先だ、QTムーンと言う防御力を失えば、何人の罪の無い人々が奴等の犠牲になると思う!?
 赤レッドは、改めて戦力を立て直して救いに来よう、このままでは、俺達全てがここで果てる事になる。
 解るだろ? 今の俺達は3人束になっても怪人一人倒すのがやっとなんだ!
 今は只、赤レッドの無事を祈って走るんだ!! 奴も百戦錬磨の戦士、信じるんだ...

 約束・・・芋煮会だったら丁度良かったのにな。

1999年10月02日(土)00時56分QTムーン「そんな…」

 わ、わかりました…。今は仕方がないんですね…。今は私達が無事に逃げる延びることしか、道は残されていないんですね。
 …赤レッドさん!! 待っていて下さい! 必ず助けに来ます! それまでどうか、無事でいて下さいね…。
 それから、オバサン!! いつか必ず借りを返すわよッ! 覚えてらっしゃい!!

1999年10月02日(土)02時13分怪人チワワ男「ここから先は通さないワワ」

 出口に差し掛かろうと言うその時、何処からとも無く響く怪人の声。
 しかし、一向に怪人の姿は現れない・・・・

 あるのは只、崖っぷちに架かる吊り橋の真ん中で、ふるふると震える小犬が一匹。
 おめめの大きなチワワのピンチだ! あんな所から落ちたら小犬はひとたまりも無い!!
 脱出口とは別方向だが、どうする『ながれぼし☆流星団』!?
 橋はロープ一本でなかなか恐いぞ!!

1999年10月02日(土)04時43分QTムーン「……。」

 何故こんな所に子犬が? …なんだかまた騙されそうな気がするのは私だけっ?
 ブライギター01さま、化学忍者・刃さま、どうしたらいいのでしょう? あの、震えている子犬を助けるべきでしょうか、それとも今はとにかく逃げるべきなんでしょうか?

1999年10月02日(土)04時58分怪人チワワ男「プルプルハフハフ!」

 ふるる・・・よたよた。
 キャンキャン(ふふふ、どうだこのぼきゅのか弱さ!!)
(助けたくて飛び込んでくるに違いない、止めにこれでどうだ?!)
 ガクガク・・スコッ!(足を滑らす音)
 あれ?? ・・・・しまったー演技に夢中で橋を無事に渡り切ってしまったぁ!

 どうやら小犬は誰の助けも必要とせず、問題なく橋を渡ってしまった。
 野生のたくましさを見せられた気がする『ながれぼし☆流星団』だった・・・

1999年10月02日(土)05時08分ホワイティー白「遅くなりま〜したア」

 ミーの名前はホワイティー白でェ〜っす。
 このたびUS支部から派遣されて来ま〜したア。
 ミーは日本のジョーシキ分かりませ〜んので、
 よろしくご指導のほどォ! キラーン!(歯が光る)

1999年10月02日(土)05時23分ブライギター01「すごいんだなぁ野生って・・・(ホロリ)」

 なんかもう良いみたいだぞ。(^^;;;
 追手を巻く為にここからは各自バラバラに基地に向かえ。
 無事帰還したら談話室に集まろう。
 この空間の対処法を考え赤レッドを救うんだ!

1999年10月02日(土)06時19分UTトモ「誰も……いない?」

 みんな、何処に行ってしまったの?
 まさか、わたし1人を置いてファイブブリッジに?
 今から行ったんじゃ遅すぎる。それに、この機に乗じて
 他の敵が来るとも限らないし……一体どうすればいいの?
 ……あ、あの人は!!

>ホワイティ白さん
 How dou you do ? はじめまして!
 ホワイティさんのお噂は、以前からお聞きしています。
 まさか、フェアリー三身合体三変化の一翼を担っている方と
 こうして直接お話が出来るなんて、夢みたいです!
 まだまだ入り立てのヒヨッコですが、よろしくお願いします!

1999年10月02日(土)06時36分マクローネ准将「ガクー!!」

 モニターでチワワ男の失態を見たマクローネは。
 思わず失禁しそうなほどズッコケてしまった。

★チワワ男
 あんの犬っころ! 使えないわねバカ!
 逃がしちゃったじゃないの、もう!
 わーん! バカバカバカバカぁ!!
 お前には罰として眉毛付ける!!(怒)

★QTムーン
 もう許さないわよ! オバサンじゃなくてお姉さんとお呼びなさい!
 .....(お姉さん? ....何か懐かしい。??)

★化学忍者『刃』
 何よ! レディーの前で煙幕だなんて!
 髪に火薬の匂い付いちゃうじゃない! 失礼ね!

★ブライギター01
 あなた....そのカッコ普段着?

1999年10月02日(土)13時07分天馬博士「いかん・・こんな時に敵襲だと」

 ふん、もう少し見所のある奴等かと思っていたが・・本部をがら空きにして使えん仲間を助けに行くとは、何て馬鹿な連中だ、UTトモとか言ったな、こんな時にただオロオロするだけが兄から教わった事か? 貴様の様な足手まといがここにいても、邪魔なだけだ、この瞬間物質転送マッシーンでファイブブリッジにさっさと行け、貴様のガッツ根性と言うやつを見せてもらおう。
(この基地に向かっている敵はこいつには荷が重過ぎる・・、俺の開発した『自分の命と引き換えに何でも倒せるマッシーン』・・まさかもう使う事になろうとは、せめて流星ロボ(仮名)が完成するまで敵を食いとめられれば・・)

>ホワイティー白
 よく来た、ついたばかりでなんだが、貴様にも秘密兵器を与えよう、名簿に装備しておく

>ブライギター01
 ガッツか・・・そんな物を頼ったばかりに俺は何もかも失った、兄貴もな・・・
 ガッツ根性で競馬は当たらん、そう言う事だ(遠い目)

1999年10月02日(土)13時25分怪人ポメラニアン男「帰る前にミーに構うでポメラ」

 待つポメラ、帰る前にミーの頭を撫でて行くポメラ! そしたらマクローネしゃまの弱点を教えてやるポメラ!!
(くくく・・ミーの頭を撫でたら最後、余りの可愛らしさに死ぬまで構いたくなる
 ポメラ、お前等一生この空間でミーを可愛がって過ごすポメラよ!!)
 さぁ! 撫でて欲しいポメラ!! さぁ! さぁ! さぁ!!

1999年10月02日(土)15時13分ブライギター01「ガコッ!(かかとを何かに打ちつけた鈍い音)」

 さあ、行こう......

1999年10月03日(日)01時19分【F】カリスマ戦闘員「WARNING!!」

 アタシ達ぃー..ヘル地獄団から来たんだけド〜。
 この基地〜なんかダサすぎ〜?
 コーチって変な人のメモあったけど〜、笑っちゃうってカンジィ?
 なんかここの奴らって〜パンピーじゃん?
 も、らくしょ〜〜。

【天馬博士】
 オジサン、汚〜い。シッシッ!
 も、OOGけって〜!(アウトオブ眼中と言う事らしい)
 親父臭くなるからあっち行ってくんない?

【ULトモ】
 あ〜アタシらの勝ち〜絶対アタシらの方イケテルし〜。
 こいつ、ダッサいパンツ履いてそうじゃん? へそまで隠れる奴〜。

【ホワイティー白】
 アー! 外人〜! .....でも何かダサくない?
 あの人に似てない? んんー...「ワシントン!」(クリントンが正解らしい)
 A「あー、あのキリスト教発明した人でしょ?」
 B「あんた頭良いじゃん」
 C「やっぱり〜? タカシにもそう言われた〜」
 B、A「何それ? タカシとつきあってんの? 〜etc」
 ・・・その後すっかりシカト状態

 ヘル地獄団に基地まで乗り込まれた流星団! マイペースなコイツらに
 この世の怖さを思い知らせてやらなくてはイケナイぞ!

1999年10月03日(日)04時02分QTムーン「?」

 今の鈍い音は何ですか? ま、いっか。基地に戻らなきゃ。

◆マクローネ准将
 お姉さんと呼んで欲しければ、歳を明かしてごらんなさい!
(…おねえ…さん…? 何故懐かしく感じるのかしら…。いいえ、私には姉なんていない、気のせいよ。そう、単なるデ・ジャ・ヴュよ…)

1999年10月03日(日)04時26分QTムーン「ああ、なんてこと!」

 やっとのことで基地に帰ってきてみれば…あれ? こちらの方は? あ、ホワイティー白さんとおっしゃるんですか。え? UTトモさんもお知り合いなんですか? ああ、そうなんですかあ。私、新米のヒヨッコで、QTムーンと申します。よろしくお願いします〜☆
 …って、ゆ〜ちょ〜に自己紹介している場合じゃないですね! あそこで床に座り込んで話し込んでいるのは、『ヘル地獄団』の戦闘員じゃないですか! …でもどうやら話に夢中になっているみたい…今のうちに手を打てますね…。私、変装して彼女たちに紛れ込んでみましょうか? なんでしたらUTトモさんもご一緒にいかがです?

1999年10月03日(日)15時36分ブライギター01「こんの『ヴタ細工』がぁ!」

 ブライギター01は猛烈な勢いで駆け込んでくるなり、カリスマ戦闘員の一人を掴み上げ『巴投げ』をかます。
 それは本来の巴投げの有るべき姿、相手の力を利用するモノでは無く、全くの力技だった・・・。

☆ホワイティー白へ
 よう! おまえさんの事は聞いた事が有るぜ! 合衆国が誇る『正義超人』。
 ラグビーで鍛えた肉体を生かし刑事として活躍。あだ名は大好物からとって『ハンバーガー刑事』と、呼ばれてたそうじゃないか! そしてその真実の名は・・
 ・・・合衆国正義超人『アメリカマン★』来て草々悪いが、コイツら相手にお前の力を見せてくれ!

☆天馬博士へ
 競馬で外しただとぉ? 赤ペンはちゃんと耳に挟んだかい? ・・アレがガッツだ!
 腹巻きに万冊入れてったかい? .............ソレがガッツだ!!
 ハズレ馬券は拳の跡が付くほど握って叩き付けたかい? ..そいつが明日の為その一だ!!
 何にせよ、諦めた時点で、アンタには基からガッツが足りなかったのさ。
 おっと、此処で変な装置を使うのは止めてくれ。
 今死んだら、あんたの葬式写真は半端なバリカン刈。坊さんが笑って読経出来ないぜ。

☆QTムーンへ
 こんな奴等に小細工はいらねえ!
 のこのこやってきた馬鹿さ加減を思い知らせてやれ!
(戦闘員の鼻に指を突っ込み、持ち上げてヴタっ鼻面を作るブライギター01)
  「コンピューター! 映像記録ゥ!!」
  CPU「リョウカイ!」(カシャ!!)

★カリスマ戦闘員
「ぎゃー! 何すんのよこの変態! 時代遅れ! パーマ失敗頭!」
 うっさい! 目の周り腐ってんぞヴサイク!(ラメの事らしい...)
 ハアアァ! ブゥラァイィエェーーンド!!
(ブライエンド、それは必殺技の名の筈だが、これは只のキャメルクラッチの様だ。)

1999年10月03日(日)21時37分QTムーン「それじゃあ、私も!」

 いっきまぁ〜っすッ!(と叫びながら右手を上げ、戦闘員に向かって走り出す)
 必殺ゥ、ラブラブキューティーサンダ―!!(QTムーンはなんとか戦闘員を一人、倒すことが出来た! しかしこの技は、只のラリアットだった…)
 ふっ…女の子がそんなに肌を焼いちゃうと、あとで後悔するわよ…。

1999年10月04日(月)01時26分化学忍者・刃「遅れてすまん」

 ふぅ……暗黒ブラック団の基地に潜入した後、某県の原子力燃料処理施設関係者に天誅としてシリカゲルを食らわせてやった。同じ化学に携わるものとして、奴らのずさんな管理体制に我慢ならなかったのだ。
 無論、奴らに天誅を加えたところで被爆者の容態がよくなるわけではないが、これを機に安全な化学のあり方について考えるべきだろう。

 ……ってわかっておるのか、この馬鹿戦闘員がぁ!! そんなに肌を焼きたいなら煮えたぎった硫酸で焼いてくれるわ!!

>ホワイティ白殿
 貴殿の噂はかねがね聞いている。拙者がこれから貴殿に日本の常識を教えて進ぜよう。
 まず、日本人の95%はニンジャかサムライだ。女性はすべてゲイシャ。さらに……(以下略)

>ブライギター01殿
 終わったようだな……(といってギターとたばこを渡す)
 さぁ、終わりのテーマを弾いてくれ。テーマが無くては戦闘が終わらぬ。

>QTムーン殿
 うむ、全くその通りだ!! 貴女にはこれからの美しさを保つため、拙者が作ったジンクピリチオン配合の美白養液をあげよう。
 ちなみに床に転がっている馬鹿戦闘員にはアンモニア配合の醜黒溶液を塗ってやる。

>UTトモ殿
 すまんな、貴殿を危険に巻き込むわけにはいかなかったのだ。それに貴殿が居てくれたから、こうして襲撃から基地を守ることができた。もっと自分に自信を持つのだ。

>天馬博士殿
 ふっ、我らのガッツ根性の力、わかったようだな。さぁ、貴殿も思い出すのだ。遠い昔に、忌まわしき記憶とともに封印したガッツを……。

1999年10月04日(月)06時17分マクローネ26歳?「あああ、もう!」

 何でこう、役に立たない怪人ばっかりなのかしら!!
 そう言えば犬怪人は、どう見ても只の犬じゃ無いの!!
 誰が作ったのよもう!
 誰か、奴等に一泡吹かせられる自信がある奴は居ないの?
 我こそは、って者がいたら名乗り出なさい!!(【F】キャラ募集!)

1999年10月04日(月)07時27分ブライギター01「終わりのテーマ♪〔作詞/作曲ブライギター01〕」

 ジャンジャカジャカジャカ! *4

 腹ペコだ〜い、腹ペコだい!
 お前は朝飯何食った〜? 俺は朝飯抜きだった〜(え〜なんで〜?)
 朝の連ドラ見てると泣ける、だから俺だけ茶の間に出ないでー
 枕抱えてスンスン泣くのさ。ラーララ〜♪

 腹ペコだ〜い、腹ペコだい!
 お前は昼飯何食った〜? 俺はお昼も抜きだった〜(え〜なんで〜?)
 午前中から歯医者に通って、麻酔効き過ぎ新発見。
 片の鼻だけピクピクできるぜ、もう夢中〜♪

 未だ続く...誰か止めてくれぇ!

1999年10月04日(月)19時10分UTトモ「せんちめんたる☆じゃーにー」

 勢い余って飛び出して来たのはいいけど……どうしよう?
 私一人じゃ、とても敵の本部ベースになんか乗り込めない。

 ……わかってはいたのよね。
 いくら巨大化できるって言っても、ホントはアイアンキング並の足手まといなんじゃないかって……。

 あら、犬ちゃん、どうしたの?
 こんな、誰かに踏みつけられたような跡つけちゃって……。
 ひょっとして帰るところがないの?

 ……私といっしょだね。

1999年10月05日(火)01時51分QTムーン「いつまで歌ってるんですか?」

 え〜と。そろそろいいですか、ブライギター01さま? 『ヘル地獄団』の戦闘員も倒したことですし、赤レッドさんの救出についてお話したいんですけど…。あ、お歌、良かったですよ♪
 ところで、何故赤レッドさんは一人であんなところに行ったのでしょう? 皆さん、お心当たりはあるんですか?
 ……あれ? そう言えば、UTトモさんは何処ですか? まさかトモさんもファイブブリッジへ? …うう、今すぐ追いかけて行きたいけど今回のこともあるし、二手に分かれるべきでしょうか? 一体どうしたらいいんでしょう、一刻を争う事態だというのに…。

 ナレーション:ファイブブリッジでの一件以降、何故か迷いの多いQTムーンであった。

◆化学忍者・刃さま
 美白養液、ありがとうございます〜♪ 苛酷な使命を背負っている流星団の一員とはいえ、やっぱり女の子のお肌はいつでもキレイでなくちゃ、ね♪

1999年10月05日(火)14時43分天馬「ぐああああっ! またやってもうた!!」

 1時間近くかけて打ちこんだデータ(書き込み)が、削除キーのど忘れでパー
 おまけに『戻る』で戻っても消えている・・・ウガ-ーーーーッ!!!!
 ちょっと今はもう1度書き込む気分にはなれん、また来る(痛すぎ・・・)

1999年10月05日(火)18時52分QTムーン「ご愁傷様です、天馬博士…」

 残念でした。またどうぞ。

1999年10月05日(火)19時50分【F】白金のプラティナ「ではわたくしめにおまかせを」

 わたくしはマクローネ様の忠実な下僕四天王の一人、白金のプラティナ(24歳♀)。得物はムチとアメですの。
 ・・・モニターに写っているのは流星団のUTトモですわね。早速、捕らえて参りましょう。散々いたぶってやりますわ。その後で生かして下僕にするも、殺すも、全てマクローネ様のお心のままに・・・。

 そこのお嬢さん。お一人で乗り込んで来るなんて、流星団には活きの良いコが揃っていること。お莫迦さんね・・・ここではあなたたちの力が充分に発揮できないってことを知らないのかしら? いいわ、わたくしが教えてあげましょう。
 ・・・その前にお嬢さんが抱いている怪人ポメラニアン男を返してね。

 プラティナは怪人ポメラニアン男を抱き上げると、彼? の口の中にアメ玉を押し込んだ。その途端、怪人ポメラニアン男はもがき苦しみ息途絶えた。アメ玉に毒が含まれていたのか、アメ玉が大きすぎて窒息したのかは謎である。

 待たせたわね。さあ、次はお嬢さんの番。行くわよ!
(ピシッ! とプラティナのムチが唸ると、UTトモの腕に絡み付いた! ピンチだ、UTトモ! 助けは来るのか? 彼女の明日はどっちだ?!)

1999年10月06日(水)02時48分ブライギター01「博士...」

☆天馬博士

【ナンたらヘゲレビレ空間】(間違ってる)をどうにかするには。
 あなたが必要なんだ。
 だから、とっととアイツの為にアレを何とかしヤガレ !(←駄目なアクション例)
 じゃないと話しが進まないんだから...(話しなんて有ったのか?)

☆QTムーン
 そんな訳で、俺達に出来る事は只、博士を応援する事だけの様だ。
 ほらよ!
(ブライギター01はQTムーンに何かを手渡した!! さてそれは次の内のどれ?)
 A、チアガールの衣装とボンボン。<=応援の為?
 B、ミニスカポリスな衣装と警棒。<=警護の為?
 C、看護婦の衣装と注射器とドリル。<=何処からか持って来たらしい。
 D、セーラー服と眼鏡。<=そろそろ犯罪の匂いがする、ブライギター01、29才。

☆UTトモ
 今は無事を祈るぜ。

1999年10月06日(水)04時37分QTムーン「渡されたのは。」

 ぶ…ぶらいぎたー01(29才)さま…これはセーラー服と眼鏡です…こんなモノ、どこで手に入れたんですか??(眼鏡っ娘がお好きなのかしら?)と、とりあえず博士を応援する為に着替えて来ますね…。

(Cは、ななこさんの? Aは、まっとうすぎてアレだし、私的にはミニスカポリスの制服が可愛くて、一度来てみたいな♪)などと考えながらセーラー服に着替えるQTムーンでありました☆

1999年10月07日(木)06時34分UTトモ「イタいッ!!」

 え?  なにこのムチ?  え?  ええぇぇぇぇええええっ!?
(↑プラティナの存在に気付いてなかった)

 はっ!? あの女は!!?
 無意味に露出度が高いように見えて、その実、隠すところはちゃんと隠している悪趣味なナオンサインの偽物のようなコスチューム!!
 さては、暗黒ブラック団幹部の部下の代理予備の補佐の見習い候補ね!!

 どうする?  ここで戦うことはできる。
 けど、1人じゃ勝てるかわからない……。
 そうだ! このまま大人しく捕まれば、赤レッドさんのところまで行けるかもしれない!
 そうすれば、きっと大丈夫。

「お前達1人1人は小さな火だが、2人合わされば炎となる!」

 そうですよね、コーチ!
 それにコーチはこうも教えてくださいましたよね。

「1人より2人がいいさ。2人より3人がいい」

 って、えええええっ!?
 3人目がいない!? どーしよーっ?

1999年10月07日(木)18時22分天馬博士「よし!! 計画第二段階だ!!」

  宇宙戦艦のアイディアもそろそろ出そろったようだな。白熱した議論を有り難う諸君!(半分になった頭髪が風になびく)
  いよいよ建造案をまとめようと思う、近く最終決定を下したいので、諸君の意見をききたい。『完成した船に乗って宇宙に行きたいか?』
  今度の作戦ははっきり言って生還の見込みは非常に低い、いやそれどころか、まともに宇宙スペースに行けるかどうかすらわからん、だが・・・宇宙スペースにある『暗黒ホモゲベロ空間発生装置』を破壊しない限り、人類に明日は無い!
  諸君にも親兄弟、恋人やホモダチやお姉様がいると思う、強制はしない時間を与えるからゆっくり考えてほしい。

>QTムーン
  俺を応援するより、貴様にはやることがあるだろう、どうしても解らないのであれば『生き別れの姉の記憶を取り戻すマッシーン』を使うのも良いが、自分の努力で思い出すのだな、ちなみにどうしても応援したいのであれば、どちらかといえば『上は体操着、下はスパッツ』にしてくれ。

  >ブライギター01
 よし、俺の科学力で『アイツの為にアレをなんとかするマッシーン』をつくってやろう、貴様には解っているはずだ、QTの記憶が戻ったとき我々がどうするべきか、29年の人生経験を見せてくれ。

>UTトモ
  むぅ・・俺のミスでトンでもない所に送ってしまったな、すまない、今助けてやる転送装置だオブライエン!! こっちに戻ってこい
(俺もまだまだ未熟だな・・兄貴・・・)

1999年10月07日(木)18時49分【F】怪人体育会系男「押忍!! 俺様も行くっス!!」

  押忍!! 体育会系男ッス!! マクローネ様26歳サイコーっすね!
 俺様感激っス! UTトモちゃんもなかなかイカすっス!!
  ムチ、痛そーっスね! 同情するっス!! でも俺様も怪人っス! 手は抜けないっス
 白金のプラチナ先輩! 素晴らしい攻撃っス! インターハイ確実っス!!
  俺様感激っス! 先輩の攻撃の後に俺様にも攻撃させて欲しいっス!!
 いいっスか? 押忍!! よろしくっス!!

1999年10月07日(木)19時00分【F】白金のプラチナ「怪人ごときが出しゃばらないで欲しいですわ!!」

  ああっ! 何ですの!? 変な汗の臭いが!! まったくわたくし汗スメルだけは
 我慢なりませんの!! 貴方のようなのが仲間と言うだけで虫酸が走りますわ!
  キーーーーっっ!! あっちに行きなさい!! ・・・ああっ!! 何てこと!?
 UTトモを取り逃がしてしまったじゃないの!! おんのれぇぇ!!
 プラチナちょ〜っぷ!!

1999年10月08日(金)01時57分QTムーン「はあ…そ、そうですか?」

 じゃあ、今度博士を応援する時は『上は体操着、下はスパッツ』にしてみます。それにしてもヘンな組み合わせですねえ(^^;
 で。本題の「宇宙へ行きたいか?」に対する返答ですが。もちろんです! もっちろん、命は惜しいです! でも、ここで行かなかったら流星団にいる意味がありません。自分の勇気と正義が本物かを試す、いい機会かも知れません。(……ああ、でもやっぱり宇宙なんかで死にたくないよお←本音)
 あ、それから博士。生き別れの姉って何のことです? 私には姉なんていませんよ? 努力で思い出せといわれても…え? ブライギター01さまも、何か知ってるんですか? むむう〜? ……。そんなことより、博士。私の「瞬間脱衣マッシーン」を「瞬間脱着衣マッシーン」に改造していただけませんか? 脱衣だけで終わってしまうのは非常にマズいと思うんですが、どうですか?

1999年10月08日(金)08時31分ブライギター01「QTムーン、マッシーンなだけ良いじゃないか...」

 俺の装備は『お守り』そう、あくまで心の拠り所でしかない。
 他の奴らも、デカパンとか、碌なものじゃない。
 そんな事より、特訓だ!!
 船だけ出来上がっても、俺達がそれに乗れなければ只の飾り物に過ぎない!
 そんな事は『雪○大福』の餅だけ食うようなものさ。(?)
 さあ!! ついて来い。トレーニングルームで、宇宙の厳しさを克服するんだ!

 ...カツカツと廊下に音を響かせたどり着いた一室。
 そこにかかる真新しいプレートには【宇宙スペース空間訓練室】とある。

「ここに入る前に一つお前に聞いておきたい事がある...」
 神妙な面持ちでQTムーンに訪ねるブライギター01。
「紺と赤、選ぶのはどちらだ!?」

 突拍子も無く訳の分からない質問をするこの男、だがその真剣な表情は。
 何かの重大な決意が見受けられる。
 答えるのはこの二択しかない様だ、多分それ以外の質問には答えないだろう。

1999年10月09日(土)04時40分QTムーン「ええ〜?! そうですかぁ〜?」

 でもでも、ただ瞬間で脱衣できるだけ! なんですよぉ?! ホントにマシですか?! ついでに言うと私なら『○見大福』の餅ではなくアイスのほうだけ食べます。
(などと愚痴りつつ、ブライギター01の後について【宇宙空間スペース訓練室】前に辿り着くQT。そこでブライギター01から突拍子もない質問をされる。)
 え? え? こ、紺と赤、ですか? 一体なんなんです、突然??(QTには、それらが何を指しているのかさっぱりわからなかった。だがこの質問に答えなければ、先へは進めないようだ。ブライギター01のいつになく真剣な眼差しが、それを語っている。悩むQT。そして結論。)
 あの…じゃあ紺……。あっ、でもやっぱり……! …あ、いえ、紺でいいです。た、多分。
(選んだはいいが何が紺なのか?! 質問の意味が明かされた時に「やっぱり赤!」と変えることは可能なのか? ブライギター01には、いつも翻弄されっぱなしの(?)QTであった。)

1999年10月09日(土)04時58分【F】下僕四天王「下僕四天王紹介」

▼白金のプラティナ。。。24才・♀・露出度の高い服を着ているらしい。

▼黄金のゴールディ。。。27才・♂・多分怪人体育会系男の兄貴。

▼青銀のシルヴァン。。。22才・♂・プラティナの弟。貧弱美男。

▼赤銅のブロンズィ。。。15才・♀・ただの小娘。

 一応ご紹介。【F】キャラなのでご自由に。設定変更もオッケー。もちろん、無理に使わなくてもいいです。

1999年10月09日(土)08時04分ブライギター01「そうか! 紺か、紺なんだな?!」

 ブライギター01は、目深にかぶったカウボーイハットを上げ、中から問題の『紺』を取り出しQTムーンに手渡した....
「それは、スペース訓練スーツ『紺』(女子用)だ!」
(ここは、文字だけだがビジュアルにはこだわらなくてはイケナイ!!)
 そう、心に喝を入れるブライギター01は、
 『紺』がそこなら、『赤』は何処に入ってるんですか?
 の質問が来る前に一足先に【宇宙空間スペース訓練室】へと進み出た。

【宇宙空間スペース訓練室】
 その中から響くブライギター01の絶叫!! 壮絶な訓練が待っている事は確かだろう。
 深呼吸と心の準備を済ませ、その冷たい扉を開いた.....?

「ぎやあああああああああああああああ!!!」
 そこには、リング上でプロレスラー『馳ヒロスィ』のジャイアントスイングに20回転されてるブライギター01の姿が有った。(宇宙って怖い)

1999年10月10日(日)03時41分QTムーン「よ、良かった…」

 訓練スーツの色のことだったんですね。取り返しのつかない選択だったらどうしようかと思ってしまいました。
(ちなみに、赤と言ったらどこから出てきたのか? それはとても気になったが、逃げるように去って行くブライギター01の背中を見送りながら、とりあえずは更衣室へ向かうQTであった。どうも最近のQTはコスプレイヤーと化している感があるが、そんな細かいことは気にしてはいけない。そして数分後。再び訓練室に戻ったQTは、そこで苛酷な訓練に耐えるブライギター01の姿を目の当たりにすることになる。)
 嘘っ! これが宇宙へ行く為の訓練だというの?! そんなバカな…信じられない!!
(よろめき、青冷めるQT。目に涙を浮かべ、激しく首を振る。)
 いや! こんなのいや!! 何故馳なの?! 私はハンセンおぢさんじゃなきゃ、いやーッ!!

1999年10月10日(日)08時00分ブライギター01「ぜえぜえ・・」

 何をのんきに構えてるんだ! ここにはラリアットおじさんは居ない!!
 それに、今のお前はQTムーンじゃないんだぞ葉月ぃ!
 今のお前のそのカッコから想像するに...
 そう! 今のお前は『ブルマームーン(紺)』って感じだ!
 最近は毎回着替えてるが、これは博士の進行が遅いからかもしれない。

 ヨロヨロと立ち上がるブライギター01、馳と並んでニッコリと微笑む。
 どうやら、順番が回ってきたようだ。
 容赦無くジャイアントスイングハイな馳と無情に回転数を数えるブライギター01
 ブルマームーンには二人が、正義の名を借りた悪魔に見えたかもしれない。

「じゅ〜ういち...じゅ〜に....じゅ〜さん...」

1999年10月10日(日)19時46分天馬博士「どうやら宇宙スペース行きは貴様らだけか・・・」

  うむ、自主トレ大変結構、どうやら宇宙スペースの厳しさを身を以って知りたいようだな、その心意気や良しっ!! 科学の力を以って叩き込んでくれるわ!!
  いいか! 貴様らのガッツ根性とやらが本物ならそれを示してみろ!!

>ブライギター01
  よし、貴様には科学の粋を集めて作られた特訓マッシーン『宇宙空間でもギターの音が聞こえるように出来るかもしれない特訓マッシーン』で血の小便が出るまで特訓してもらおう、これが出来れば多分弾ける。
(それはどう見てもアメリカの通販番組でマッチョな外人がブヨブヨしならせてる謎の棒にしか見えないが、そこはかとなく科学の匂いがした。)

>QTムーン、いやブルマームーンか?
  よし、貴様には科学の粋を集めて研究された訓練法『ラスベガス一週間遊びまくり旅行』だ、この楽しさにだらけぬ強靭なガッツ根性とやらを見せてくれ、QTと一緒に遊びまわってこい。この訓練に耐える事が出来たら『瞬間脱衣十分着衣マッシーン』を与えよう、旅先から手紙を出すようにな。

  そして笑顔でラスベガスに遊びに行くUTとQTを謎の棒をしならせつつ見送るブライギター01と博士であった・・・

1999年10月11日(月)07時58分QTムーン「ブルマームーンと呼ばないで(仮題)」

(なんとか馳のジャイアントスイング20回転を耐え抜いたQTだったが、意識はどっかに飛んじゃって、起き上がることすら出来ずにマットに沈んだまま朦朧としていた。)
 そうか…これ…「訓練スーツ」という名の「体操着と紺のブルマー」だったんだ…。じゃあ赤を選んでたら「赤のブルマー」だったのかしら……? ああ、蝶野は何故ヒールになってしまったの…(涙)。
(本当に生還できないのではないだろうか…? この訓練によって、宇宙スペースの厳しさをいやというほど味わわされたQT。なんだか段々根性なしになってゆく…。そして新たな訓練が天馬博士によって課せられた。)
 ラスベガス、か。でも私、賭事はしないのよねえ。要は遊びまくればいいわけだから、折角だし、思い切り観光でもして来よう♪実は海外旅行するのって初めてなのよね♪アリガト、博士☆
(すっかり本来の目的を忘れているぞ、QTムーン! 出発前からこんなことで、果たして厳しい訓練に耐えられるのか?! 新マッシーンも懸かっているぞ!)

 出発当日:では『ラスベガス一週間遊びまくり』訓練に行って参ります。…博士、私はこの訓練、立派に耐えてみせます! だから、私が帰ったら『着衣も瞬間の』マッシーンを造ってくださいね!!
(天馬博士とブライギター01に見送られ、笑顔で手を振りながらUTと共に去って行くQT。ふと足を止め、小走りで戻ってくる。)
 ブライギター01さま、ソレ、腰を落として中腰になってやると、効果てき面バッチグー☆らしいですよ♪
(QTは、ビシッ! と親指を立てた右拳を突き出し、ウィンクをして、再びUTのもとに走り去った。天馬博士とブライギター01は、二人の姿が見えなくなるまでその場に佇んでいた…)

 ところで、QTが新マッシーンの「着衣も瞬間」にこだわる理由…それは、いろいろとマズいからとか不便だからというのもあるが、一番の理由は、最近多くなったコスプレを更衣室に行かずにその場で済ませられるから、ということらしい。どうやらQTは、ほんのちょっぴり横着者☆らしい。

1999年10月12日(火)17時31分ほにほにー「ちっ、ちょっぷ!」

 チョッ、チョップだと! たがそんなもの、サッ<チョップをかわした音>
 そうそうあたるものではない!! <シャア口調>
 MSとはこうあつかうものだ、タックルーーーー

1999年10月12日(火)23時37分マクローネ26歳?「あら、誰なのかしら?」

★ほにほにーさん?
 プラちゃんのチョップを躱すなんて、あなたどちらの方かしら?
 我が暗黒ブラック団へようこそ。
 流星団を困らせる秘策でも持って来てくれたのかしら?
 この、【暗黒チョメチゲレ空間】(もうてきとう)でそこまで動けるのは。
 あなたも黒なのね?
 お暇なら、流星団でハイジャックでもして来ない?

1999年10月13日(水)02時44分QTムーン「天馬博士のもとに届いた葉書」

 それはラスベガスに滞在しているQT達からのものであった。

 天馬博士と流星団の皆さんへ
 元気ィ〜☆
 From ラヴリ〜QT&UT

 ラスベガスの夜景写真のポストカードには、たった一言書かれていただけだった。

1999年10月13日(水)02時53分【F】白金のプラ「くっ!!!」

 ・・・・・・マクローネ様、しばらくお暇をくださいませ…

 プラティナは自信を喪失していた。
 UTを逃がしただけでなく、わけのわからんほにほにーとかいう間抜けな名前を名乗る奴に自慢のチョップがかわされてしまったからだ!
 プラティナは一人淋しく旅に出た・・・

1999年10月13日(水)06時31分【F】赤銅のブロンズィ「ボクにまかせて〜☆」

 マクローネさま〜☆
 あーんな(色白とチョップだけが取り柄の)先輩のことなんか、ほっとこうよ〜。
 ボクのかわいい部下1号くんと2号くんが集めた情報によると、
 今、アイツらの何人かが、ラスベガスってところに行ってるって話なの。
 分断した勢力を全戦力で各個撃破。これが兵法の基本だよね♪
 まぁ、見ていてください、おねーさま☆
「策士も木から落ちる」「策士の川流れ」「策士も筆の誤り」と言われたこのボクが、ちょちょいのちょーいとヤっちゃいますから。
 そんなわけで、出張旅費ちょ〜だいっ☆

1999年10月13日(水)07時45分マクローネ26歳?「ブロンちゃん、それ全部失敗のたとえじゃないのよ。」

 旅費は、経費で落とすから早く行ってらっしゃい!
 もちろん成功すればボーナス出すわよ。
 しっぱいしたら、あなた...ハガキあげるから旅費分懸賞で当てるまで、禁固するわよ。覚悟してお行きなさい。ウフ

1999年10月13日(水)08時00分ブライギター01「おいおい! 遊んでるぞ〜!!」

 中腰で訓練棒をぶるぶるさせながら、羨ましがるブライギター01。
 細かい振動で全身の筋肉はもうエクササイズビューティーだ!
「これは驚いた、こんなマシンは始めてさ。これなら場所を取らないで好きな時に好きなだけ鍛えられるよ! 俺なんかオフィスの中で..」
 ...って、やってられるかぁあ!!!(ぶんぶん棒を床に叩き付ける)

 最近皆出てこないし、俺はこんな変な「半バリカンおじさん」と二人でエクササイズか?
 やってられーん!
 おい博士! なんで女二人とも行かせちまったんだぁ?
 しばらくは此処に華が無いじゃないか...
 こらオッサンなんか言えー!!

1999年10月13日(水)10時02分天馬博士「うむ、いいぞ!」

  うむ、なかなか楽しんでいるようだな、心配するなブライギター・・実は今週末、我が参謀にして流星基地の設計者でもある須賀我良作戦参謀を自宅に呼んで、基地のリニューアル会議を行う予定なのだ、貴様も暇なら来るがいい、それまでQT、UTその他団員には遊びまくっていてもらおう、帰ってきたら地獄の特訓が奴等を待っているのだ。

>QTムーン
  皆の言いなりになって着替えまくると思ったらソレ系の趣味があったのか・・・
 わかった! それなら貴様の為に『空中元素固定装置』を作ってやろう、これで『QTフラッシュ』の掛け声でどんなコスプレも自由自在だ、ただし変身の際一瞬素っ裸になるがそれを目撃される事は避けられん、ブライギター辺りが大喜びして鼻血を出すこと請け合いだ。

>ブライギター01
  そんなに行きたいのであれば貴様も行けば良かろう、戦士の休息もたまには必要だな、ついでにQTに空中元素固定装置を持っていってやれ、だがラスベガスでもその訓練棒(すでに名前が変わってる)は使用するのだぞ、おっと1つ行っておく
 QT等にも言える事だが帰りの旅費はギャンブルで稼げ、戦士に必要な直感と運の科学的訓練だと言うことを忘れるな。

1999年10月13日(水)10時13分天馬博士「それから・・・」

  いい忘れたが、ブライギター貴様からもらったディスクはラオックス基地では役に立たん事が判明した。
 お陰で一昨日は、アドレスを記憶していたHPにしかいけなかったぞ。
  バツとして貴様のラスベガスの最初の所持金は3ドルだ。

1999年10月13日(水)18時27分【F】赤銅のブロンズィ「あ、まちがった☆」

「策士も歩けば棒に当たる」だったよね♪

 それじゃ、行ってきまーす!

1999年10月14日(木)02時03分化学忍者・刃「一人単独行動中」

 宇宙で使うべく、新薬を開発中の化学忍者・刃。
 このごろは酢酸ヒドロコルチゾンを配合した軟膏の製造に着手。
 これがあれば宇宙線も気合いでなんとかなるらしい。

 しかし肝心の身体を鍛えることも忘れてはいないらしい。
 今週末は巨人軍本拠地で訓練予定。
 ペガサスのファイアーラブロマンスのブロマイドを奴に渡すことができないのが残念だ。

1999年10月14日(木)05時52分【F】赤銅のブロンズィ「マクローネ准将のもとに届いた手紙」

 それはラスベガスに滞在しているブロンズィ達からのものであった。

 マクローネおね〜さまとブラック団の皆さんへ
 元気ィ〜☆
 From ラヴリ〜ブロンズィ&部下

 ラスベガスの夜景写真のポストカードには、たった一言書かれていただけだった。

1999年10月14日(木)07時46分「押忍! わかったっス!」

 マクローネ様の指令、いつも的確っすね! 最高っス! では早速用意するっス!
(三時間後)押忍! 出来たっす! 我ながら完璧っス!!
(それはまるで松本零士のマンガに出てくるような四畳半のきったなくて、くっさい部屋・・・ご丁寧にサルマタケまで生えている)
 どうぞっス! マクローネ様! 気に入っていただけたら最高っス!

1999年10月14日(木)07時46分マクローネ26歳?「緊急指令!」

「アパート一室とハガキを大量に用意せよ!」

1999年10月14日(木)08時02分ブライギター01「天馬博士のもとに届いた葉書2」

 それはラスベガスに滞在しているブライギター01からのものであった。

  天馬博士と流星団の皆さんへ
   元気ィ〜☆
  From ラヴリ〜ブライギター01

  ラスベガスの夜景写真のポストカードには、たった一言書かれていただけだった。

1999年10月15日(金)05時10分須賀和良作戦参謀「業務連絡」

 天馬博士。
 15分程前から開発を進めていた
 例のモノのテストタイプが出来上がった。
 使用状況を確認していただきたい。

 http://www.dec.sakura.ne.jp/~sugawara/tenma/

1999年10月15日(金)08時07分ブライギター01「「俺の名はジロウ、ブライギター01の仮の姿だ。」」

 どんなに説明しても、彼らには分かってもらえなかった。
 どうやら日本語が解からんらしい。
 なんて奴等だ! 俺なんかガキの頃から日本語がペラペラだった!
 彼等の学力不足の為、俺はなかなかQTとUTに出会う事は出来ずにいた。
 俺はQTとUTの写真を肩から下げ、ヒッチハイクで動き回る事にした...

 今日の日記はここまでにしておこう、明日は早いからな。
 そして寝袋に包るブライギター01。野宿の第2日目だった。

1999年10月15日(金)10時38分天馬博士「おお!! 素晴らしい!! 礼を言う須賀参謀!」

 おお・・さすがは須賀和良作戦参謀・・素晴らしい出来だ、ちなみについさっき、また持病の『削除キー病』が出てしまったよ・・今度は慎重に戻るを一回だけ押したってのにな・・駄目だったよ・・どうやら俺の病は着実に進んでいるらしい・・
 それはともかくこのままではブライギターが野垂れ死にしてしまうな、さすがにそれでは夢見が悪い、おい転送装置だオブライエン!

>ブライギター01(いや、いまはジロウか?)
 PBM観測所の報告では明日からシャーレルン星から大量のファイナル放射線が放射され、影響を受けやすい体の者は身動きが取れなくなるそうだ、影響を受けた者とは接触が難しくなるだろう、そこで貴様の為に特別『コロコロコミック』を持ってきてやった、面白くって時のたつのを忘れるゾ! がんばれ!!

>化学忍者・刃
 うむ、さすがは忍者、遊びには目もくれん訳か流石だな、ペガサスのブロマイドを渡せず済まない、すっかり忘れていた、申し訳ない、お詫びの印に貴様に『化学忍犬』をやろう、名前は自分でつけてくれ、決まったら名簿に書くべし

1999年10月15日(金)18時40分【F】青銀のシルヴァン「なに、その部屋」

 ふうん、ブロンズィも失敗したの・・・?
 前からちょっと頭の弱い娘だと思ってたけど・・・仕方のない娘だねえ・・・。くすくすくす・・・・・・。

1999年10月15日(金)19時14分QTムーン「あっれ〜?」

 もしもし? あなたはもしかしてブライギタ〜01さまじゃないですか? え? 違うの? ジロウさんなの? ふ〜ん。で☆ブライギタ〜01さまってば、こんなトコロで何してるんです?
(すっかり遊びすぎて「ー」が「〜」になってしまっているQT。彼女はシャーレルン星からのファイナル放射線の影響も全く受けることなく、毎日元気に遊び回っていた。)
 あはは♪こんな所へ来てまで、その棒振ってるなんて、余程気に入ってるんですね〜。
 あ〜! それ、私の新しいマッシ〜ン?! わざわざここまで持ってきて下さったんですね〜☆遠いのに〜。ご苦労様です☆
(QTはブライギター01の頬に軽くChu♪をした! …をいをい、いいのか? そんなことをして…。そして新マッシーンの説明と、帰りの旅費についての説明を受けたQTは……こちらへ来て2通目になる天馬博士宛の葉書を書き出したのだった。)
 ふう。さて、葉書も出したことだし、そろそろ帰りの旅費を稼がなきゃいけませんね。ブライギタ〜01さま、カジノへ行きましょう。賭事はお得意ですか? 私はパチ……ごほっごほっ、あ、いえ、ゲ〜ムセンタ〜でメダルゲ〜ムをやったことがあるくらいで〜、全然なんですよ〜。そ〜ゆ〜ことなので、私の分まで頑張って下さい〜☆ねっ、お・ね・が・い♪
(やはりハメを外して遊びすぎたせいなのか、少々キャラが崩れている感のあるQTであった。)

1999年10月15日(金)19時23分QTムーン「天馬博士のもとに届いた葉書3」

 それは、もう言わずと知れたラスベガスに滞在しているQTからのものであった。

 天馬博士へ
 ばかあぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁッ!!
 From プリティ〜QT☆

 QTムーン○○才、悲痛な心の叫びであった。
 ちなみに今回使用の葉書は、なんの色気もない只の無地のものだった。

1999年10月15日(金)19時44分QTムーン「流星団に届いたメール」

 QTはまず、カジノへ直行せずに、ブライギター01を引っ張ってネットカフェへやって来た。「例のモノのテストタイプ」を覗きに来たのだった。

>流星団の皆さま☆
 私もつい先日『値段鑑定』と『精神年齢』をやったんですよ〜♪
 『性格判断』なんてのもやりました☆今度は『相性』でもやってみようかな〜なんて思ってま〜す。
 ふろむ☆QTム〜ン

 ……その手のモノが流行っているのだろうか?

1999年10月16日(土)11時19分天馬博士「近頃のヒロインは・・・」

 ふむ、まったく・・あれほどだらけるなと言ったのに・・所詮は今時の娘か・・
 だが死亡寸前まで陥ったブライギターと比べると金銭感覚はまだマシなようだな、
 うむ? なぜシャーレルン星のファイナル放射線の事を知っているのだ? まさか
 こやつPBM体質の娘なのか?

1999年10月17日(日)05時32分QTムーン「PBM体質…?」

 今、天馬博士の声で、なにか聞こえたような気がした…。ううん、きっと気のせいよね。
 そんなことより、LAの大地震! 大変だったわね。早く日本に帰った方が良さそうだわ。そろそろ訓練の期限も切れるし、旅費をなんとかしなくちゃ。ブライギター01さまー、調子はどうですか? 今日中に稼げそうですか??

1999年10月17日(日)08時23分ブライギター01「ギャンブルキング!」

 ファイナル放射線は俺の体には届かない。何故なら...(困ってる)すごいから!!
 そして、ギャンブルは俺に任せておけ!!
 このサイボーグの体は、正義と世界平和の為。社会生活と常識を犠牲に手に入れた物。
 だから俺は、生活資金を普通じゃない方法で手に入れる事に慣れている!
 この最後の1枚のチップをあのスロットマスィインに賭けるぜぇ!!!

(自慢にならない事を堂々と言い放ち、ブライギター01は大負けしていた。そして..
 最後に賭けたスロットマシン...その結果は)

 ジャラジャラジャラジャラ....永遠と続くコインを吐き出す音。
「フフ、ハハハ、アーハハハハハハ! どうだ! 俺のこの運!
 これからはギャンブルキング.ブライギター01と呼んでもらおう!」
 すっかり顔にシャドウが掛かり目だけ輝く増長モードのブライギター01。
 周りの皆にチップを景気良く渡し、何処から出したか葉巻まで咥え出す良い気っぷりだ。
「フフフ、これだけ稼げば帰り賃どころじゃねえ、基地拡張費用として豪華な俺ルームまで作れるぜ!
 QT、UT! 豪遊生活はまだまだ続くぜ! さあ、ロールスロイスでショッピングとしゃれ込もうぜ!」

 そんな中、スロットマシーンからは警報も鳴っている事に気が付かないブライギター01。
 どうやら何かイカサマでもしたのだろうか...それは謎。

1999年10月17日(日)08時43分【F】ディーラー男「WARNING!!」

 お客様、ここは会員証が無いとチップをお金に替えられませんディラよ。
 さあ、御見せ下さいディラ、『暗黒ブラック団員証』を!!

 周りの客殆どが暗黒ブラック団の戦闘員へと変貌する。
 そして、スロットマシーン迄もが形を変え【F】怪人スロット男、へと変貌を遂げた。
 どうやら此処は暗黒ブラック団のラスベガス資金調達支部1号店だったようだ!
 こんな所まで魔の手が伸びていたとは!!

 もう御終いディラな流星団!
 此処には今、准将直属の四天王の御一人が来られているディラー!

1999年10月18日(月)04時01分QTムーン「暗黒ブラック団っ?!」

 まさかこんな所まで魔の手を伸ばしていたとは・・・迂闊だったわ。
 目立ちすぎです、GKブライギター01さま! 地道に稼いでいれば、奴らに見つからずにすんだかも知れないのに!
 ああ・・どうしたらいいの。せっかく山ほど出たコインをお金に換えられないのでは、ブライギター01さまの俺ルームどころか日本に帰ることすら出来ないわ。なんとか監禁・・・じゃなくて換金してもらえる方法はないかしら?
(真剣に悩むQTムーン。だがその悩みは、少し焦点がずれていやしないだろうか?!)
 これはきっと悪夢だわ・・・久々に遊びすぎて疲れているから、白昼に悪夢なんて見るのよ。
(そして自分ではなくブライギター01の両頬を思いっきりつねるQT。彼女はその時「そう言えば、ブライギター01さまってサイボーグなんだっけ・・・」などと考えていた。そして目の前の怪人や、これから登場予定の四天王の一人のことなど、全く頭に入っていなかった。)

1999年10月18日(月)04時21分【F】白金のプラティナ「拝啓 マクローネ様・・・」

 わたくしは今、とある田舎のとある小さな村のとある小汚い民宿にお世話になっています。
 なにもないつまらない所ですが、この部屋の窓からは美しい黄昏時の海が見えます。
 波は穏やかで・・・眺めているとまるで心が洗われてゆくようです。そう、このわたくしの、悪に染まりきった身も心もなにもかも。
 わたくしは迷っています。あなたのもとへ帰るべきか、否か。もう少し、時間を下さいませ・・・。
 では、お体に気を付けて。ゴールディ、シルヴァン、ブロンズィにも宜しくお伝え下さいませ。 
 敬具 あなた様の下僕・白金のプラティナ

1999年10月18日(月)07時55分マクローネ26歳?「プラちゃんへ」

 ふふ、チョップ躱されたのがよっぽどショックなのね。
 まあ、仕事仕事じゃあ体が持たないわよね、有給休暇にしてあげるからゆっくり背伸びしていらっしゃい。
 我が社も(会社?)ホント人材不足なの。
 あなたに辞められちゃったらアタシ困っちゃうわ。
 辛いのは解るわ、アタシも仕事終わるとホント疲れて、家ですぐバタンキュウよ。
 この衣装って肩がこっちゃうのよね、でもね、世間の不況の波は辛いでしょ?
 それなのに此処は使ってくれてるんだから、頑張らなくちゃね!
 まあ今度仕事終わった後、女同士でビールでも飲みながら上官の悪口でも言い合いましょ!
 あ、あなたの上官はアタシだったわね...ああん!
 悪口一回1000円で許すわん!(はあと)

1999年10月18日(月)08時48分ブライギター01「暗黒ブラック団に入るにはどうしたら良いでしょうか!」

 ブライギター01はQTムーンにほっぺをつねられながら、突拍子もない言葉を切り出した!
 金の力は恐ろしい、この男チップを金に替える事しか頭に無いようだ。
 QT同様このラスベガスで頭の大事な回路が壊れてしまっている?

【F】ディーラー男
「ああ、それならこの奥に受付窓口が御座いまして、まず住民票と履歴書を持って来て頂いてですね..」

 何とディーラー男は素に戻り、普通の口調で丁寧に説明してくれている。
 緊張が解けたか他の怪人達も親切に対応してくれているではないか。
 あまりに親切、いやどちらかというと事務的。まるで何処かの会社の窓口に要るようだ。
 相手にすっかり戦意は失せ、にこやかな営業スマイル。

「いまだ! QTムーン!! 変身だ!!」
 不意を付いてディーラー男をチョークスリーパーで固めるブライギター01
 まるで変身シーンを催促しているかのような台詞が、穏やかな空気をぶち破った!

1999年10月18日(月)09時05分【F】怪人一同「!!!!!!」

 一瞬にして暗黒ブラック団の団員達に緊張が走ると、
 怪人一同は一斉に身構え襲いかかって.......こ、来ない!?
 彼等はQTムーン、いや未だ変身前の『葉月』の方を食い入るように見つめて止まっている。

 ................ブライギター01も。

1999年10月18日(月)10時03分天馬博士「俺もモニタールームでみているぞ!!!」

 奴等め、アメリカくんだりまで手を伸ばしているとはアドレナリン・・いや、侮れん(ぷっ)だが流星団をあまくみるなよ、正義と平和の為ならたとえ裸を見られる事となってもためらわない・・・それが『流星魂』だ!!
 さり気無くモニターの録画をスタートさせるのも忘れないナイス☆ガイ、それが天馬博士であった。

>団員一同
 近く流星宇宙戦艦の一番艦が完成する、昨日最終調整会議が開かれた、その結果、未知の性能の宇宙戦艦が出来あがった、現在擬装完成率85%近日公開だ。
 尚、それと共に新しい建造計画としていよいよ無敵攻撃型機動歩兵『流星ロボ』(仮名)の開発が開始される、会議にも注目しておくように。

1999年10月18日(月)10時03分【F】怪人一同「ひーひひーひーひーひーひひひー!!!」

(訳)我等が『暗黒ブラック団』にも近く新しい試みができるっす、悪の時代はすぐそこまできてるっす!!

1999年10月18日(月)10時10分【F】ディーラー男「なにをちょこざいなディラ」

 ・・・・・・・だが、動くのはQTとやらが何をするのか見届けてからでも遅くないディラね、それにしてもこのブライギター何やら嬉しそうディラね?

1999年10月19日(火)05時21分QTムーン「そうよ、正義と平和の為なら裸を見られることくらい…」

(勢いだけでそこまで言ってから、注目の的になっていることに気付くQT。)
 見られることくらいいぃっ?!
(「どうってことあるじゃないの、思いっきり!」ブライギター01の方を見ると、彼までもが攻撃の手を休め、食い入るようにこちらを見ている!)
 そんな…結婚前の乙女が公衆の面前で肌を晒せるわけないじゃないのぉ! 彼氏だって募集中(ウソ)なのに!!
(QTはWCに駆け込んで言ってしまった…瞬間、扉の隙間から目映い光がもれたかと思うと、すでに変身を終えたQTが戻ってきた!)
 さあ、お相手をするわよ、暗黒ブラック団! 覚悟はいいっ?!
(QTは、ちょっぴり心の中で思っていた。いつの日か「♪いやよ×3、見つめちゃいやぁ〜ん、QTフラシュ☆♪変わるわよ〜」というBGMを流しながら大胆に変身してみたい、と。しかし、今のQTにはとてもそんな勇気はないのだった。そして、ふと思う。「赤レッドさんは元気にしているのかしら?」)

1999年10月19日(火)05時22分【F】体育会系男「押忍! スゴイっス!!」

 何だか威厳のある声が響いてきたっス! 渋い声っスね! 俺様感激っス!!
 結社っスか! 知らなかったっス! 反省するっス! 俺様も上官の悪口OKッスか?
 どうぞマクローネ様、千円っス! …そんじゃ遠慮なく
 『あ〜ん? ちょっとばかしエライからってイイ気になってんじゃねえぞコラァ、胸がでかい分頭わるいんじゃ、このイカレポンチが!!』
 押忍! 失礼したッス!!

1999年10月19日(火)05時22分ヴェールの向こうの黒い影「会社ではない。」

 会社ではない……
 結社だ……
 だから社員で正しいのだ……

1999年10月19日(火)08時16分【F】ディーラー男「な! 変身を恥かしがるヒロインがあるかー!」

 ブライギターからチョークスリーパーを解き、悔しがる【F】ディーラー男。
 そして、怪人達もまた、個人個人地団駄を踏んで涙さえ流している。
 そして、一人ディーラー男はQTムーンに泣きながら詰め寄ってきた。

 流星団の娘さん!! 我々も悪として必死にこんなカッコや喋り方してるディラよ?
 そして、勝負はやられる役ディラ!! それを、恥かしいなんて、ハズカシイだなんてっ!
 せっかくの見せ場を棒に振る事は失礼ディラァああ!
 変身シーンは、25分の内5分も使う最大のヒロインの見せ場ディラよ?
 そこだけは、そこだけは我々悪も手出し無用の聖域。正義と悪共通の掟ディラ!
 それを見てこそ、我々は安心してやられる事が出来るディラ。
 ああ、我々は、変身カットされる回でやられてしまう『木っ端怪人』の汚名を受けてやられるディラな〜〜(泣
「カヅヒコ...どうやら父さんは帰れそうにないよ、約束守れなくて済まない...」
 さあ、もう覚悟は決まった! 『木っ端怪人』らしくやられるシーンさえ無くやられてやる!!
 皆、良いな?! 運命を受け入れようじゃないか! これも悪の花道!!

 他の怪人達もその言葉に頷くと、皆その場に寝そべり『やられて死んだシーン』を演出しだした。
 数分後、周りはすでに死体の山が出来上がっていた。(なんじゃコリャ?)

1999年10月19日(火)08時29分ブライギター01「ま、まあそう早まるなって..」

 哀愁漂い過ぎて困るぜ、未だそこまでしなくても良いんだから。
 ほら、やり直そうぜ、な?
 そうだ、ほら、もっとおまえ達に見せ場作るから。
 ん〜俺が張り付けにされて、ダーツの的にされるなんてどう?
 そのシーンから始めようぜ、カヅヒコ君も学校で自慢できるだろ?

 そう言うと、ブライギター01は自分の体を壁に逆さ吊りに縛り付けた。
 そこには、とても不思議な空気が漂ってしまっている。

1999年10月19日(火)10時24分天馬博士「あほう供が…しかし…」

 …まあ敵ながら言わんとすることは解らんでもない、【F】ディーラー男の言うことは正しい、それは兎も角ブライギター…お前は一体…
 しかしQTも一応花も恥らう乙女と言うことか、心配するな!! 最近の諸々の事情により乳首とヤバイ個所は見えないようになっている良心的かつPTA対策も万全な装置だそれは一糸纏わぬ姿となっても、なぜか逆光だの花びらだの羽根だののお陰で見えん!!
 …などとモニターの前でブツブツつぶやくナイス☆ガイ、それが博士だった…

1999年10月19日(火)14時58分ナレーション「次の日...」

【F】体育会系男はカザフスタン支部へとばされた。

1999年10月19日(火)20時29分どりるなーす・ななこ「ええええええぇぇぇー!(どぎまぎ)。」

 正義のヘロ・・・ヒロインって、脱衣変身しなくてはならないんですのー? 。
 ななこ、この白いナースメイドさん服(胸なにはサンゼンと輝く赤十字マーク)が戦闘服で、変身なんて、技ないですのー(汗)。

 でも愛のつまったエプロンドレスのポケットが、四次元ポケットライトになっているですのー。
 ここから、ドリルアタッチメントとすべしゃるな医療器具を出すですのー。
 スプレー式の救急薬とグリーンハーブ(怪我限定)と毒消しのブルーハーブも出せますのー。

  まあ、こんなところに変な人がさかさはりつけになってますのー、このままでは血が全部頭に下がって鼻血ブーの貧血になってしまいますのー。
 今、下ろして差し上げますですー。
(ぎゅいいぃぃん。腕のドリルが高速回転し、手足ごとロープを切断しようとする。危ない、プライギター、ピンチだブライギター! 。)

 つづく。

1999年10月20日(水)00時49分【F】白金のプラティナ「只今帰りました、マクローネ様」

 例の、汗の臭いが我慢ならない怪人がとばされたと聞きましたので、お忙しいのではないかと・・・。
 マクローネ様、暖かいお心遣い、ありがとうございます。おかげでゆっくり心の静養をすることが出来ました。このご恩は一生忘れません。わたくしは、これからもずっとマクローネさまについて行きます。
 えっ? 1000円で悪口を? ・・・とんでもございませんわ。わたくしは、もう大丈夫でございます。

1999年10月20日(水)01時28分QTムーン「やっちゃって! ななこさん!!」

 ブライギター01さま、敵である怪人達に情けは無用です! せっかくやられて下さったのに、何故やり直す必要があるんです?!
 そんなことしたら、そんなことしたら・・・いつまで経っても換金できないじゃないですかあ!! お金がないと基地に帰れないんですよ?
(そして天馬博士の見ているモニターに向かって指をさし、一言。)
 わかりました、博士。なにか釈然としないものを感じますが、次こそは立派に公衆の面前で華麗に変身して見せますわ!
 その代わり・・・もしお嫁に行けなくなったら、博士が責任を持ってお見合いをセッティングして下さいね!
(その間も、無情にもどりるなーすななこのドリルがブライギター01に迫る! 大丈夫なのか、ブライギター01!)

1999年10月20日(水)01時38分【F】赤銅のブロンズィ「スロットマッスィ〜ンの陰から様子を窺う人影」

 ええと......ボクは一体いつ出ていけばいいんだろ?
 ちゃんと仕事しないと、すっぽんぽんでひたすらハガキ書いてなきゃなんなくなっちゃうよ。

1999年10月20日(水)07時55分ブライギター01「変な人とは俺の事か?」

 こら、やめろ! 何すんだおまえ。ああああ、ちょっと筋書きと違うんじゃないですか?
 QT−−! キューティームーーン!!
 この状況助けて頂けないでしょうか? 聞いてる?
 あああああ! 当たってる、当たってますードリルがぁ!!
 何なんだよ、どちら様ですかぁ〜〜??
 やあああめえええろおおお!!

1999年10月21日(木)05時30分QTムーン「はいっ?! わ、私ですか??」

(カジノの中で繰り広げられる、どりるなーす・ななことブライギター01の異様な光景を、怪人達は床に伏せたまま呆然と眺めていた。QTムーンは、その間にも一人せっせと換金に励んでいたのだった。どうやら彼女は、どうしても日本に帰りたいらしい。そんなことはひとまず置いといて。換金した金をしっかりしまい込んでから、QTムーンは、ブライギター01に歩み寄り、突拍子もない質問を投げかけた!)
 ブライギター01さま、あなたは以前私にこう言いましたね。『ビジュアルが大切だ』と。では、次の質問に対して私の満足のいく答えが返ってきたら、助けてあげましょう。
 『QTムーンの髪は、何色?』
 ふふふ、さあ、どうですか? 早くしないと、手足、なくなっちゃいますよ。あ、でも、サイボーグだからまたくっつけることも出来るんですね。それでもいいんじゃないですか?
(優越感に浸っているかのようなQTの含み笑い。やっぱりラスベガスへ来てからのQTはちょっとおかしい・・・。刻一刻とブライギターに迫るドリル。果たして彼はQTを満足させ、助けてもらうことが出来るのか? ・・・って言うか、ななこは仲間じゃなかったのか??)
 あ、博士に一言。アレを「どう思うかね」って聞きます? ふつう。もう少し、なんとかなりません?

1999年10月21日(木)06時15分ブライギター01「なに色って? ..自分の事は自分で...」

 ギュイィィィィィィィィィ!!!(ドリル音)
 あ、はい。
 変身後は多分『銀色』じゃあ無いでしょうか?
 って、ななこ先生。
 それやめて頂けませんか? いくらサイボーグでもね、痛いものは痛いの。
 俺を作ったジル博士は弟がどっか連れてっちゃって居ないんよ。
 だからね、直らないかもしれないでしょ、壊さないでくれます?
 というか、何でドリル?(冷汗

1999年10月21日(木)07時46分QTムーン「却下!」

 ふうっ。仕方ないですね。これから一人で宇宙に旅立たなければならないのに、直らないとこまりますからねえ。助けましょう。
「必殺! ラブラブキューティーアロー!」
(QTの放った光の矢が、ブライギターを吊っていた縄を直撃、彼は頭から床に落ちた。QTよ、必殺技の使い道を間違えていやしないだろうか?)
 ブライギター01さま、これは『貸し』ですからね。憶えておいて下さいね☆
 さて。資金も出来たことですし、そろそろ日本に帰りましょうか。それともまだやり残したことでもあります? ブライギター01さま?
(頭をしたたか床に打ち付けたブライギターが、果たしてQTの言ったことを聞いていただろうか? 謎である。)

1999年10月21日(木)08時37分【F】発禁のプラチナ「ブヨブヨブヨ・……」

 まぁ!! なんて手軽に身体を鍛える事が出来るのかしら!! こんな便利な物は初めてだわ!! これならオフィスでも気楽にエクセサイズが出来るわね!!
(ぶよぶよぶよぶよぶよぶよぶよぶよぶよぶよぶよぶよぶよぶよぶよぶよ…)
 プラちゃん(推定20歳)に明日はあるのか? 多分ねぇだろうなぁ…

1999年10月21日(木)08時37分マクローネ26歳?「スパイ大作戦」

 何やら流星団が変なもの作ってるらしいワ。
 悔しいわね、なによアイツらはページいっぱい持っちゃってさ。
 でもトップに限っては、アタシ達暗黒ブラック団の方がカッコイイわよね!
 流星団のあのシルエットは一体何かしら? おぞましいわね。
 そこで、誰か、今手薄になってる流星団本部へ偵察に行ってくれないかしら?
 向こうには今、女の子が少ないらしいから、スパイも女の色気で攻めればイチコロよ!
 じゃあ、誰か頼むわね。

★プラちゃん
 あら、お帰りなさい。
 ゆっくりできたの?
 あなたが更なる強力なチョップを編み出せるようにこんな物を通販したのよ。
(そこには、流星団でもお馴染みのブヨブヨしならせる棒があった。)
 中腰でこう!(ブヨブヨブヨブヨ..)こうすると良いらしいわ。
 はい、頑張ってね。

1999年10月21日(木)09時52分天馬博士「一つ言っておくが…」

 流星一番艦の仕様は、会議とスーパーコンピューター『AMIDA』によって募集した議題から公平かつ慎重に設計された結果だ、決して俺のせいだけでは無い。
 お前等がろくでも無い案ばかり提議するからだろうが(笑)、とーくーに!!
 『艦首大型砲』にいたっては、形容詞を聞いているのではないっつーの…。

>団員各位
 完成した一番艦があまりにもアレなため、ブライギターを生贄…ではなくテストパイロットに選んだものの、もし希望者がいれば申し出てくれ、アホ…では無く勇気の有る者は大歓迎だ、勿論新規入団者もOKだゾ

 ちなみにブライ選抜のあみだはヤラセではなく、マジで奴が引当てた結果だ、余りに笑えるので乗せてみたのだ。

1999年10月21日(木)18時41分【F】白金のプラティナ「マクローネ様、そいつは偽物です・・・」

 『発禁』だなんてお下品な・・・。
 そのくせ、わたくしより推定年齢が若いのが許せませんわ!
 ・・・そうだわ、マクローネ様、こやつに流星団の本部を探らせたら如何でしょうか?

1999年10月21日(木)18時54分QTムーン「や。」

 やらせではなかったんですか?! そ、それは………(しばし沈黙)。
 これはもう、ブライギター01さまに行ってもらうしか!

1999年10月21日(木)21時06分【F】こやつ「いえっさ〜」

【F】こやつは元気良く出発した(流星団サイドへ続く)

1999年10月21日(木)21時06分マクローネ26歳?「そうね、【F】こやつ、にやらせましょう。」

 行ってきなさい、【F】こやつ!

1999年10月22日(金)01時54分ななこ「どりるは女の甲斐性(爆)」

(どこからか飛んできた光の矢でブライギターのロープが切れたのでちょっとびっくり)

 あらー、せっかくこの「人命優先愛のゴムどりる」でロープだけ切ろうとしてたですのに〜(爆)、まあ助かってよかったですの〜
(口をばくばくさせて何か言おうとするブライくん)
 え? 、「金属製どりるじゃなかったのか?」ですか〜? 警察でも最初の一発目は実弾でなくて空砲と決まってますの〜。
 だから、まずはゴム製どりるなんですよ〜。これならロープくらいなら切れるし〜、仮に間違って人に当たっても気絶くらいですみますから〜。

 それとも金属製の鋭利などりるの方がよかったですか〜? 。

1999年10月22日(金)07時59分ブライギター01「危ないところだった..」

 やはり悪には無情になれ! ..と言う事か。
 訳が分からんまま、戦闘も終わってるようだな。最大のピンチは味方からとは、なんて皮肉な。
 というか、このままではボケタイプしか居ないので、俺がしっかりしないとイケナそうだ。
 人数増えてるが、まあ儲け考えれば余裕だろう、皆帰るぞ〜!!!

 っと、おや?
 このスロットマシーンの陰でパニクってる子供は何だ?
 そうか、このゴタゴタに巻き添え食ったんだな。
 ハガキがどうとかうなされてるな、かわいそうに。
 基地に連れて帰って保護するぞ。

☆ドリルナースななこへ
 そんな物騒なドリルじゃなく看護用品はないのか?(^^;

☆QTムーンへ
 え〜で、なに色が良いんだ? ちゅうか、なに色ですか?

☆天馬博士
 どうしてもアレに乗らなきゃ駄目? というか、パイロットはなんの役目果たせばいいの?

1999年10月22日(金)10時08分天馬博士「よし! 帰ったばかりだが…」

 早速だがブライギター、貴様にはとっとと宇宙スペースに行ってとっとと帰って来てもらいたい、何分試運転だからな。このどうしようもない…もとい高性能戦艦も動かなければ瀕死のタヌキだ、つべこべ言わずにこの全身タイツ…もとい宇宙服を着てキッカワ・ジョーの前に座れ!! 行くぞ!! 3・2・1・GO!!
(3カウントと言う物凄い短いカウントで打ち上げられる『漂流教室』…みるみる小さくなって行くその勇姿に我々は目に熱い物が込み上げて来るのを押さえる事ができなかった…さらば!! 『漂流教室』!! さらば!! ブライギター01!! 試運転の報告をまってるぜ!!(天馬日誌より抜粋))

>ななこ
 多分すぐにナースとして出番が来るだろう…ブライギターのパーツでいるものがあったら言ってくれ、そうそう、ドリルを名簿に加えておいたぞ。

>QT
 俺を非情だと思うか…だが、犠牲なくして真の平和を掴むことはできん…ブライの事を可哀想に思うならこれまでより一層己を磨くことだな。

1999年10月22日(金)10時19分【F】こやつ「どうも〜工作員のこやつです」

 ああっ!! 何? 今のとんでったゴミは…まさか流星団の秘密兵器?? ま、いいわ、こんにちは、【F】こやつです、又の名を発禁のプラチナ、これからよろしく…
(言い終わらない内にQTのラヴラヴアローによって倒される【F】こやつ)
 『ぎゃぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ』(下っ端の模範的敗北)
 さらば!! 【F】こやつ!!

1999年10月22日(金)11時54分マクローネ26歳?「お見事! >【F】こやつ」

 単なる間違いで出てきた割には見事な散り際だったわ。
 あれくらいさっぱりしてると、逆に気持ちが良いわね!

【F】体育会系男の様にべっとり染み付くようなしつこさが無くて良かったわ。
 『【F】こやつ2階級特進!!』惜しい奴をなくしたわね。

1999年10月23日(土)01時27分QTムーン「あれ?」

【F】こやつは、私が倒したんですか。あらあら☆
(ところで、QTはブライギターを可哀相だとは、これっぽっちも思っていなかった。小さくなって行く『漂流教室』を見ながら「明日は我が身」と思うと心臓がばくばく! で同情している暇などなかった。そんな軟弱なことで、この先、流星団でやっていけるのか?)
 しっかし、何度見てもカッコ悪いですね、『漂流教室』・・・。でもあれがあのサイズだとは、初めて知りました。ずっと巨大な戦艦だと思っていたので・・・。ずいぶん、ちまいですねえ。戻ってくるまでもつんですか? それにあの宇宙服。単なる全身タイツのようにみえましたけど、酸素はどうなってるんですか?!
(自分もアレで宇宙に行くことになるのだろうか? 名乗りを上げてしまったことを激しく後悔するQTであった。)

>ブライギター01さま
 わかりません(爆)。<髪の色(^^;A
 私にはまだビジュアルがないんだそうです・・・慣れないことしてるから。

1999年10月23日(土)01時38分【F】赤銅のブロンズィ改め・・・・・・?「お兄ちゃ〜ん!!」

 宇宙へと飛び立つブライギターを、胸の前で両手を合わせ、涙を浮かべて見送る少女。
「お兄ちゃん、早く帰ってきてね。ボクを一人にしないでね……」
 どうやらカジノで助けられて(?)以来、彼を慕っている(あるいは、ハガキ書きの刑から逃れる為に利用しようとしている)らしい。

1999年10月23日(土)02時12分【F】白金のプラティナ「・・・・・・。」

 プラティナは、中腰で棒をぶよぶよとしならせながらモニターを見ていた。
 2階級も特進ですって?! わたくしが行けば良かった...。
 そうは思ってみても。
 白金のプラティナ、24歳。四天王とはいっても結局はチョップしか能がない、マクローネのとりまき。
 潔く散れる怪人達がうらやましく思う、今日この頃。

 そういえば、マクローネ様。わたくしが有給で休んでいる間にトップが変わったようですが、あの素敵なシルエットはマクローネ様なのでしょうか?

1999年10月23日(土)02時14分【F】青銀のシルヴァン「あのさー。」

 コレ。モニターの端に写ってるの、ブロンズィじゃない?
 あの娘、離反したの?

1999年10月23日(土)08時30分ブライギター01「性能レポートその1」

 1.発射前
 まず、宇宙船なんだから『またがる』のはどうかと思う。小さすぎだこれ。
 後ろからジョーの体温と息遣いを感じる.....
 2.発射
  発射後、とんでもないGを受け目の前は真っ暗になった。
 生の人間では耐えられないだろう、というかどうやら撃ち出されているなコレは。
 これ自体の推進力では宇宙に飛び出せないのか...なんて強引な方法だ...まてよ?!
 3.正気を取り戻し
 帰る方法が分からない....それよりショッキングなのは。
 おれの後ろのジョーだ、彼は宇宙服着ていないぞ?? 平気なのか?
 つか、裸じゃん!!
 4.案の定
 後ろを見るとジョーが無くなっていた。何処かで落としたのだろうか?
 なんか、すっぽりと抜けている、間抜けだ。
 5.性能テスト
 艦長が居なくなった船で、俺は性能を試す為メインエンジンを始動した。
 3秒でゴムは回転を終えた。船が動いた様子はない。
 人工衛星が目の前に見える.....この船より大きかった。
 6.艦首シンボル兵器
 撃ってみた....結果は船が少し後ろに進んだ。(いや、スピードダウンが正しい)
 バレーボール程度で慣性が付く質量という事か。
 7.第三艦橋
 凄いミスだ、これさえなければもっと快適だった筈だ。いや、言っとくが俺はとても不機嫌だ。
 何故なら意味も無く回転するこの艦橋は、毎秒500回転。
 すなわち、質量が軽いこの船自体が、回転している、毎秒250くらいで艦橋とは反対の方向へ...
 いい加減気分が悪くなってきたが、こんなところでジャイアントスイング訓練が、効果を発揮している。
 8.ペット
 こいつは必要無い物と思っていた、だが考えを改めなくてはならない、俺がこの船に取り付いていられるのは、
 こいつが唯一の出っ張りだからだ。これが無かったら俺は発射と共に振り落とされていた筈だ。
 それ以外は使い道が無いが...
 9.主砲
 俺はやけになり引き金を引いた。凄い反動で船があらぬ方向へ進路が変わる。
 毎秒250回転する船で、どっちに向かっているかなど解かりようも無い。
 俺は全弾撃ち尽くした...
 10.宇宙
 この世は回転している、しかもこの船に乗る俺中心に回っている..
 俺の頭は朦朧としていた。

 その日隕石が落ちたとローカルニュースが報道していた。

1999年10月23日(土)08時37分マクローネ26歳?「トップ」

 ああん、気付いちゃったのね。
 あのシルエットはア.タ.シ!
 ウフンそのうち真っ赤なヴェールが外されるわ!
 それと、我が暗黒ブラック団もパワーアップするから、お楽しみにね!

1999年10月23日(土)10時25分天馬博士「レポートご苦労!」

 うむ、大変完成度の高い極めて優秀なレポートだな、これによって元々解っていた構造上の欠陥が再確認されたわけだ、二番艦以降の建艦も急ピッチで進んでいる、この失敗を教訓に、より完成度の高いモノが出来るであろう・・・確か次はQTの番だったな? 心配するな、名前だけは付けさせてやる、それまで・・・地獄の特訓だ!!

>ブライギター01
 帰還おめでとう、素晴らしいレポートに長官(誰?)も感服する事しきりだった
 報酬として『キテレツ大百科』2巻をやろう、これからも地球を守ってGOだ!
 ちなみに妹と称する謎の少女が来ているが知り合いか?

>QT
 なにィ! あの格好良さが解らんとは!! 未熟にも程があるぞ!! ええい!! 特訓だ!
 貴様はQT変身ポーズを完成させるまでゴハンは納豆オンリーだ!!

1999年10月24日(日)04時46分【F】白金のプラティナ「ああ、ついに‥‥!!」

 マクローネ様のお顔が世に公開されました。
 本当に、いつ見てもマクローネ様はお美しい‥‥。部下として、鼻が高いですわ。
 暗黒ブラック団の基地もパワーアップしましたし、わたくしも怪人どもに負けてはいられませんわね!

1999年10月24日(日)05時38分QTムーン「ええええぇーーーーーっ?!」

 勘弁してくださいぃ〜! 設計からやり直しましょうよぉ〜(号泣)。私はブライギター01さまと違って生身なんですから、あんなので宇宙に行ったら確実に死んじゃいますよお!!
 何よりも『キッカワさんとふたりきりで』って言うのは、変身よりマズイでしょう! ホントにお嫁に行けなくなっちゃう…(涙)。
 名前なんてどうでもいいから、せめてアレを巨大戦艦にして、みんなで一緒に宇宙へ行きましょうよぅ…やっぱりダメ?(汗)
 はあぁ……とりあえず、訓練室で特訓に入ります。変身ポーズ、考えなくちゃ…。出来るまで食事は納豆オンリー…? 博士、あんな臭いモノを食べさせるなんて、ヒロインのイメージを壊す気ですか? …いいですよ、別に。納豆は好きですから。その代わり、ねぎを入れてもいいですよね? それだけは譲れないんです。だってそれは、私の故郷のS県K市民の代表である某幼稚園生『クレ○ンしんちゃん』のポリシーでもあるから…。←謎
 では、特訓があるので失礼します…。

 仕方なく、とぼとぼと訓練室へ向かうQT。手にはブライギターの報告書のコピーを持ち、復習するかのように何度も何度も読み返す。そして… その度に爆笑し、床を転げ回っている。何度か転げ回った後で、涙目になり、肩で息をしながら、はっと我に返り立ち上がって、もと来た廊下を走り出す。

 天馬博士! 結局、ブライギター01さまは今何処にいるんです? 無事なんですか?

 確認しておかなければ! 明日は我が身!

1999年10月24日(日)06時29分ブライギター01「その頃、俺は..」

 皆は知っているだろうか。
 鉄腕アトム最後の話しとその後を...
 アトムは太陽の異変から人類を救う為。爆弾を抱えて太陽に飛び込んだ。
 その後、何百年かの後、アトムと思われる漂流物が宇宙で発見される。
 外装は焼け爛れ、爆弾の破片と思われる鉄塊に溶解してくっついた状態だった。

 何故にこんな話しをしてるかというと...まあ、それを聞いて今の俺の状態を想像してくれ。
 一つ残念なのは、抱いているのはあの忌まわしい残骸だという事だ。

 早く治してくれ!

1999年10月24日(日)06時41分QTムーン「ああ、やっぱり…」

 やっぱり、やっぱり、いや!
 絶対に、ずぇえったいに、いやああぁっ!!
 そんなふうになりたくない…っていうか、私は生身なんだってば!

1999年10月24日(日)09時13分化学忍者・刃「一方そのころ……」

 このごろ姿の見えない刃は、流星団のベース基地とはまた別の、とある研究所にいた。
 奇妙な溶液で満たされたカプセルの中、なにやら有機体が浮かんでいる。
「あと2週間強か……」
 腕の化学時計をみながら、刃はつぶやいた。

1999年10月24日(日)23時52分馬鹿力元帥「ぬがははははは」

 相変わらずぬるいわマクローネ、このままでは降格され只の『マクローネさん』
 になるのも時間の問題だな、どれ俺様がちょっと力を貸してやるわい!!
(おお、なんか強そうだけど頭弱そうな新キャラか? 作戦掲示板へGOだ!)

1999年10月24日(日)23時52分マクローネ26歳?「作戦報告」

 リニュっちゃった暗黒ブラック団の新しいお部屋に付いて説明しなくちゃね。
 まっずは、『作戦報告室』よん!
 あそこは今までの我々の活動内容を書く所なの。
 自己申告なんだけど、多分居るであろう怪人や幹部が、過去の大作戦をメモリーしちゃうわけ。
 そして一体何故その作戦が失敗したのか、誰にやられたのか書いて欲しいわ。
 それを見直して、大笑いを..いや反省と進歩する為のお部屋ね。
 基本的には書き込まれる内容で成功した作戦は無いわ!

 みんな、暗黒ブラック団がいつの日か世界を征服する為にも、ガンガン書き込んでちょうだいね!

1999年10月25日(月)10時14分天馬博士「QTよ・・・」

 生身か・・・、実は貴様には教えてはいなかったが・・・・実はな、落ちついて聞くんだ
 お前は本当は人間では無い・・・お前は本当は悪と戦う為に生み出されたアンドロイドだったのだ!!!
 ガガ〜〜ン!!!(ちゃ〜ちゃ〜ちゃちゃ〜(BGM))
 と言う訳で大丈夫だ心配するな(事もなげ)

>刃
 お前も行くか? 宇宙スペース、QTがどうしても嫌だと言うなら代わってやれ

>ブライ
 ななこさんは留守か、仕方ないな・・・ブライの頭部パーツだけ取り外してこれに付けよう・・・新しいボディが出来るまで待て
(取り敢えず博士はブライの頭をミニ四駆にのせた、タミヤの公式レースにも出場できるぜ!!)

1999年10月25日(月)20時59分QTムーン「っぴぎゃあぁぁーっ!!」

 ブライギター01の変わり果てた姿を見て、自分の過去を知るよりも驚いてしまったQTだった。

 QTは最近ちょっとブルー☆になっていた。 自分の知らない、ショッキングな過去が次々と明かされ、それに翻弄されているからかもしれない。一番ショックだったのは、戦艦とキッカワさんのサイズだったらしいが…。
 デパートの屋上にある子供の広場で、ベンチに座り、ぼーっとアトラクションを眺めている。ふと、聞いたことのあるメロディーが流れていることに気づき、聞き入ってみる。
「なんだっけ、この曲…。小さい頃、よく歌ったような…」
 曲の流れてくるもとを辿ると、可愛い小人さんに囲まれた、100円で動く幼児用の小さなメリーゴランドに行き着く。
「なんだっけ、なんだっけ…。ええと…ふふ〜んふふんふふふふふふふ〜ん… ーぉくぇんじん・あーるべーがーすーっ?!」
 なんだか勇気が湧いてきたQTだった☆(半分実話)

1999年10月26日(火)08時25分ブライギター01「俺の体...」

 どう考えてもバランスがおかしい。
 何でミニ四駆? ミニ付かなくても良いんじゃない?
 ちゅうか、首取るんじゃねえ天馬ぁ!! ....死ぬぅ!
 それに元々欠陥が解かってたなら飛ばすんじゃねえ!!
 俺の『正義回路』もぶっ壊れるぞこんにゃろう。

 そういやあの裸艦長は、見付けたのか?
 正式な艦には、アレつけるの止めようぜ。

1999年10月26日(火)10時28分天馬博士「心配するなブライ」

 今朝がた貴様のニューボディが完成した、以前と外見は変わらん・・・
 だが、以前より30%どこかが増量している!! そして左右両腕にはギター演奏機能内蔵だ!! だがその為正義回路は以前より不安定となった、気を付けろヨ☆
 キッカワ・ジョーだがこれからは貴様専用の高性能バイクのサイドカーに乗せることにした、信じられんだろうが奴は無事だ。

>QT
 そうか・・・○速電神でストレス発散できるとはたいした大物に成長したな・・・
 流星ロボ(仮名)は現在合体ロボになる可能性が高い、お前の夢もかないそうで良かったな、その為会議での提案は多分かなりの確率でほぼ採用となる、QTの搭乗する○号機の製作が今から楽しみだ。

1999年10月26日(火)14時50分ブライギター01「ジョーだけ要りません。」

☆天馬博士
 バイクもサイドカーもボディーもとても有り難い。
 だが、変なもの乗せないでクダサイ。
 アイツの側で何かにまたがるのは、もう嫌だ。
 ちゅうか、行方不明にしとけって、拾ってくるな! 服着なさい、眼が3、それ口?
 なんか彼、普通で『怪人』と呼べるんだが...

☆QTムーン
 自分の過去を聞かされてショックだろうが、まあ気を落とすなよ。
 何せあの『天馬博士』の言うことだ、デタラメかも知れん。

☆刃
 久々だな、つか何やってんだそれ?
 2週間後ってまた、長いフリだな〜(><

 体を取り戻し何とか落ち着いたブライギター01。
 彼の部屋には人知れず『タミヤ公式レース優勝トロフィー』が飾られてあった。

1999年10月26日(火)19時29分元OLマクローネ准将「ワケわかんないわ・・・」

 なんて言うか・・・これだから辞められないわね暗黒ブラック団は。
 馬鹿力元帥は自滅しちゃったみたいね。
 ところでお名前に悪口が入ってるんだけれど、いいのかしら?
 それとも、それさえも気付かなかったのかしら? ...まあどうでも良いんだけど。
 これまた潔いというか、気持ちがいい殺られっぷりね。

 最近何だか皆たるんでるわ。
 こんな事だから何処かの元帥さんに「ぬるい」なんて言われちゃうのね。
 ここらで気を引き締めて貰う為にも『強化訓練デー』にしましょう。
 みんな、毎日欠かさない強化方法の成果を報告してちょうだい。
 ちなみにアタシは、『紅茶きのこ』と『こんにゃくゼリー』のヘルシー強化よん!

1999年10月27日(水)04時20分QTムーン「合体、ですか?」

★天馬博士
 私が、あの小さい頃からあこがれていた合体するロボットの操縦士になれるなんて… 夢みたいです!
 ブライギター01さまが試運転したアレとは大違いですよね? そうですよね?
○号機… 楽しみです。私の○号機『エク○ゴン』って名前にして、いい?
 …あの、博士、ひとつ聞いてもいいですか? 私は一体誰に造られたんでしょう…。

★ブライギター01さま
 うう、慰めて下さってありがとうございます。
 でも今でも信じられません。私がアンドロイドだなんて…。
 サイボーグとアンドロイドって、どう違うんでしょう…。
 ところで。サイドカー付きのバイクで颯爽と走るブライギター01さま、絵になりますね♪
 もちろん、ギターも背負っているんでしょうね。
 あ、でも… それに乗っている時に街で会っても、声をかけないで下さいね…。
 うにゃ? そのトロフィー、何です?

★化学忍者・刃さま
 2週間後に、何かが出来るんですね?!
 あ、この前の美白養液、良かったのでまた作ってくれませんか?

1999年10月27日(水)04時34分【F】白金のプラティナ「わたくしの強化方法は…」

 1.自慢の髪を染めたら傷んで枝毛ができたので、あれこれ試して美しい髪を保つ。
 2.露出度の高い結社の制服(?)を着るために、毎日エクササイズ☆ 某有名ジムに通う。
 3.怪人と称する犬どもの、毎日の散歩。
 4.マクローネ様に頂いたぶよぶよしなる棒で、チョップを強化。
 以上ですわ。

1999年10月27日(水)04時37分【F】青銀のシルヴァン「僕はね」

 1.毎日鏡を見る
 2.鏡の前でポーズの研究
 3.鏡の前で歌の練習

 ま、こんなもんかな。

1999年10月27日(水)05時04分【F】ブロ子「そんなことも知らないのー?」

◎QTムーン
 え? なに? このトルフィーのこと知らないの?
 これはね、この前の東京大会で……ふふーん、やっぱり教えてあげなーい。
 も、すっごく格好よかったんだよ。特にコーナーでのドリフトは、どっかの峠のハチロクなんて全然目じゃないぞーって感じ。
 ね、おにーちゃん☆(クワサン・オリビー風)

◎おにーちゃん
 コレいらないの? じゃ、ボク貰っていい?
 わーい、アリガト☆ 大事にするね♪

 その日の夜、裸の男を乗せた荷車を引くチワワを見かけた者がいたとかいないとか。
 通報を受けた警察は、猥褻物陳列罪の容疑で捜査を始めたという。

1999年10月27日(水)05時13分ナレーション「ある日の朝……」

 白金のプラチナが燃えるゴミを持って外に出たところ、秘密基地の入り口に古ぼけた荷車が置いてあった。
 脇ではチワワが舌を出しながら尻尾を振っている。
 荷車に乗っていたモノ、それは……

1999年10月27日(水)07時56分元OL真黒緒子さん「↑その日の朝・・・・・」

 うっぎゃああぁ!
 何よこれ? 誰がこんな所においたの?
 うちの怪人よりおぞましいわねっ!
 あらん! チワワじゃないの、あなたが運んだの!?
 見掛けによらず凄いのね...というか、かなりシュールな光景ね。

★強化報告
 あら、姉弟揃って美容強化に余念が無いのね、素晴らしいわ。
 今度は他の怪人達に強化のアドバイスしてあげてね。

 そういやブロンちゃん、あの子いったいドコ行ったのかしら?
 最近見ないわね、懸賞生活が嫌で逃げたのかしら〜・・・・

1999年10月27日(水)08時35分ブライギター01「俺は風!!」

 このニュウマスィン『ブライサンダー』(パクリ)は爽快だゼ!
 嗚呼、俺は風!! 街中を颯爽と駆け抜けるぜ!(街なので時速60程度で信号止まり止まり)
 おっと、あそこに見えるのは葉月じゃないか!
「おお〜〜〜いい! キュウティーームウ〜ン!!!」
 大声で変身後の名前を叫び笑顔で手を振るブライギター01だった。

☆QTムーン
 アンドロイドとサイボーグの違いは。009とコブラのアーマロイドレディ。
 サイボーグは人を機械で強化したもので、アンドロイドは機械で人の形と性格を模したもの。
 と、言うことらしいが。そうなると眼鏡をかけた人は皆サイボーグって訳さ。

☆ブロ子
 そんな物どうするんだ? 言っとくが大事にしちゃ駄目だぞ〜!
(かわいそうに、あの時のショックで記憶を無くしているのか。
 記憶を取り戻すまで、面倒を見てやるのが正義の役目だな。
 心配しなくていい、お兄ちゃんが付いててやるからな。)

1999年10月27日(水)09時40分【F】教官怪人「強化訓練ならマカセテ・クダサーイ!」

 ワタシハ、強化特訓怪人『ヨク・デキマシタ』デス。
 トクン、ナラ。マカセテオケヨ!
 メシーは、肉クエ! タラフク食え! ダンベル持ってクエ!
 ハイ「ヨクデキマシター!!」
 ホラネ?
 マクローネサマ、オマエはワタシヲ使うスバラシイ、塩梅。
 皆PowerUpネ! 「ヨクデキマス」ネ!

1999年10月28日(木)03時35分QTムーン「そうだったんですか<サイボーグとアンドロイドの違い」

★ブライギター01さま
 よく死にませんでしたねえ(^^;
 私は、自分が人間じゃないっていうことが解って、もう恐いモノなしです!
 あと問題なのは、私に姉がいるとかなんとかって博士が言ってたんですけど、それが本当だったら姉もアンドロイドなのかな〜って言うことくらいですね☆
 あ… そうだ。コレ、受け取って下さい。
 バイクに『ブライサンダー』と名付けたと聞いたので、皮のジャンバーに「ウルフのマーク」を刺繍してみました。
 これでブライギター01さまは、街を駆け抜ける『銀河旋風』! ←何故銀河?

★ブロ子
 あら、あなたまだ流星団にいたの?
 ブライギター01さまのお仕事の邪魔しちゃダメよ☆

 ところで。街でブライギターに声をかけられたQTは、彼の姿も確認せずに猛ダッシュで近くのファンシーショップに駆け込んだ。
 陳列棚の陰に隠れ、そっと外の様子を窺う。
 どうやらサイドカーにキッカワさんの姿はないようだ。
 胸をなで下ろして再びブライギターの前に姿をあらわすQT。
 しかし…。これだけは言っておかねば。
「ブライギター01さま! 街中でQTムーンなんて呼ばないで下さい!!」
 大声で叫んでから気付くと、自ら街行く人々の注目を集めていたQTだった。
 でももう恐いモノなんかないもんね☆

1999年10月28日(木)03時43分【F】青銀のシルヴァン「荷車のコレ…」

 確か流星団のだよ。
 怪人… なのかな?
 送り返してやろう。
 こんなもの、燃えるゴミで引き取ってもらえないよ。

1999年10月28日(木)03時47分【F】白金のプラティナ「あまりのおぞましさに目眩が…」

 わたくしとしたことが、思わずゴミを放り投げて逃げ出してしまいましたわ。
 ブロンズィは… どうしましょう、探して参りますか?
 警察に捜索願でも出してみましょうか。

 つかぬ事をお聞きしますが、マクローネ様。
 あの教官怪人、本当にお使いになられるのでしょうか?
 先に言葉を教えた方が良いのでは?

1999年10月28日(木)07時19分【F】ブロ子「あっ、アレは……っ!」

 街中で談笑する01とQT。
 それを電柱の影から見つめる1人の少女。
 少女の視線は、QTをしばらく見つめた後、サイドカーへと移った。

◎QTムーン
 え? おねーさんがいるの?
 ロボットの兄弟っていうと、アレだよね。
 使ってるオイルが同じとか、そーゆーの。
 で、QTはメロンパンの方なの? それとも銅鑼焼き?

>あら、あなたまだ流星団にいたの?
 えーん、おにーちゃ〜ん。
 イジワルな先輩がイジめるよ〜(T_T)。

 その日の午後、街外れの文房具店に1人の少女の姿があった。
 その手には何に使うのか、画鋲が1ケース握られていたという。

1999年10月28日(木)07時42分【F】教官怪人「ジョンデ〜ス!」

 ぷラティナサン! オマエ失敬ネ!
 ワタシニホンゴ、ジョズデス!! ニホンに28年住ンデゴザイマス。
 オマエのカアチャン、ビジンデスカ?
 それはヨウゴザマシタ。
 オクヤミ、申し上ゲマシタ。デハ、始めナサイマシテ。

1999年10月28日(木)10時10分天馬博士「いかんぞ親友をみすてちゃ」

 ブライ、だめだだめだキッカワさんを置いて行っては、彼は貴様の命の恩人じゃないか…、貴様が大気圏で大火傷を負ったとき彼は必死に人工呼吸をしていたのだ…何故火傷でマウス・トゥ・マウスかは謎だったが、多分そのおかげで助かった、
 と言えないことも無いかもしれなくも無い。

>QT
 答えてやろう、お前の生みの親はかつて暗黒ブラック団に殺された悲劇の天才科学者ヘルメット博士だ、ここに遺言のテープがある、スイッチオン!
 『これをつければガン○ムの性能は20%UPするぞ〜』
 …可愛そうに、死ぬ前は酸欠で頭がちょっと行ってしまってたらしい、そうそう、ロボの名前はパクってはいかんぞ、あれは解る人がここでは少数派だ。

1999年10月28日(木)14時17分ブライギター01「いい加減ジョーで引っ張るなよ、飽きたんだから。」

 あ〜いうキャラは3回使って終わりにしようじゃないか。
 もう突っ込む所無いので振られても辛いね、嫌がるアクションしかとれないので飽きてきたよ。&親友じゃないです。
 それとも博士のお気に入りでしたら、持ち帰ってください。
 ってそういや、もう此処には無いんだったな。

☆QTムーン
 ジャンバーに刺繍ありがとうよ、これでアウトローも震え出す事だろうぜ!
 街の平和もいっそう強化されたな!
 ところで、話しは変わるが。
 ブロ子の奴とは仲良くしてやってくれよ、多分流星団の中じゃ一番歳が近いだろうからな。
 あいつも居場所を失った可哀相な子羊なのさ。プ〜〜ピ〜〜♪
 夕日の土手で遠い目をしながら草笛を鳴らすブライギター01
 その浸ってる姿を見ていると、誰も「その草さっき犬がおしっこした所ですよ」とは言い出せなかった。

☆ブロ子
 どうしたブロ子〜! いじめられたって?
 ハハハハハ! ぐしゃぐしゃと頭をなでて笑うブライ。
 良し、じゃあ俺がそいつに「ガットゥ〜〜〜〜ン!」といってやる!
 安心しろ!
 で....誰にいじめられたんだ?

1999年10月28日(木)14時45分マクローネ26歳「↑ジョンって何? 『ヨクデキマシタ』じゃ無かったの?」

 在日28年の割にホント下手ねえ。
 なにが言いたいか解らないわ(><
 せめてチューヤンぐらいに喋れればね....まずはあなたが日本語強化しなさい。
 でも、まあ。過去の『腕甲冑男』よりは会話できるわね。

★シルヴァンちゃん
 そうねえ、粗大ゴミの日まで置いとけないわよね、そんな物。
 あ、良い事思い付いた!
 うちのお『仕置き部屋』の一つに加えようかしら!?
 かなりの肉地獄になるわ〜・・・・(その後自分で想像したのか、青ざめるマクローネだった)

★プラちゃん
 警察に届けられる訳無いじゃないの〜仮にも秘密結社よ?
 そうだわ、確かチワワみたいな可愛い動物系怪人は、あの子のじゃなかったかしら?
 チワワに発信機付けて探させてみましょう。

★モニターにひっそりと映るブロ子
 まあ、ホントそっくりね〜!
 でもこれがブロンちゃんの筈無いじゃない! 名前違うし〜
 あの子確かラスベガスじゃなかった?
 え? あそこの支部は壊滅したの?
 ああん、報告おそいわよ〜〜!!

1999年10月28日(木)23時39分どりるなーす・ななこ「支えあう仲間の てのひら暖かい」

 あららー、しばらくキル○スに医療ボランティアに行ってて留守にしてた間にいろいろ起きてますのー、てへ。

 はい、みなさん、これ、お土産のマカダミアナッツチョコとカウボーイハットですのー。
(さりげにみんなに配ってまわる)

>QTムーン

 アンドロイドとサイポーグの違いですかー? 。
 アンドロイドは「R田中 一郎」で、サイボーグは「東 八郎」なんですよねー? 。
 ・・あれぇ、東ジョーだったかもー^^;(人の名前を覚えるの苦手らしい)。
 えーと、つまり内臓電源でごはんを炊いて食べるのが、アンドロイドで〜、タバコを吸って頭を冷やすのがサイポーグですの〜。

 まあそのへんは割とどうでもいいですの〜。
 機械でもはぁとがあれば、素敵に無敵なんですの〜? 。

>プロ子ちゃん

 よしよし、泣かないんですの〜。
(頭をなでで、かいぐりかいぐり)
 いい子ですの〜、じゃ次は「お手」ですの〜、はい。
(しゃがんで手を開いて出すななこ)

 

>ブライギター01さま

 いつのまにか、愉快で立派なオールサイバーになって・・・・よかったですの〜。
 ななこもサイポーグなんですよー、正しいドリル使いである為に、筋肉と骨格と反射速度を強化改造してあるんですの〜、仲間仲間〜。
 でもプライギターさまの改造の方がななこのよりずっとかっこいいですの〜。
 でも、ななこはこのままでいいですの〜、過剰な改造はさらなる財政難を招くだけですし〜。

1999年10月29日(金)07時35分QTムーン「支えあってる?」

★どりるなーす・ななこさま
 お土産ありがとうございます♪
 流行の最先端のカウボーイハットをお土産にするなんて、流石女の子ですねえ☆
 ああっ! 自分がアンドロイドだったという事実から立ち直れたばかりなのに… R田中○郎と同じだということを気付かせるなんて…!
 ひ、ひどい…

★ブロ子ちゃん<前の発言では「ちゃん」を付け忘れてるわ(^^;
 銅鑼焼きってどういうイミ?
 ひどいじゃない、私をあんなのと一緒にするなんて… しくしく。

★ブライギター01さま
 はあ… でもなんか私、ブロ子ちゃんに嫌われてるみたいなんです。
 なにか悪いことしちゃったのかしら…。

★天馬博士
 私を作った人は亡くなってるんですか?!
 じゃあ私が壊れたら誰が直してくれるんでしょう。
 っていうか、壊れるようなことさせないで下さいね〜。

1999年10月29日(金)07時48分【F】白金のプラティナ「ええ、それはもう。」

 わたくしの母は美人ですわよ。
 でもマクローネ様ほどではありませんけど。
 教官怪人、あなた駅前留学して来たらいかが?

 チワワに発信器ですか。
 あのコ足を滑らせてばかりだから・・・ 念のため、以前仮死状態にしておいたポメにも発信器を付けて放してみましょう。

1999年10月29日(金)08時02分【F】青銀のシルヴァン「・・・・・・。」

 一同が建物の中に戻った後、ひっそりと荷車を引いて近所の小学校に向かうシルヴァン。荷車の上の物を焼却炉に無理矢理押し込み、新聞紙にチャッカマンで火を付け投げ込み、蓋をして、荷車もそのままに走って逃げ出した。

 ふう。このか細い僕に力仕事をさせるなんて・・・ なかなかやるね。←誰が
 あんなのでお仕置き部屋作られちゃたまんないからなあ。

1999年10月29日(金)10時43分天馬博士「大丈夫だ」

 OKジョーは始末した(簡単だなぁ)、て言うか、ジョーって名付けたのはブライ、貴様だろうてっきり愛着あんのかと思ってたぜ、それはそうと…アメリカマンはどうした? 暗黒ブラック団の方によっぽどそれらしい奴がいるぞ
 アメリカ野郎は出来れば常駐してて欲しいから、あんまり姿を見せないようなら、別の米国野郎を呼ぶことにするが…(そろそろ天馬博士もヤバイしな…後任はアメリカから呼ぶかどうかって所)

>ブライ
 むぅ…どうやら流星ロボの青写真も出来あがってきたな…これで安心して俺も…

>QT
 心配するな! 流星団地下施設にはQTパーツがてんこもりで保管されている、安心してぶっ壊れて来い! ただ頭だけは取り返しがつかんから気を付けろよ
 R田中○郎どころかロビーナちゃん(旧名ロビン)とも一緒だ、ブライギターはロビーナちゃんの大ファンだ、気を付けろよ!(何を?)

>ななこ
 別に財政が逼迫している訳ではないぞ? 新しいドリルが欲しかったらいつでも言ってくれ…ていうか、ドリルで治療できる病気ってなんだ? …そこらへんが君のスゴイ所か…

>ブロ子
 そろそろ暗黒ブラック団の秘密を喋ってもらおうか…無駄飯を食わせておく余裕はドリルを変える余裕はあっても無い!!
(おお! 冷たいぞ博士!! これは死亡前兆キャラのフリか!?)

1999年10月30日(土)08時01分犬(チワワ)「ハフハフハフ!」

 ワンワン、キャウウ〜ン!
(迷い犬か?)

1999年10月30日(土)09時49分【F】ジョン「オッフォッフォッフォッ!」

 プラティナサン!
 アナタジョーク面白イデ〜ス! W
 ワタシ駅前リュガク。行ッテ英語ナラッテ・キマア〜ス! Pu!
 プオ〜フォッフォッフォッフォ!(腹抱えて笑う
 アファッファッファッファ〜〜〜〜〜〜リュウウガクッテ....
「シャアアア〜〜ラァアアアア〜〜〜ップ!!!」(自分ツッコミ)
 シッケイな!
 ソナ・言ウナラ・今度ワイフ紹介スルヨ!!
(どうやらこの男、喋りだけじゃなく聞き取りもままならないようだ。)

1999年10月30日(土)10時24分ブライギター01「アメリカマンはホリホリ、俺はカジカジ!」

 題は無視してくれ、遠い地の話しさ・・・・だが興味が合ったら一緒に楽しもうぜ。
 それはそうと、いつから此処は動物王国になった? 何で犬がここに居る?
 ちょっと見た事が有るような気がする犬だな・・・・

☆ななこ
 今度はキル○スか、ホント神出鬼没だな。
 で、ドリルで何を看護したんだ? ドリル持ってる看護婦っちゅうと...歯医者!?
 お、土産かあ、サンキュ〜・・・・・・!!
 チョ・・・・チョコ!!! これで虫歯作って患者を増やす魂胆か!?
(変なに余計な勘繰りをするブライ、歯医者に嫌な思い出でも有るのか?)
 おっと、それとな、ななこ。「愉快」はよけいだぜ。(苦笑

☆QTムーン
 ちょっとスマンが、コンセントいっぱいなんだ。
 俺の髭剃りを内臓電源で充電してくれ! いやあ、便利だなあ。

☆博士
 何を言ってるんだ博士!?
 ブロ子が暗黒ブラック団だなんて、冗談でも言うもんじゃないぜ!

>ロビーナちゃん
 ポッ!

1999年10月30日(土)10時37分マクローネ26歳?「↑笑いの感性がまるで違うわねえ。」

 一体どこで笑ってるかわかんないわ〜。
 それと、『教官怪人』か『ジョン』なのかハッキリしてちょうだい。
 今までで一番イカサマ臭い怪人ねぇ(^^;;;

1999年10月30日(土)10時46分マクローネ26歳?「怪人コンテスト」

 そろそろ何か仕掛けてやらないと、流星団も暇を持て余してる頃だわ。
 これこそは! と思う怪人を作って、流星団に送り込みましょう!
 ←の『怪人辞典』に製作者と特徴を書いてくれれば、OKよん。
 凄い怪人を作ったら、御褒美あげるわ!
 みんながんばってねん。

1999年10月30日(土)19時14分QTムーン「私は都合のいいアンドロイド。」

 博士もブライギター01さまも、一体私を何だと思ってるんですか?!
 ブライギター01さまなんか、髭を伸ばしっぱなしでロビーナちゃんに嫌われちゃえばいいんだわ!
 博士! 地下の鍵! 自分のパーツは自分で管理します!!

 QTは部屋から出る時に足に何かがあたったような気がしたが、そのまま自室へ行ってしまった。
 ところでカジカジって一体…

1999年10月30日(土)19時21分犬(ポメラニアン)「キャウ〜ン!」

 QTの厚底ブーツに蹴られて、よたよたとブロ子の足下に倒れ込む犬。
 その目がブロ子に何かを訴えている。

1999年10月31日(日)10時32分【F】ブロ子「どーしたの?」

◎ななこ
 自分に差し出された手のひらをじっと見つめるブロ子。
 数瞬後、にっこりと微笑んで手を載せた。

 その日のブロ子の日記
「お手をさせて貰ったので、お礼にドリルを回す
 ガソリンエンジンに角砂糖を3個入れてあげたの」

◎QT
 銅鑼焼き嫌いなのー?
 お餅入りでこんなに美味しいのに〜(ハムハム)。
 じゃあ、先輩の分はおに〜ちゃんに持っていくね☆

◎天馬博士
 いたいいたいいたーい(T_T)。
 あ、暗黒……ブラック団……って
 そんなの、ボク……知らな…………
(ちっちっちっちっちっ……チーン!)
 あ! UFO!!(と遥か上空を指差すプロ子)

 数瞬後、その部屋には頭を濡らして倒れている天馬博士と割れた花瓶が散乱していた。

◎犬
 よしよしよーし(頭なでなで)。
 どっから紛れ込んだのかなー(抱きかかえ)。
 キミの部屋はこっちだよー(テクテクテク)。

 と言って天馬博士が倒れている部屋に犬を放り込むプロ子だった。

1999年10月31日(日)11時07分天馬博士「う〜ん…はっ!!」

 花瓶でなぐられた博士が目を覚ましたのはそれ程時間がたっていないうちだった
 『うむむ…くそうっ! 全装甲シャッター緊急閉鎖! 全職員及びヒーローは第一級警戒体制!! 基地内を逃走中の敵工作員【F】ブロ子を拘束せよ! 必要なら武器の使用も許可する!』
 さっきからなんだ? この犬は・・・おい誰か保健所へ電話しろ!
(思いっきり蹴飛ばされる犬達)

1999年10月31日(日)15時52分【F】ブロ子「一方その頃……」

 ふんふんふーん♪

 楽しげに鼻歌を歌いながら、屋内電話線を切断しているブロ子の姿があった。

1999年11月01日(月)07時18分ブライギター01「そんな、馬鹿な!?」

 ブロ子・・・あいつは、記憶喪失の迷子じゃあ無かったって言うのか!?
 信じられん!
 花瓶で殴られたって子供の悪戯じゃあないか、博士も反応が過敏過ぎやしないか?
(し、しまったああああ。中途半端に洒落になってる、この空気はマズイ!
 此処はおちゃらけておかなくてはイケナイだろうか?? だが、タイミングを外してる!!)
 急に汗だくに固まるブライギター01だった。

☆QTムーン
 あれ? 何怒ってんだ?
 おい、まてよ今地下なんかに降りたら装甲シャッターで閉じ込められちまうぞ。
 地下は秘密の塊だからなぁ。
 止めようとしたブライギターは何かを踏んづけたようだが、気にも留めなかった。

☆ブロ子
 どこに居るんだブロ子ぉ! 疑いは俺が晴らしてやるから悪戯は止めて出てこーい!
(いつまでも騙され続けるブライ、こんなで正義は守られるのだろうか?)

☆ななこ
 廊下の片隅にブライに踏まれたチワワが、すでにチアノーゼを起こしていた。
 これはヤバイ状態だ、ナナコ、すぐにオペだ!

1999年11月02日(火)05時02分QTムーン「あっ…」

 せっかくブライギターがQTを止めに来てくれたが一歩遅かった。
 無情にも地下に閉じ込められてしまったQT。

 ちょっとお、なんなのよ、もう!
 いきなり緊急閉鎖するなんて、博士ったら何考えてるの?!
 信じらんないっ! 博士のおおばかあぁっ!!
 ガシャーン! ←QTは思い切りシャッターを蹴った。
 ??!!(滝汗)
 なななななななな、なになに?
 ちょっと蹴っただけなのに、へ、凹んじゃった…
 やだ… 非力なヒロインのイメージが台無し…(涙)。

 地下で一人、がっくりとへたれ込んで涙するQT。
 自力で地下から脱出できるような気もしたが、悲劇のヒロインと化し誰にも会いたくない気分なので、とりあえず第一級警戒体勢が解けるのを待つことにした。

 でも何で第一級警戒体勢なの? 
 博士ったらブロ子ちゃんがブラック団だなんて言ってたけど… それが原因かしら。
 ブロ子ちゃんが本当にブラック団の一員だったら、ブライギター01さま、悲しむでしょうね…。
 ブロ子ちゃん、私は別に銅鑼焼きが嫌いなんじゃないのよ。
 それを好きなアレと一緒にされたことが… まあいいわ。
 …………。
 ……………………。
 早く開かないかしら、この忌々しいシャッター(・・+)!!

 QTはそろそろ飽きてきたらしい。
 自らが作るヒロインの妄想を捨て、シャッターを蹴破って出てくるか?!
 以下続刊(?)。

1999年11月02日(火)07時58分マクローネ26歳?「いやんもう! あたし一人なの?」

 やけくそよ! 怪人『毬藻グラ』出動〜!!
 何でも良いから暴れてらっしゃい!

「かしこまりました〜マリモグ!」
 流星団へGo!

1999年11月02日(火)08時21分【F】怪人マリモグラ「WARNING!」

 警戒態勢を取っている流星団基地に新たに怪人が送り込まれてきた。
 奴の名は怪人『マリモグラ』!! 毬藻とモグラの合成怪人だ!

 マリモグ! 装甲シャッターがすでに降りてるモグ!
 でも地下から攻めればお茶の子サイサイモグ〜!!
 ボコボコボコボコ....マリモグラは地中に潜り装甲シャッターを回避。
 鼻のドリルで地下の隔壁を破り基地内に進入してきた。

 奴は天然記念物の毬藻と合成しいている! 殺したりしたら怒られてしまうぞ。
 奴の外見は、某モグ○獣人の様な顔に鼻ドリル、モグラらしく丸いサングラスと手がショベル。
 体が真ん丸い毬藻そのものだ!
 いったいどうなる流星団?
 QTと地下で遭遇か? はたまたななことドリル対決か?
 アメリカマンとの穴掘り勝負・・・・は無さそうだなぁ。

1999年11月02日(火)08時43分ブライギター01「突然の事故」

 グハッ!
 突然吐血して倒れるブライ。
 過去の戦いで受けた『〆スラッシュ』の古傷が体に浮き上がる。
 こんな時にいつものアレが来るとは...

 この後3日ほど太陽光エネルギー研究所に運ばれるブライギター01。
 しばらくリタイアだ。
「スマンみんな・・・・バタリ」

1999年11月02日(火)13時40分天馬博士「くそう、こんな時に…」

 ブライは緊急入院とか称して姿をくらますは、QTはヒロインの体面とかなんとかにこだわってスーパーパワーの発揮を躊躇するは…挙句に怪人まで現れるとは…おのれ、ブラック団めやる事が姑息だぞ!!(注・ほとんどは団員のせい)

>ブライ
 それでは『レボ星』で頑張って療養して来い、おみやげヨロシクな! それから、
 アクションミサイルの発射には成功したか? そうそう、向こうでももしヒマが
 あったら書きこんでくれよ

>QT
 何をしている、そんな装甲シャッターなんてお前のスーパーパワーの前には紙くず同然(注・圧さ500ミリの特殊鋼板)さっさとぶち破って怪人の撃退及びスパイの逮捕に協力せんか! そしたら非力でナイスバデーな身体に改造してもいいかな〜なんて思わないでもない(どっちだ)

>須賀和良作戦参謀
  『楽曲』だが、歌詞が常に把握できるよう改造を要す、との意見がブライよりよせられた、一考の余地あり。

1999年11月03日(水)01時36分ドリルナースななこ「緊急手術ごーごーふぁいぶですのー。」

 ああっ、こんなところに車にひかれたチワワちやんがっ。
 すぐいまさっそく緊急オペですのー。
(手術台やメスや麻酔セット等を取り出すななこ)

 ちゃらりらーん。

 さあオペですのー。

(中略)

 ふー、むじゅかしいオペでしだけどー、無事終わりましたの〜、ついでにチワワちゃんには、前足はドリルに変形可能に改造しておいたてすの〜。
 お代はいぬさんだしー、いらないのですのー。

 ああオペ疲れでくらくら眠いですのー、おやすみなさい(くーくーすぅすう)。

1999年11月03日(水)10時48分天馬博士「とにかく時間が無い」

 書き込み時間が激減してしまって(なんだ今日の人ごみは)ロクなことが書けん!
 今日は少しだけ書いて退散するとしよう

>ななこ
 嗚呼・・・君だけは何時も平和だねぇ(遠い目)イヌは適当に処分しといてくれ。

1999年11月04日(木)20時30分QTムーン「★◎△◆!!!!」

 ↑シャッターを蹴破った音らしい。

「紙屑同然ですってぇー?! ひ、ひ、ひろいんに向かってなんてことうおぉーッ! 博士、後で憶えてらっしゃいぃ!」
 最近どうもイライラしているQT。カルシウムが足りないのか、それともアレか?

「それより、敵をキャッチしたとか? 特徴は? なるほど… モグラ型の怪人ですね、解りました。ブライギター01様が見あたらないので、私が頑張って倒してみましょう。」

 駆け出すQT。ついでに走りながら変身!
「…良かった。誰にも見られなかったわ♪ ……はっ!!」
 通路の向こうからよたよたと歩いてくる犬を発見。
 手にはドリルがついていて、さらに歩きにくそうだ! ←犬、どうやら変身後?
「見つけたわよ、ブラック団の怪人ッ!!」
 犬は、QTのあまりの形相にぷるぷる震えながら硬直している。
「『必殺ぅ〜、キュ〜ウティ〜踵落としィーッ!!』はははははははっ、死ね死ね死ねー!」
 また性格が変わっているぞ、QT!
 自分がアンドロイドと知れて正義回路(そんなモノ内蔵されているのか?)が狂ったか?
 犬は後頭部に何度も踵を打ち付けられ、可哀相に、いつの間にか息絶えた。
「ふうっ、終わった…。私ひとりでもなんとか怪人を倒すことができたわ。」
 空を仰いで汗を拭き、清々しい笑顔を見せるQT。…しかし。
「ちょっとー? 何で警報が鳴り止まないのー?? ちゃんと倒したのに〜。」
 QT… それはモグラじゃなくて、イヌだ。(怪人だけど)
「あっ、そうか! ブロ子ちゃんがまだ隠れているからか! ブロ子ちゃ〜ん!」
 結構(いや、全く?)使えないヒロイン、それがQTムーンである。

1999年11月04日(木)20時40分【F】白金のプラティナ「モニターを見ていたプラティナ」

 ここは暗黒ブラック団秘密基地の一郭、プラティナの私室の奥の隠し部屋。

 これは… さすがはマクローネ様の作った怪人。
 流星団の奴ら、毬藻グラに気付かずに犬を倒してしまいましたわ。
 わたくしもご期待に添えるような怪人を作らなくては…

 モニターのスイッチを切ると、再びプラティナは怪人の研究を始めた。

1999年11月04日(木)20時44分【F】怪人流し系男「その頃の【F】怪人流し系男」

 まだ出番ではないようなので、五橋で流していた。

1999年11月04日(木)20時44分【F】怪人流し系男「ちょっと経った頃の【F】流し系男」

 まだまだ出番ではないようなので、コンビニでパンと牛乳を買って食っていた
 『あ〜あ、やってらんね〜よ、怪しくもね〜のに怪人なんてよ』
 …今時チューリップ帽かぶって白いギターにパンタロンの奴が怪しくないハズがない

1999年11月05日(金)10時14分天馬博士「素晴らしい…」

 さすがはQ極のアンドロイド…アラレちゃんばりの勢いだ、ヒロインか…
 それにしては結切れると見境ないが、そこらへんは仕方なかろう。
 む! ぐほっ! ゴホゴホ…(吐血)…ふふふ…とうとう俺にも来たようだ…
 そろそろだとは思っていたが…、だがこの様子なら安心して俺もあの世に行けそうだぜ…
(天馬一族の呪い…それは削除キーで文書をパーにする事、また返信レスを独立させる事…そして…あるイベントが行われるごとに死んでしまうことなのだ!)

1999年11月05日(金)19時29分QTムーン「は、博士ッ?!」

 どうしたんですか?
 呪いって… そんな… そんな…!
 死なないで下さい、博士!!
 私、まだあなたに復讐してません!
 あんなことや、こんなことや、そんなこと… それはもう、口では言えないようなヒドいことを仕返ししてやろうと思っていたのに… 私、まだ何もやってない!
 それに、こんな中途半端な状態で私をひとりにしないでくださいよお!
 まだ警報、鳴ってるし! ああもう、ブロ子ちゃんはどこー? ななこさぁん!
 あ、そうだわ!
 博士、ななこさんにオペしてもらいましょう!
 ななこさん、寝ている場合じゃないわ、博士を改造して下さい!!

1999年11月06日(土)22時52分QTムーン「ええいっ、鬱陶しい警報め!」

 警報の原因がよくわからないQTは、基地内をあてもなくうろうろと彷徨っていた。
 そして、地下付近でばったり怪人マリモグラと鉢合わせした。
 一瞬の沈黙。

「や〜〜〜ん、かわいい〜☆」
 か、かわいいのか、それが…?
「よく出来てるわ〜、このぬいぐるみ。自動で動くんだ〜。…着ぐるみじゃないよね?」
 そして怪人マリモグラの鼻ドリルに手をやる。
「…ドリル。……。そうか、これきっと、ななこさんのだ!」

 怪人マリモグラ。こうしてQTに連れられ、見事基地中枢部に潜入成功!

1999年11月07日(日)02時30分ななこ「はにゃ〜?」

 ぅ〜ん。なんだか警報がうるしゃいですの〜

(ほぼ息絶えたチワワを発見)
 はっ、さっき癒して改造してあげたのに〜。
 えいっ、電気ショックの再改造〜。

 ばくっ、どんっ、びくびくびくんっ、
 ぴきーんっ、どっくんどっくん
(鼓動が回復したのを確認してQTと同じスペックに改造手術開始)

 とんてんかんとんとんてんかんこんぎゅいーん。
 ふう、終わりましたの〜。
 ついでに洗脳していままでのいまわしい記憶も消してあげましたの〜。
 もう、必要ない時にどりるを出して歩いては駄目ですの〜。
 そして、おまえの名前は今から「チクワ」ですのー、流星団のペットですの〜。
 東京でしかアニメをやってないとあるヤングキングなすちゃらか漫画のいぬさんについてる名前のネーミングのセンスを真似してみたですの〜。

 チクワ「きゅぅん、きゅ〜ん(うれしそうにしっぽを振る)」

 あら、こんなところに大量吐血して倒れてる博士が〜大変ですの〜、またすぐオールサイバーに改造手術ですの〜。
 これで明日からは誰も博士の事を「貧弱な坊や」だなんて馬鹿にしなくなるですの〜。
 ついでにドリームキャストとザウルスを内蔵しておくですのー、これでモバイル、通信はだいぜうぶですの〜。
 いろいろ愉快な武器も内蔵しておきますから〜、有事の際は役立ててくださいね〜。

(向こうからどりもぐを持って歩いてくるQTに気づく)
 やんやんやん、どりらもぐら、かわいいですの〜。でももっとかわいくなるように改造しちゃうですの〜。
(オペ台にあっというまにしばりつけらけるどりもぐ。単繊維特殊ファイバーのワイヤーは切る事もできず、どりもぐの体を禁縛するっ)

 洗脳して流星団仕様に改造しちゃうぞ、ですの〜。
(みんなの意見がどりもぐの新規機能と新名前を決めるんだ! 採用者にはもれなく白いギターと白いベルボトムジーンズをあげちゃうぞっ)

1999年11月07日(日)06時11分ブライギター01「ナースなんだから、改造じゃなく治療しヤガレ。」

 登場そうそうななこにハイキックで突っ込み入れるブライギター01。
 どうやら彼はフェミニズムとは縁が遠いようだ。

 どいつもこいつもボケまくりやがって。
 ここで博士が死んだらツッコミ大変じゃねえか!
 帰って来てみりゃあ、未だにマリモドリラ(名前違う)引っ張ってんか?
 もっとスマートにかたずけて上げなさい!
 こう! ブライはチクワをちぎって投げた。
 この世は常に『悪・人・妻!』(?)
 そのドリモグはマリモじゃない所全部もぎって湖に帰しとけばOKだろ。
 さて、どこからモグかな?

☆ななこ
 ドリラの改造は首手足もぎり改造を施して、タイタニックのテーマで湖に沈めよう。
 新名称は『デカマリモ』

☆QTムーン
 これが可愛いか? んじゃあ、顔の部分お前にヤル!
 中身は踏み砕いとけよ、基地内のデータが残ってたら厄介だ。

☆天馬博士
 ああ、現実のあなたなら、どれだけその内臓装備を喜ぶ事か・・・
 しかし、イベントが有る事実は曲げられない。
 お別れですね、博士・・・さようなら。
 我々は決して≡≡≡≡(ザ〜ッ)ませ≡≡(ザザ)ん、≡まえのかーち≡≡でーべ≡!(ザザザザ)
 電波の調子が悪いようなので、これで切ります。プツン

 さあ、みんなあ! 祝賀会いや、送別会だ!! 俺のおごりだあ!! ガンガン楽しもうぜ。
 正義回路、やっぱり不良だったのかもな。

1999年11月07日(日)10時14分天馬博士「俺は今日死ぬ・・・」

 多分これが最後の書きこみになるだろう・・・いわゆる遺言って奴だ、皆心して聞いてくれ・・・
(どうやら電波が切れてるらしいので、これは独り言でもある)
 兄貴・・・あんたから引き継いだ呪いには俺も勝てなかったなぁ・・・だが安心してくれ
 流星団の奴等は立派な戦士になったと思ったりなんかしちゃったりして、あぁ・・・いま何となく思ったのだが、もしかしてこの基地内で『人間』って俺とななこさん位だったんじゃないか・・・? そうか、それが敗因かもしれん
 流星ロボ(仮名)の完成を見られなかったのは残念だが仕方あるまい、だがきっと完成して悪を叩き潰してくれるだろう・・・

>ブライ
 最後にお前の声を聞けてよかったぜ、正義回路はあいかわらず調子悪いようだな、他にもいろいろと改造しておいた所を伝えずに死ぬのは心残りだ・・・取り敢えず必殺技っぽい名前を叫べば何か反応して出るかもしれん、頑張って見つけてくれ

>ななこ
 このやろう、呪いだから治療しても無駄とはいえ誰が改造しろといったか、貴様みたいなアホナースは暗黒団に行きやがれ、よく考えりゃこの基地には看護婦はいても医者がいない、一体ど〜ゆ〜ことだー!!

>QT
 ・・・でお前が改造しろと言った張本人か、くそう、俺にもう少し残された時間があれば腹いせに強制脱衣装置でもくっ付けてやる所だが・・・もういい・・・全ては終わったんだ・・・後はたのんだぞ・・・

 最後まで無茶苦茶だった男が逝く・・・さらば!! 博士!! 後任の天馬一族の者はもうこっちにむかってるぞ!!

1999年11月07日(日)20時16分QTムーン「祝賀会(?)を抜け出して…」

 ため息をつくQT。
「私って、やっぱり一人じゃなんの役にも立たないのかなあ…。敵の区別もできないなんて」
 どうやらドリモグのことで落ち込んでいるらしい。
 ちなみにドリモグは粉々に踏み砕いて捨てた。
 顔だけ持っているのは不気味だから、すべて踏み砕いた。

「博士。私は…悪気はなかったの。ななこさんには、改造じゃなくて純粋に悪いところを治して貰おうと思って…改造と言ってしまったのはちょっとした間違いだったの。ごめんなさい…」
 QTはこの件では本気で反省しているらしい。
 電波が途切れた後に、博士が何を言っていたのかも知らずに。

1999年11月08日(月)16時12分Dr・フィールグッド「のけけけけけ・・・」

 マクローネ様も苦労しておられますなぁ・・・初めまして、極悪地獄科学者Drフィールグッドでありまする、4人合わせても屁の役にもたたぬ四天王などよりこの私めにお任せを・・・マクローネ様はカウチポテトでもしつつ、笑っていいともでも観ててくだされ、ノケケケケケ・・・

1999年11月08日(月)16時12分マクローネ26歳?「き〜! 毬ドリモグやられちゃったわ!」

 まさか、毬藻の部分以外を破壊するとは。
 悔しいけど流星団め、環境にやさしいわね!!

 次はシルヴァンちゃんの怪人をさしむけてちょうだい。
 どんな作戦で攻めるのかしら?
 わくわくしちゃうわん。

1999年11月08日(月)20時09分ブライギター01「祝賀会(?)最中に・・・」

 俺は景気良く店員に注文をした。
「モロキュウ一つ!!」
 そのとたん、俺のかざした右手から閃光が走り、居酒屋の天井を貫いた。
 崩れ落ちる建物と降りかかる瓦礫。
 俺は呆然と立ち尽くしていた・・・
 ・・・・そうか、未知の技の一つのキーワードは「モロキュウ一つ!!」なのか・・・
 天馬博士、はっきり言ってこの技メイワクデス。
 そう心でつぶやきつつ、その場から猛ダッシュで走り去るブライ。
 QT、抜け出してて助かったな。
 今夜は星の光さえまぶし過ぎるぜぇ〜!!

1999年11月09日(火)10時15分天馬少年「こんにちはっ!!」

 僕の名前は天馬流太、天馬3強兄弟の3男さ! 僕の兄さん2人は共に世界の平和を守るため暗黒ブラック団と戦って死んじゃった…
 だから次は僕が戦うのさ! 兄さん達の仇を討ちたいのもあるけど、何より僕はこの青い星、僕等の地球が好きだから!! よ〜し、まずは基地の人達に挨拶だ!!

>ブライギター01さん
 初めまして! 僕がこの流星基地でこれから臨時の司令を務める天馬流太です! ブライギター01さんの事は兄からの手紙でよく聞いてます
 大気圏で燃え尽きたり、アメリカで浮浪者になったり、女の人の裸を観賞するのが人生唯一の娯楽だったりする終わってる人だと聞いてます。
 あ、僕はそんなの気にしません、だって○○な人には優しくしてあげなさいって死んだ母も言ってたんです、これからは仲間ですし一緒に頑張りましょう!

>QTムーンさん
 え〜とあなたがQTさんですね、初めまして! 兄からの手紙で話は聞いてます
 『運命に流されっぱなしの流星団の脱がされ役、例えるなら可哀想なエスパーマミ』
 だって・・・でも僕が来たからには大丈夫、QTさんには辛い思いはさせません、
 なぜなら僕はQTさんに負けないくらい一人じゃ役立たずなんですから!
(QTの胸に役立たずの言葉が突き刺さる、子供は時に残酷だ)

1999年11月09日(火)11時21分ブライギター01「↑ケ! お前のような小僧に何が出来る!」

 なんまいきな小僧だな〜。
 俺はゴメンだぜ、こんなガキに司令として指図はされたくねえ!
 大体血筋だけで司令になれると思うなよ。

☆天馬少年
「よう、ボウズ。流星団バッヂの前に、学校の名札付けるべきじゃあないのか?」
 指で少年の額をグリグリやりながら小ばかにするブライ。
 マジに正義回路故障中か? と言うか、『鉄牛』役ですか・・・
「司令は学級委員とは違うんだぜ? ハハハハハ!」
 目元に右手、腰に左手のあおりポーズで高笑いのブライギター01だった・・

☆QTムーン
 博士はなんの前振りも無く死んだなあ。
 呪いっちゅう事らしいが、死因ぐらいは明確にしておこうか。
 どうやら『ブロ子』の花瓶クラッシュによる一撃で外傷はなかったが、
 浴びた水で体が冷え風邪をひいたのが原因らしい。
 改造の事など気にするな、あれはとてもカッコイイ改造だった。(ぷっ

☆ななこ
 上にも書いたが博士の改造は出来が良かったぜ。
 キシリア様にも伝えてくれ、「あれは良い『博士』だと。」
 おかげで博士の寿命が1日延びた、かも。
 ちゅうかな、やっぱり治療の方が良くないか?(^^;

1999年11月09日(火)11時45分マクローネ26歳?「↑あらホント?」

 んじゃあ、そろそろ『いいとも』始まるから、コンビニ行ってくるわね。
 よろしくね!

1999年11月10日(水)03時34分QTムーン「流太くん…?」

「役立たず」の一言はかなりグサッと来たが、とりあえずは「子供の言うことだから」と思って気にしないことにした。でも笑顔はかなり引きつっているQT。
「流太くん、司令って… キミ、年はいくつ? 学校はどうしたの?」
 しゃがんで天馬少年に目線を合わせるQT。キラキラと目を輝かせる少年を見て、ふと呪いのことを思い出す。
(この子も天馬一族の呪いにかかっているのかしら…。でもブライギター01さまのお話だと、博士の死因は呪いじゃないみたいだから… 大丈夫かな?)
 なんて、一応心配なんかしてみたり。
「そうだわ、流太くん。これだけは守って欲しいの。街中で私に声をかける時は「QTさん」じゃなくて「葉月さん」て呼んでね♪ 「お姉さん」でもいいわよ♪ ブライギター01さまはね、何度お願いしてもそう呼んでくれないから困っちゃうのよ。あなたは気をつけてね。それから『脱がされ役』は、ご希望なら熨斗を付けて差し上げるわよ。」
 こいつゥ、と天馬少年の額を軽く小突き、明るく話しかけながらも、心中穏やかではないQTは、こんなことを考えていた。
(流太くんったら、ちょっとおマセさんでヤバそうだわ。それにしても、こんな小さな子(?)に司令が務まるのかしら? でも…この子が私より役立たずなら、私も少しは救われる気がするわ…。)
 そんな性根だから、QTはいつまでたっても役立たずなのかも知れない。
「ところでブライギター01さま、その高笑いは悪役っぽくって流星団員であるあなたには似合いませんよ〜? もっとこう、清々しく…ね☆」
 …清々しい笑い方って、一体どんな笑い方だ? 歯がキラっとするとか…?

1999年11月11日(木)03時42分【F】怪人流し系男「現在の【F】怪人流し系男」

 Dr.フィールグッドの出現で出番がお流れになり、流しながらどこかへ行方不明。
 シルヴァンが探しているが、未だに音信不通。

1999年11月11日(木)06時43分Dr・フィールグッド「邪魔じゃ〜」

 わしの出番だと言うのにごちゃごちゃと〜ええい! わしの科学力を見るが良い!
 ノケケケケ〜これがわしの作り出したニセマクローネ様通称『ヌクローネ26号』じゃ!
 行けい! 『ヌクローネ26号』! なんかヒドイ事してくるのじゃ!!
(作戦報告へ)

1999年11月11日(木)06時43分鉄壁のトモ「ただいま、着任しました!」

 五反田研修センターのセミナーを修了し、
 本日からこの五橋支部に配属されましたトモです。
 マクローネ様のように専用衣装が貰えるように
 ガンバリたいと思いますので、よろしくお願いします!

1999年11月11日(木)10時04分天馬博士「大丈夫だよ!」

 ボクは確かに子供だけど、正義感『だけ』はピカイチさ! ほら良く言うじゃないか、『正義は必ずビクトリー』って、だからへっちゃらさ、例え世界中が敵に回ってもマイク・ベルナルドが本気の蹴りをかましてきても、日栄に借金したって正義感さえあればきっとすべてオールオッケーさ!

>葉月お姉さん
 ボクは取り敢えず年齢不祥なのさ! 何故かって言うとその内流星団の設定が増えてきた時、妙に細かい事にこだわる嫌な奴等に突っ込まれたくないからね! 学校は行って無いけど勉強より地球の平和の方が大事だもの、文部省だって黙認してるのさ!
 それよりお姉さんこそ一応美『少女』を名乗ってるんだし人の事言えないじゃ無いか〜

>ブライさん
 やめてよ〜(グリグリやられながら)ブライさんは誰が司令だってマトモに言う事聞いた事ないじゃないか〜、確かにボクは子供だけどボクでよかったんだよ? だってほかの司令候補の人ときたら『エロジジイ』とか『ドモリぐせのあるやつ』とか、そんなのばっかしだったんだってば、中には『渡辺○』とか実名のやばい人かもしれなかったんだし、ここはボクを司令とみとめてよ〜えぐえぐ(あ、泣いた)

1999年11月11日(木)10時07分天馬少年「あれ?」

 下の名前変だね、博士兄さん(そういや本名なかった)は死んだのにね…
 ↑はボクの書き込みだよ

1999年11月12日(金)01時08分化学忍者・刃「山籠もりから帰ってみると………」

「だいぶ状況が変わったようだな……」
 久しぶり、それよりも先に刃の口から出た言葉だった。

 予告通り二週間の時を経て、ついに帰ってきた化学忍者・刃。後ろに白い犬のような生物を従えて。
 とにかく、状況を把握することから始めねばならないようだった。

1999年11月12日(金)05時18分QTムーン「くっ、このガキ…」

★流太くん
「一応美『少女』を名乗ってる」ってどういうイミかしらぁ〜?(こめかみを拳でぐりぐり♪)
 でも…別に私は、美『少女』じゃなくて美『女』でもいいわよ☆

★化学忍者・刃さま
 お帰りなさ〜い。最近見ないと思ったら、山に籠もってたんですかあ。
 刃さまがお留守の間に、博士、死んじゃいましたよ〜。
 あれ? その白い犬みたいな生き物は… 犬…ですか?

1999年11月13日(土)01時27分化学忍者・刃「天馬博士に黙祷」

●天馬博士
 心を捨てた忍とて、仲間の死はつらきもの。
 そんな天馬博士には、化学技術を駆使して制作した「お経の出るお線香」を炊いてあげよう。
(…どうやら市販品のようだ。彼はあまり博士の死を悲しんでいないらしい…)

●小僧
 ふっ…眼からビームも出せない小僧に用はないわ。
 悔しかったら、砂地獄から亀の力によって助かってみるがいいさ。

●QTムーン
「何? 白い生物?」
 そういって振り向くと、刃の後ろには何もいなかった。(にやり)さすが忍犬。
「ところで……怒ってばかりでは美容に悪いぞ。新たに開発した洗顔パックを土産にやるから、試しがてらに少し休んで来たらどうだ?」

1999年11月13日(土)03時43分QTムーン「わ〜い♪ さっそく試してみま〜す。」

 QTは、刃にもらった土産(洗顔パック)を手に走り去った。
 天馬少年の机の上にはQTの休暇願が置いてあった…。
 果たして、刃の言う「少し休んできたら…」はそういう意味だったのだろうか。

1999年11月13日(土)03時56分マクローネ「ホント、ヒドイ事するわねえ・・・」

★Drフィールグッド
 ところで、その「ノケケケ〜」って笑い方。器用ねぇ
 アタシ練習してみたけど出来なかったわ。
 それ自然でやってるの?

★鉄壁のトモちゃん
 あらん、いらっしゃい。
 セミナー修了おめでとう、此処にはろくに訓練受けてないのばっかりで困ってたのよ。
 活躍期待してるワ!
 此処での出世の第一歩は、笑わせてくれる事ね。
 がむばっちょね!

★流し系男
 やられちゃってるじゃない!?
 出て来てやった事と言えば、コンビニでパンと牛乳買って食べただけ?
 コラ! シルヴァン! なんてモノ作ったのよ!!
 御仕置き部屋にGOしなさい。

 みんなに報告よ、我が五つ橋支部にね財政困難と言う問題が発生したのよ。
 そんなわけで、【悪】らしく手っ取り早い資金集めする事にしたわ。
 それぞれ自分で作戦立てて、お金を集めてらっしゃい。
 アタシもちょっと、ブラック印の化粧品販売に行ってくるワ!

1999年11月13日(土)04時32分真黒緒子「こんにちわ〜! 訪問販売でえす★」

 流星団本部受付に、奇麗なオネイサンがかばんを片手に入ってきた。
 最近ちまたで流行の【B】印化粧品の販売員らしい。

★葉月サン
 あらあ、若いお肌が荒れちゃってるワ。
 ちゃんと睡眠取ってる? お肌のケアは、若い内が決め手よ。
 でも、もう大丈夫! あたしが来たからにはそのお肌。
 ステキに健康美よん★

 鞄の中からどっさりと化粧品類を取り出し説明と効果を説き出す真黒。
(・・・あら? 何だかこの子、見覚え有るようなぁ・・・・・ま、いっか)

★ドリル看護婦サン
 そこのナースサンもこっち来てみてらして!

 そしてその商品の効果と売り方は凄まじかった。
 穴明き包丁で熟れたトマトをすっぱり切ったり、まな板ごと切っても刃こぼれ一つ無かったり。
 チャック・ノリスが出て来るビデオが誉めちぎったり。
「それら全てがこの【B】印化粧品の効果なの! 焦げ付いたフライパンもほらこのとうり!
 これさえあれば、無敵の美しさを保てるわよ! セットで〆て53万8千円ですの、どうかしらあ?」

1999年11月13日(土)05時12分ブライギター01「おおう、刃じゃないか!」

 よう刃、聞いたかよ。
 こんのガキが今度の司令だってんだぜ?
 ちゅうか、砂地獄とか亀とか、何の事言ってんだ?
 相変わらず、わかり難い『振り』するな〜・・・
 だが、それが逆にお前が返って来た実感が湧いてくるから不思議だ。

☆天馬ガキ
 お、泣きやがった!
 あ〜あ、やだねえ。そんなだから『坊や』なのさ!
 だが、しょうがねえな。どうしても司令ってんなら認めてやらなくもねえ。
 これは、強化特訓ビデオと隠された司令バッジの在処の地図だ。
 一人でバッヂを見付けてこれれば。認めてやるぜ!
(ぶっ! くはははは! ビデオの中見は恐怖体験ホラー映画。バッジは新寺の墓場の中・・
 夜に一人でトイレ行けなくなる作戦だ! だはははははは!)
 正義から脱落しそうなブライ、果たしてホントに正義な奴は此処に居るのだろうか?

☆QTムーン
 おいおい、何処行くんだ。
 最近遊んでばっかりじゃないか、って何だ? 訪問販売??

☆真黒緒子
 あーこらあ、こんな所で訪問販売しちゃあ・・・(げ! 美人!)
 一向に構いませんよ! ・・・・・・・って、どこかで会った事有りません?
 《古臭いナンパか? 未だにこんな手使うのかブライ!? 》

1999年11月13日(土)16時08分天馬少年「ごめんよ」

 僕のいるラオックス基地の混みようがこの頃激しくなってきて、あんまりメッセージ残せないんだ。混んでると30分しか使えないからね。

1999年11月14日(日)03時11分化学忍者・刃「亀と砂地獄」

●ブライギター01
「その関連については、そのうち修行の成果として見せることもあるだろう……
 正義とは、自分の心の中にあるもの、それが正義。だから聞き分けのない小僧に灸を据えることもまた正義であろう。(そうか?)」

●天馬少年
「小僧なら30分も必要あるまい。5分ともたないくせに。」
 それこそ子供にわからない話で天馬少年を責める刃だった。

●訪問販売員
「刀は売っていないのか?」
 包丁の切れ味に魅せられた刃。化粧品は別に自分で作れるから要らないらしい。

1999年11月14日(日)09時59分天馬少年「ちくしょう! 皆嫌いだ〜!!」

 くそ〜皆でボクを子供扱いして! 皆本当は○○のくせに!! 1人でトイレだって墓場だって第7サティアンだっていってやるさ! みてろよ〜!! …やい、止めるなら今の内だぞ〜・・・うぅ(半泣き)

>化学忍者・刃さん
 くそ〜ホイットニー・ヒューストンも知らないアナクロ忍者のクセに…目からビームなんて出ないほうが普通なんだい!! 大体自分なんか子供か大人かも不明じゃないか!

>ブライギター01さん
 機械の力を借りてなきゃコード練習しか出来ないへッポコヒーローのくせに〜このバカヤロ――――――ッ(走り去り)

>葉月おねえちゃん
 ごめんよう、でもアンドロイドなんだからもう少し頭良くても良いのにね、でも気にする事ないよ! 頭のいいコンピューター作るより頭悪いコンピューター作るほうが技術的に凄いと思うし!

>真黒さん
 …! みんな! このおねえさん怪しいよ! ボクの正義の勘がそういってるんだ!!
(ただし周りの人にはガキの八つ当たりにしか聞こえなかった…)

1999年11月15日(月)00時56分真黒緒子「(あ、あら? もしかしてこの状況ヤバイかしら・・・)」

(げ! あいつはブライギターと化学忍者!? 何でこんな所にいるのよう・・
 って、もしか此処って何のビル? ・・・・・・・・・・׉○◆? ±!!!
 ヤバイわ〜! アタシったらいつのまにか敵陣に乗り込んじゃってたの?
 このまま変装がばれない内にトンズラこかなきゃあ、オヨメに行けなくされてしまうわ!
 でも、この子供は一体誰なのかしら?)

 オホホ、男の方ばっかりじゃあ。
 こんなモノ必要有りませんでしたわね(^^;;;
 そそくさと荷物を片付け、無闇に愛想笑いを振りまく真黒。
 それじゃあ、あたしは失礼致します〜!(ぺこぺこ

 あ、あと、帰る前にチョットおトイレお借りしまあす!(赤面)
(ひええ、余りの事に緊張してしまったわ!)

1999年11月15日(月)03時09分ブライギター01「ラオック○? しらねえな、ユービックスなら知ってるが」

 坊主、ビデオみたんか?
 バッヂ持って来たんだな?
 じゃあ、認めてやるよ。少なくとも俺は司令として見てやるが・・・
 間違った事言いやがったらすぐ指摘すっからな!
 で〜司令。これからの方針はどうするんだ?
(正義回路回復中)

☆天馬少年
 ギターの事は言うな! 出来ないもんはしょうがないの!!
 必死に練習してんだから、(6年間)言うな!!

☆刃
 あ、もしかガキ嫌い?
 出てきた途端にイジメ入ってるな。
 つか、その『スヌープチェリ』(犬)笑えるな。
 二本足で立つ所がな・・

☆真黒さん
 ありゃ、もう帰ってしまうのか。
 ザンネン、今度は化粧品以外のもの売りに来てくれ。
 例えば、ギター練習セット。
(これは、皆に内緒だぜ!)

 QTは本気で休暇取りやがったな!

1999年11月15日(月)17時08分QTムーン「ゆっくり休ませてもらっちゃいました〜♪」

 だってぇ、去り際にキレーな販売員のおねえさんに睡眠不足を指摘されちゃってぇ、やっぱそれって自分でも気にしてたしィ。
 それに、私、流太くん、キライ!
 だから司令としての命令には『仕方ないから』従うけど『流太くん』には反抗しますからね!
 やっ、ブライギター01さま、ひどい!
 最近私が遊んでばっかりだなんて!!
 ちゃんとやることはやって…ますよぉ……。 ←自信がないらしい。
 ホラ、現にいまだって、犬(刃の忍犬)の散歩に行って来たんですからあ。
 さて、次はトイレの掃除でもして来ようかな…っと。
 あれ? トイレ、使用中だ…。
 もしも〜し。誰か入ってますか〜?

 QTは本当に頭が悪いうえに、記憶力も悪いのか。
 その販売員のおねえさんには、会ったことがあるはずじゃなかっただろうか?
 余計なことはいつまでも覚えているようだが…。
 それとも販売員のおねえさんの化粧は、そんなに濃かったのだろうか。

1999年11月16日(火)01時50分化学忍者・刃「忍者がアナクロで何が悪いッ!」

●天馬少年
 普通……普通だと? 普通で拙者たちの司令が務まるかっ!
 眼からビームなど、拙者の忍犬でも出来るわっ!!
(そして人造忍犬「心」はマヂで眼からビームを放った。さすが人造忍犬である。)

●ブライギター01
 いや、ガキが嫌いな訳ではないのだが……さくらとか好きだし。
 要するに、ガキのくせに拙者らに指図するのが嫌いなのかもしれん。
 だが、せっかくの博士の遺言だ。従わざるを得まい…
(しぶしぶながら、天馬少年を司令として認める意向のようだ。)

●QTムーン
「心」を散歩に連れて行っていただいたとは……かたじけない。
 二足歩行でトイレのしつけも完璧だからな、結構楽だったと思うが。
 しかし「心」はまだ生まれて一週間も経っていない身。いろいろ教えてやってくれ。

1999年11月16日(火)06時22分【F】ブロ子「あ……まっずーい。」

 ついに誰か来ちゃった。
 ここ、2つあるから大丈夫だと思ってたんだけどなぁ。
 隣のに入った人、早くすませて出てってくれないかな。
 でも外で待ってるのって……あ、この声、いじわるなおばさんだ。
 よーし、このまま待たせちゃえ☆

 QTが掃除に来ているとも知らず、トイレの中で策を練るブロ子だった。

1999年11月16日(火)10時08分天馬少年「さてと」

 折角司令になったんだから、早速司令っぽいことでもしようかな? え〜と…取り敢えず司令といったら机の前で日長一日辛気臭く座ってるのが仕事かな?
 それとも取り敢えず『弾幕薄いよ、なにやってんの!』と怒鳴ることかな?
 うえ〜んこまったよ〜司令マニュアルはどこ〜?

>化学忍者・刃さん
 いや、僕だって司令なんかやりたくてやってる訳じゃないよ、でも司令が務まりそうな性格の人がなかなか見つからなくてさ…うんわかったよ、ボクも目からビームが出るよう訓練するよ!

>葉月お姉さん
 ふ〜やれやれ、お姉さんも大人気無いなぁ…子供相手に本気になっちゃってさ
 ここはボクが大人にならないとね! でもお姉さん…そう言えばブロ子を捕まえに変身してその後何してんの?

>ブライギター01のばか
 くそ〜司令命令だい! お前なんか基地のトイレ掃除でもしてろ〜(ほとんど駄々)
 それはそうと、兄さんの仇のブロ子を捕まえてくれよぅ(『ブロ子』が一発変換できて驚いてる)
 PS、『ゆーびっくす』は『いーびーんず』だ忘れるな

1999年11月16日(火)15時12分ブライギター01「777は俺が。」

 今はそれだけだ、スマン!

1999年11月16日(火)19時54分【F】青銀のシルヴァン「いや、一応流しもやってたんだけど・・・」

 シルヴァンの言い訳は、全く聞き入れてもらえなかった。

 あ〜あ、今度は資金調達か。
 マクローネさまも大変だね。
 さて、僕はどうしようかな・・・。
 親友のミッチー(浅香ではない。及川。わかるかな。)に相談してみようかな・・・。

 以前ブロンズィのために用意された狭いお仕置き部屋で、等身大の鏡を前にポーズを取り、独り言を言い続けるシルヴァン。
 お仕置き部屋から出られるのは、1週間後だ。

1999年11月16日(火)20時33分QTムーン「もっていかれた… <777」

 778は、私。それはともかく。
 QTは天馬少年に問われ、ゴム手袋をしたままトイレ掃除を中断して部屋に戻った。

 え… え…っ ええ?? ええと…、ブロ子ちゃん??
 そういえば、あの子のことを忘れていたわ。
 確か地下に私の予備のパーツが山積みしてあるって博士に聞いて、都下に降りたらシャッターが閉まっちゃって、出てきたらブラック団の怪人(改造されたチワワ)を見つけたから倒して、それでも警報が鳴り止まないから、博士が言うようにブロ子ちゃんを探し出せば警報も止まるかしらって思って、探しに行ったのよ。
 その後… 地下で見つけたドリモグちゃんをななこさんに渡して、その後博士が風邪(?)で亡くなって、祝賀会に雪崩れ込んじゃったから… 今の今まで、すっかり忘れてたわ。
 ちなみに祝賀会の時には、すでに変身を解いていたわよ。
 あれからかなり経ってるけど… ブロ子ちゃん、どこに行っちゃったのかしら?
 もともと、ラスベガスからブライギター01さまを慕ってついて来ちゃったみたいだけど、何処の子なのかもわからないのよねえ?
 ご両親も心配してるんじゃないかしら。それとも、お家へ帰ったのかもしれないわね。

 こうして振り返ってみると、QTが流されっぱなしというのがよくわかる…。

◆刃さま
 心ちゃん、おりこうさんです〜☆
 名前の読みは『しん』ちゃんでいいんですか?
 ホラ、こうやってね、お手手をつないで散歩するんですよ♪
 今日から心ちゃんと一緒に寝てもいいですか〜?

1999年11月16日(火)22時31分ブライギター01「777は殺しの番号」

☆天馬少年
 命令が便所掃除?
「ふん! 嫌だね。」でー司令、次は何にする?
 所で、博士の死でうやむやになっている『流星ロボ計画』はどうなったんだ?

☆QTムーン
 あれから誰もブロ子を見て無いのか・・・どこに行ったんだろうアイツ。
 ぶ、なんだお前。
 今度は『お掃除オバサンコスプレ』か?

☆刃
 『刃』(じん)+『心』(しん)=『忍』(にん)か・・・良く出来てるなあ。
 その犬、俺にはどうもなつかないんだが。何でだ?
 いつも飛び掛かってくる勢いで、殺気も感じるぞ。

☆ブロ子
 もうお前をいじめる博士は居ないから出て来いよ。
 館内放送でもしてみるか?
 ちゅうか、未だに警報なりやまねえなあ。

1999年11月16日(火)22時48分真黒緒子「何々? そういや警報なってるわ!」

 うう、トイレ出るに出られないワ!
 良く聞きゃあ警報も鳴りっぱなしなんじゃない。
 何てゆう緊張感が無い奴等なの?(自分もだ)
 それに、隣の個室に入ってる人も未だ出てこないワ・・・
 何やってるのかしら?
(そして隣にいるのが自分の部下『ブロンズィー』とは気付かず聞き耳を立てるマクローネ)

 ああ、気付いてないなら気付いてないって言ってくれないかしら。
 怖くて外出れないわ、気付いてないとしても今出たら絶対『大きい方』だと思われるじゃない!
 こんな時に誰か気が利いた部下が攻め込んで来てくれないかしら・・・
 SOS信号発進〜!!(ピピピピピピピ〜)

1999年11月16日(火)22時53分マクローネ26歳?「ピピピピピピ〜!」

(基地にマクローネからの信号が受信された。
 だが、怪人ではその意味が解からないかもしれない。)
 何かの命令の合図だ!!
 でもなんだ?

1999年11月17日(水)06時11分化学忍者・刃「そういえば警報なってるな。」

 拙者も初めて気がついた。ていうか、帰ってきたときからずっと鳴ってるし、みんな全然気にしてなかったから、新しいBGMかなんかだと思ってた……。
 お、また別の音が聞こえるが……ピピピピピ〜って。誰かの携帯?

○ブライギター01
 なつかない? 何でだろう……。
(心をちらりと見ると、ふるふると首を振って、QTの後ろに隠れた。)
 ひょっとして……ただの女好き?

○天馬少年
 マニュアルに頼らねば命令ひとつもできんとは……情けない。
 やはり荷が重すぎたのか……

○QTムーン
 一緒に寝るのはかまわんが……変な事をされんようにな。なんせ…うっ!!
(「余計なことを言うな」とばかりに、心にボディーブローをくらい、スマキにされてゴミ箱に放り投げられる刃。ひょっとしたらこの犬、刃より強いのかも。)

1999年11月17日(水)15時51分雑用係ラチル「【お仕置き部屋拡張】について・・」

 こんにちわ〜うへへ★!
 私はラチル! 暗黒ブラック団五橋支部の雑用をこなすインプ型怪人よ!
 得意技は『拉致』誰であろうとも拉致っちゃうわ!
 この基地の詳しい事は私におまかへ!

 今日はね、お仕置き部屋が拡張された事を報告に来たの。
 お仕置き部屋は別名『お仕置き船』といわれる船のデザインを施された場所で。
 ここだけは特別にブラック団の上下関係は全く無視。
 腕が8本有るドクロイド船長が全ての権限を握っているのよ。
 そして、舵型のルーレットによってさまざまなお仕置き方法を決めるの!
 とってもヒドイ目にあわされちゃうんだから〜★
 みんな、気を引き締めて頑張ってね!

 ところでこの『ピピピ〜』って音・・・あ! マクローネ様からの信号だ!
 ん〜・・・なんだろう。
 解かった! 目覚まし消し忘れたんだね。ブチッ
(事も無げに発信音を消してしまうラチル、お仕置き第一号がこの時に決定した)

 信号は壁にかかったマクローネの肖像画に光る、赤いランプのみとなってしまった。

1999年11月17日(水)19時39分天馬少年「やはりボクも…」

 有ったんだね…『削除』の呪いが…ホント、いつやっても辛いよ…もう時間も無いし…

1999年11月17日(水)21時26分QTムーン「え? 警報、まだ鳴ってたの??」

 QTは警報をあれほど「鬱陶しい」と言っていたくせに、未だに鳴っていることに気付いていなかったらしい。

 な〜んだ。
 最近基地がせまいと思ったら、シャッターも降りっぱなしなんじゃない。
 流太くん、司令なんだからなんとかしてよね。
 さて、私はトイレ掃除の続きをしよ〜っと。
 さっき入っていた人は出たかしら?

▼流太くん
 なに落ち込んでるの?
 今日は口数が少ないわね。

▼ブライギター01さま
 これはコスプレじゃないです〜!
 たまにはブライギター01さまもトイレ掃除して下さいよ〜!
 もう! 当番表作ろうかな?!

▼刃さま
 変なこと…? …って、あれ?
 なんでゴミ箱なんかに入ってるんですか?

▼心ちゃん
 良かったね♪ 今日から私と一緒に寝ようねv
(ちなみにQTは恐ろしく寝相が悪い。)

1999年11月17日(水)21時37分【F】白金のプラティナ「いま、たしかに・・・」

 マクローネ様からの発信音が聞こえましたわ。
 ラチル、いま・・・・・・この娘に聞いても仕方ないですわね。
 緊急だったらもう一度鳴るかもしれないから、取り敢えず日課を先に済ませておきましょう。
 ※プラティナの日課。それはマクローネの肖像画のお掃除。
 !!! ランプが光ってますわ。
 やっぱりマクローネ様になにかあったんですのね。
 今、お助けにまいりますわ、マクローネ様!

1999年11月17日(水)21時44分【F】白金ティナ「こ、ここは流星団の基地・・・」

 何故こんな所にマクローネ様はお一人で・・・?
 万が一、マクローネ様が奴らに捕らわれていることを考えて、ここは穏便に。

 こんにちは〜。

【B】印化粧品の訪問販売にまいりました、白金ティナです。
 どなたかいらっしゃいませんか?

1999年11月18日(木)16時29分ブライギター01「800番。」

 お、また来た。
 今日は化粧品販売が多いな、警戒警報と厳戒体制中にもかかわらず。
 正面玄関開きっぱなしなんじゃないのか?
 どうなってんだこの基地は。
 ブロ子事件でいろいろ壊れたか・・・どれ、修理してくるか。

☆白金さん
 むむむ! 又も美人系・・・流石化粧品販売員だ、ヴ細工じゃあ化粧品売れんだろうな。
 さっきも販売員来てたぜ、もう十分間に合ってるんで他のものなら買っても良い。
 例えば・・・犬用永眠薬ナド!(尻に歯形を付けたブライギターは殺気に満ちていた)

☆真黒緒子さん
 そういやトイレ行ったっきり、出て来たの見て無かったな・・・

☆天馬少年
 ・・・それに付いてはコメントするこたあねえな、早く慣れろ。
 それだけだ。

☆QTムーン
 所帯じみてきたな、ここも。
 俺は故障直してこのイラつく警報止めてくるから、トイレは任せた!
 あ、そういや入りっぱなしの人が居るって行ってたな・・・
 もしかしてトイレに紙が無くて出るに出られないんじゃないか?
 グハッ!! ・・・・・・・急に青ざめかがみ込むブライギター。
 いや、何でもない・・・そう言うとヨロヨロと離れて言った。

☆刃
 あのワン公・・・QTの周りは奴のナワバリらしい。
 近寄って話しただけでも、攻撃してきた。
 流石『忍犬』だ、QTには一切悟られずに急所攻撃を放ってきたぜ。
 ちゅうかな、せっかく犬が居るんだから。
 ブロ子探させて見ないか?

1999年11月18日(木)19時06分天馬少年「今度は慎重に・・・」

 ボク達流星団も遂に800番なんだね!! ちょっと前ならそれこそ無理だと思ってたけどやっぱり人は助け合って生きていくものなんだね!
 流星団は開かれた組織作りを目指してるから、誰が入ってきてもオールオッケーなんだよブライおじさん、それが敵でもね。でもその代わり出て行くのは至難の技だけどね〜

>ブライおじさん
 わかったよ、でも調子に乗っちゃうのはボクら一族の特徴みたいなものなのさ
 きっといつの日かおじさんにも認められてみせるさ!

>葉月お姉さん
 でもたしか最初はコスプレ目的で装置をねだってたような…(笑)ぼくのは呪いなんだ! 気にしなくても大丈夫だよ、慣れたしね。

>悪の女ども
 くそ〜よくも正々堂々乗り込んできたな〜こわいよ〜悪なら卑怯な手段でやって来いよ〜ばかばかばか

>流星ロボの事
 ちょっとまってね、皆集まれる日に作ろうと思ってたんだ

1999年11月18日(木)19時48分ブライギター01「オジサンじゃねえ。」

☆天馬ガキ
 こら、ガキい!
 お前の兄貴のコーチ教官と俺はタメだ!
 オジサンって呼ぶな。
 半ズボン下ろしの刑!!!
「おーい葉月〜!! ちょっと見てみ。」

1999年11月19日(金)00時26分化学忍者・刃「ブロ子って誰?」

>ブライギター01
 それは良い考え……といいたいところだが、よく考えたら拙者ブロ子なる人物に会ったことはござらん。

 まぁいいや……心よ、ブロ子を探してくるのだっ!
(…物欲しそうな目線…)
 ちっ、仕方がない。このビーフジャーキーをやろう…(拙者のおつまみが〜(泣))
 なに、まだ不満? ではこの…「骨付きまんが肉」をやろう!!
(心は肉をくわえると、ブロ子を探しに行った……)
 ……あのようなわがまま犬に育つとは。一体誰に似たのやら。

1999年11月19日(金)04時47分【F】白金ティナ「確かに来てたんですね?!」

 それで、その販売員はいまどこに…?
 その方はわたくしの先輩ですの。
 一緒にこの辺を回っていたのですが、はぐれてしまったのです。
 それで探しながら仕事をしていたのですけれど…
 そろそろ定時ですので帰らなければ。
 …犬用永眠薬ですか? ああ、ちょうどひとつだけ持っていますわ。
 何にお使いになられるのか知りませんが差し上げますから、どうか先輩を無傷で返して下さい!

1999年11月19日(金)05時20分QTムーン「きゃああぁぁぁぁ、いやーーーッ!」

 まともに見てしまったらしい。何をって・・・ だからアレを。
 そして、あまりの恥ずかしさについ、思いッッ切り突き飛ばしてしまった。
 何故か、天馬少年を。

▼ブライギター01さま
 ばかばかばかー! 見ちゃったじゃないですかー!!
(トイレ掃除用のゴム手袋をしたまま、ブライギター01の胸を両手でドカドカ叩くQT)

▼流太くん
 違うわ! あれは博士が勝手に作ったのよ!
 それに、コスプレをする為じゃなくて『変身』する為に・・・ん?
 ま、まあいいわ。そういうことにしておいて。←自分でもよく解らなくなっている。
 そんなことより、突き飛ばしちゃってゴメンね。怪我はない?
 っていうか、早くしまってよ、ソレ!

▼刃さま
 そっかー。刃さま、ブロ子ちゃんとまだ会ったことなかったんだ。
 心ちゃんはわがままじゃないですよ?
 言うことをちゃんと聞いてくれて、とってもお利口さんです♪

 ええと、で、白金さん。
 ブライギター01さまのおっしゃる通り、販売員のお姉さんはトイレですよ。
 大丈夫。まだ男性陣は手を付けてませんから、無傷です。
 でも個室がふたつあるんですけど、両方塞がってるんですよ。
 どっちに入ってるのかな?
 あれ? 心ちゃん、どしたの? トイレなんかに入って来て・・・。
 ブロ子ちゃんを探しに行ったんじゃなかったの?

1999年11月19日(金)05時37分ブライギター01「まだ男性陣は手を付けてませんから、無傷です。」

 ↑どうゆうこっちゃソレ・・・
(デッサンが崩れたまま、ブライギターはそう一言つぶやいた。)

1999年11月19日(金)05時39分【F】ブロ子「クンクン、クンクン」

 あ、犬のにおいがする。ひょっとすると、チワワかポメラんが来てくれたのかな?
 なんか、そこはかとなく化学な匂いもまじってるよーな気がするけど、多分クレゾールかなにかだね、コレ。おーい、ボクはこっちだよ〜。

 地べたに這うようにしてドアの下の隙間から外を覗くプロ子。
 そこからは妙にゴツイ犬の足が見えた。

 ………………?
 ま、なんだっていーや。
 ほーら、「イヌの素」だよー。

1999年11月20日(土)04時29分QTムーン「いや、だから、ナンパです。<無傷」

 だってこの前、受付嬢までナンパしてたじゃないですか?

1999年11月20日(土)04時37分【F】白金ティナ「(わたくしのいうところの無傷とは・・・)」

(拷問などされていないか、ということだったのだけれど・・・ 考えてみたら、正体がバレていないのだから無傷に決まっているわね。)

 あの。ちょっと失礼して入らせていただきますわね。
 マ・・・ 先輩ー、そこにいらっしゃいますのねー?
 個室の中で化粧直しなどされては、みなさんに迷惑ですわ。
 早く出てらして、一緒に帰りましょう。

1999年11月20日(土)05時28分真黒緒子「プラ・・・白金さん来てくれたのねえ!」

 ガチャ!(ギックウ〜!!)
 勢い良く飛び出してきた真黒は驚いた。
 そこに居るのは白金のみならず、変な光景・・・
 隣の個室からにゅっと伸びた手、『犬の素』にむしゃぶりつく二足歩行の犬。
 何してるのこれ・・・思わず覗き込む・・・・・!!!!
「ブ、ブロンズィー!!」途中まで叫ぶと、はっと口を押さえて声を殺す。
 そこへ犬を追ってやってきた葉月と化学忍者は、追手にさえ見えてくる。
(ななな、何やってるのこの子は? しかも『犬の素』っていったい何?)
 いろいろパニクって目玉がぐるぐるいっている真黒。
 どうして良いか解からなくなった真黒は、咄嗟に白金の手を掴んで
 ブロ子の居る個室に飛び込み鍵をかけた。

(何なのこれは、一体どういう事!?)小さなトイレの個室に3人と一匹のぎゅうぎゅう詰め。
 ・・・犬ぅ! 犬まで入れちゃったわ!

1999年11月20日(土)09時51分天馬少年「ダメな大人達だなぁ」

 ああ〜っな…なんて事を〜! くそぅ…この馬鹿オヤジめ〜
 …もうすっかり当初の目的を忘れてボクのズボンを下ろすわ、悪人は出入り自由になってるわ…まったく一体何年生きてんの?
 ふう、そんな事では地球の平和を守るどころか締切だって守れないよ!?
 …まぁいいや、とにかくボクが司令になったからにはビシッといくからね!

>真黒のおばちゃん
 ボクは悪人には手加減しないよ! 正義の力を思い知らせてあげるよ!
 それっ! かかれブライ! QT! 刃!!
(あくまでこいつは役立たずの様である…)

>葉月…いや今はQTさんか?
 忘れてるかもしれないけど、その真黒おばちゃんはお姉さん『かも』しれない人だから取り敢えず殺しちゃだめだよ! あとで正義の説得で改心するかもしれないからね!

>ブライのばかおやじ
 ちくしょ〜お前なんかこの戦いで命を落としてしんじまえ〜、先生に言い付けてやるからな〜(先生って誰?)

>化学忍者・刃兄ちゃん
 いつもいつもいい時にいないな〜この人…取り敢えずそろそろ化学忍法でも使ってぱ〜っと活躍してよ!

1999年11月20日(土)12時26分ナナコ・ナデシコ「その頃ドリルナースななこは。」

  祝賀会で飲まされてほろよいモードで、せっかくナイスなおーるさいばーに改造してあげた天馬博士の死が信じられず、彼(の遺体)を探してうろついていた通路を、通風口を、地下を。

「博士〜〜〜ドコォ〜〜〜ひっくひっく、うぃっ」
 ここは博士の遺体が安置されている和室。
 白い衣に包まれ、南枕で寝かされている故人天馬博士。

 と、地下からあやしい鳴動音。
 ドリルの音らしい。
 ぼこっと、いう音がしてドリル音が止む。

 つーたかたったー、つーたかたー。

 みしっ・・・ずぼっ。
 突然、地下から現れるななこ。
 頭の上に畳ごと天馬博士を乗せているが、気づきゃしない(酔ってるしね)。

 ななこ「あれ〜? ここにもいないですの〜しくしく、天馬博士〜(ひっく)」

 念の為後ろを向いてみるななこ。

 みゅいん。

 畳こど回転する寝たきり死んだきり天馬博士。
 ななこ「にょ? やっぱりいないですにょ〜〜〜シクシクひっく<。なんかお線香くさい〜〜にょにょ?」

 ストン。

 頭をひっこめて再び地下へ潜るななこ。

 きゅうおおおん、どるるるるどりるどりる〜。

 ドリル音が三人と一匹がすしづまったトイレへと向けて遠ざかっていく。
 そして、ひゃくはちじうど回転した、たたみと布団と天馬博士だけが後に残った。
 ただし、北枕^^;の。

 どっとはらい。

1999年11月21日(日)02時47分化学忍者・刃「ガキのくせに…」

 言っていることは正論。つーかナマイキ。まぁ、お子さまには危機を前にしてこれだけ余裕をもてる大人の心なぞわかるまいて。
 まぁいい。そんなに言うなら化学忍法を見せてやろうではないか。
 ぬぅん! 忍法……(がすっ!!)うっ…!!(葉月に殴られる刃)
 な、何を……おおっと、そういえばここは女子トイレだったな。非常時とは言え、ジェントルマンたる拙者がいていい場所ではないと言うことか。
 では…あとは葉月に任せて、男性陣はさっさと退散することにしよう。

 …やっぱり肝心な所で役に立たない化学忍者・刃であった。

1999年11月21日(日)05時23分QTムーン「何言ってるの? 流太くん。」

 悪人って誰のこと? 販売員のお姉さん達に失礼じゃない。
 真黒さんが、私のお姉さんかも?
 ・・・流太くん、私、なんとか博士(←名前を覚えていないらしい)に造られたアンドロイドだよ?
 お姉さんなんかいないわ。多分ね。

 さて・・・と。白金さん、心ちゃん・・・あれ? いない。
 さっきトイレに入っていったはずなのに。んん??
 ・・・何かかすかに地響きというか、足に振動が伝わってくるなあ。
 地震?

1999年11月22日(月)09時51分天馬少年「おや」

 ブライ兄さんのお仕事はピークを迎えてるみたいだね…、来てないなんて珍しいや、お仕事もちゃっちゃっと片付けてまた下手なギターを弾いてよね!
 それは兎も角…QTさん! 騙されちゃだめだよぅ! こいつ等の体からは悪の匂いがほら、こんなに! それにおねえさんより色気がある所なんかいかにも悪っぽいじゃないか! 刃兄ちゃんも期待だけさせてそりゃないだろう!?
 このへっぽこ忍者! ほんとは忍法なんて使えないんじゃないの? …なんだろうこの音は…? うわっ! こ…このドリルのお姉さんは誰? …ななこさん? 初めまして、ボク流太!(自己紹介で危機感がいっきにふっとんだ)

1999年11月22日(月)20時23分QTムーン「ねえ、それって・・・」

 私に色気がないってこと? ・・・ふぇ〜ん!
 こんな子供に言われるなんて、ショックじゃな〜い!

 っと、今はそれどころじゃないわね。
 個室が1個開いている → 真黒さんは、まだ出てこない
 じゃあ、こっちに入っているのはきっと真黒さんね。
 私は空いた個室を先に掃除するので、ごゆっくりどうぞ〜♪

 流太くんも、変なこと言ってないで、はい。手伝って!
 ななこさん〜、トイレに穴開けちゃ困ります〜。

1999年11月22日(月)20時37分【F】白金ティナ「あの穴に…!」

 プラティナとマクローネは、手足に吸盤をはめて天井に張り付いていた!
 正気だったらきっと嫌がっただろうが、マクローネの目はまだぐるぐるしているので、プラティナが無理矢理吸盤を着けさせて天井へ押し上げた。
 プラティナは、ななこが空けた穴から、流星団に見つからないように外へ出ようと考えた。
 ななこが穴から出る、もしくは穴に戻ったら、Go! だ。
 尚、吸盤は二組しか持参しなかったため、ブロンズィは見捨てる。
 心は、未だ『犬の素』にしゃぶりついていた。

1999年11月22日(月)20時42分【F】青銀のシルヴァン「ああ、やっと解放されたよ。」

 おや、誰もいない…。
 ねえ、ラチル、みんなは何処?
 …まあいいや、その方が暇だし。
 ラチル、キミも暇だろ?
 僕の部屋で一緒にお茶でも飲まない?

1999年11月23日(火)00時22分ななこ「どりるんるんどかーんっ。」

(どりるで回ってさらに酔っている)

  あははは、もう開けちゃったですにょ〜。
 ついでにこうしちゃいますですにょ〜。

(マクローネとプラティナからはちょうどななこ
 とQTの体でさえぎられて穴がよく見えなかった)
「えい〜、どばどばどば〜」

(葉月ことQTが持っていた塩素系と酸性、ふたさの洗剤を穴の中に流し込むななこ。すごい反応がおきるが、なにせ深い穴のこと、くどいようだがプラ&マクからは見えなかった) 

 からになったですにょ〜、これも穴の中に捨て
 ちゃいますにょ〜、ぼいぼいのぼ〜いの、ぼちゃぼちゃのぷりんぷりんのぼんぼーん。

(穴の中は危険なことになっているが、やはり天井の二人には見えていない。その二人を誘うななこの開けた穴。それは、えもいわれぬ誘惑の波動を放っていた)

1999年11月23日(火)03時36分化学忍者・刃「この臭いは……!」

 やばい、塩素ガスが発生している!
 心! 葉月! 息を止めて退却しろっ!!

(トイレの外から叫ぶ刃。少しは化学忍者らしいところを見せたいのだった…。)

>天馬少年
 ふっ、拙者は技の安売りはしないのだ。
 どうしても見たいというのなら……おまえの身体に叩き込んでやってもいいんだが?

1999年11月24日(水)04時50分QTムーン「は、はい!」

 あわてて口と鼻を抑えて、トイレの外に飛び出るQT。

 心ちゃ〜ん、どこ〜?! そこにいるなら、早く出て来て〜!
 真黒さん達も〜! 危険ですよ〜!!

 心はQTの叫びを聞き付け、鍵を開けて転がり出てきた。
 涙を浮かべて心を抱きしめるQT。
 心の背骨が小さく「みしっ」と音を立てた。
 そして、ふと我に返ったQTは。

 そういえば、私、アンドロイドなんだっけ。
 それでもやっぱり、塩素は体に悪いのかしら・・・。

 なんて、思ってみた。

1999年11月24日(水)05時28分【F】白金ティナ「ああっ、何てことするのかしら!」

 早くここから出なければ!
 でも穴はダメですわ、怪しい煙が立ち上っていますもの。
 では、一体どうすれば…?
 ……。
 そ、そうですわ!
 正体がばれていないのだから、堂々と正面から帰ればいいんですわ!
 マクローネ様、わたくしに掴まって下さい、行きますわよ!

 プラティナは天井から飛び降りると、マクローネを背負って走った!
 出てきた2人にQTが気付き、「大丈夫ですか」と声をかける。

 先輩は過労で、個室の中で倒れてましたの。
 急いで病院に連れて行きますわ。では失礼!

 天馬少年が何か叫んでいたが、すれ違いざまに足を掛けて転ばせ、
(もちろん、他の者には見えないように)とにかく走った。
 胸元の開いたグレーのスーツ。
 手足には、先程装着した吸盤(蛙さんモデル)。
 背中には同じ様な格好をした美女。
 プラティナは、道行く人たちの視線を一身に集めながら、恥を捨てて走った。

 防毒マスクを落としてきたけど、ブロンズィは大丈夫かしら…?
 何故あんなところにいたのかわからないけれど、無事に逃げるのよ…。

1999年11月24日(水)10時27分天馬少年「流星団の皆さん…」

 登場したばっかりで凄く役立たずなボクだけど…やっぱりボクは役立たずさ
 だって来週までの命なんだ…ボク。
 知っての通り天馬一族はある一定の条件を満たすと呪いが発動する…そして、それは決して避ける事は出来ない、まるで役立たず所か名前が定着する暇さええられなかった憐れな少年、天馬流太…彼の死亡まであと4日…

 はみ出し通信 
 ブライギターさんお仕事頑張ってね☆皆、ブライギターは今猛烈に忙しい、是非応援の励まし書き込みをしてあげよう! 仲間じゃないか!

1999年11月25日(木)00時27分化学忍者・刃「関東支部出張中のブライギターへ」

 極秘任務らしく、拙者にも何をしているのか詳細は伝わってこないが、明日の栄光に向かってがんばれ!!
 終わったらまた飲もうではないか。踊りながら………

>QTムーン
 そなた、いつからアンドロイドになったのだ??(その時、ちょうど刃は山籠もりでいなかった……)
 ところで……心が泡を吹いて気絶しているぞ。強く抱きすぎじゃないのか?

>ガキ
 葬儀屋は手配した。安心して逝くがよい。
 ところで、洋葬と和葬、どっちがこのみだ?

1999年11月25日(木)02時13分QTムーン「そうだったんですか・・・。」

 お姿が見えないと思ったら、出張中だったんですか。
 頑張ってますか? ブライギター01さま。
 お体を壊さないように、気を付けて下さいね☆
 陰ながら、葉月は応援してます☆

●刃さま
 なったんじゃなくて、最初からそうだったみたいなんです〜。<アンドロイド
 私もつい最近、博士が亡くなるちょっと前に知ったばかりなんですよ。
 私には、自分でも知らない謎が、まだまだ沢山ありそうで、どきどきです。
 ・・・・・・ああっ、心ちゃん?!

●流太くん
 そう、あと4日なの・・・。
 一定の条件を満たした・・・って、どんな条件?

 ・・・困ったわ。
 流太くんの命があと4日と聞いても、全然悲しくならないわ!
 いくら彼に反抗していたからと言っても、基地内でそんな素振りを見せるのは不味いわ!
 博士や教官の時は、本当にショックだったのに・・・。
 やっぱり一緒にいた時間が短かったからなのかしらねぇ? ふう。←溜息

 あ、刃さま〜!
 ラベンダーの香りのするお線香、作ってくださ〜い♪

1999年11月25日(木)02時22分【F】青銀のシルヴァン「何やってるの? こんなところで。」

 買い物に出掛けようと、外に出たシルヴァンが見たもの。
 それは……。
 やっとのことでなんとか基地前に辿り着いたが、そのまま力つき、倒れているプラティナとマクローネの姿だった。

 2人とも、そんなところで寝てると風邪ひくよ?
 じゃあね、僕は駅前に買い物に行くから。
 夕方には帰るね。

1999年11月26日(金)07時21分(謎)「闇から響く声」

「貴殿も老いたようだな」
「……どういうことじゃ?」
「天馬とかいうあの小僧、先の日曜日には死ぬ筈だったのではなかったか?」
「ワシの呪術とて万能ではない。なに、彼奴にしてみれば、自分の身体が次第に蝕ばまれていく絶望的な1週間を与えられたに過ぎぬよ」
「だが、その間に呪返しを受ける可能性もあるのではないか」
「ははっ、彼奴らなど、ワシから見ればまるで幼稚園だ。おぬしの目こそ、霞がかかってきたのではないのか?」
「……だと良いのだがな(だが、刻が訪れるまでそう時間がない。間に合うのか?)」

1999年11月26日(金)10時46分天馬少年「いやだ〜死にたくない〜」

 このまま死ぬのかボクは〜
(そう彼等天馬一族は仙台で『ぷらいヴェ』なる呪いの儀式が行われるたびに死す…解ったかね? QT君)
 ウウ…刃さん、せめて土葬で英雄の丘に埋めてください…

 彼は余りに短命すぎてあまり愛されなかったようだ、つぎの天馬の一族は
 もうそこまで来ている…と思う

1999年11月27日(土)02時23分化学忍者・刃「発つ鳥跡を濁さず」

 ……と、古来より申す。せいぜい次の天馬一族の為に部屋でも掃除しておくことだな。
 土葬かぁ……めんどくせぇなぁ。死体が腐敗すると衛生上好ましくないしな。まぁ私の化学力があれば不可能ではないが……。
 それよりもミイラにでもならんか? ミイラになる意志さえあれば簡単になれるぞ。それが世界の定説だからな。

>QTムーン
 あのガキには、せいぜい便所の芳香剤を主原料としたジャスミン線香がお似合いと思っていたのだが、リクエストが来たらそれに答えねばなるまいな。
 早速富良野に飛んで原料を仕入れてくるか。

1999年11月27日(土)06時14分QTムーン「定説・・・」

 刃さま
 えっ・・・・・・と(^^;
 でも、あの、ミイラはやめて下さい。基地に飾ってとか言われたらヤだし。
 お線香は・・・だってほら、アレだし。←?
 半分残しておいて、アロマテラピーに使おうかと思ったんです♪ お香の代わり。
 あっ、富良野にいくんですか?! 私も行きた〜い!!

 流太くん
 まだ若いのにね。そう考えると、ちょっと可哀相かな。
 もう残り時間は僅かだけど、せいぜい悔いの残らないように・・・ね。
 ねえねえ、後任って、どんな人?
(余談:『ぷらいヴェ』を『ぶらいヴェ』と読んでしまい、ブライギターさんに何か関係のある儀式なのかと悩んでしまいました・・・)

 さてと。心ちゃんと散歩に言って来よ〜っと。
 流太くん、留守番よろしくね☆

1999年11月27日(土)06時16分【F】青銀のシルヴァン「↑誰?」

 空耳かな?

1999年11月30日(火)01時01分ブライギター01「よう、しけてるじゃねえか。」

 超特訓の出張が急に入り、皆に寂しい思いさせて済まなかったな。
 俺が来たからは何だってブラっと参上、ブラっと解決さ!

☆天馬ガキ!
 ようガキ、元気か?
 何もしないまま死んでもおもろくはないぜ、全くイベントのたびに死ぬなんて。
 くだらない決まりは、お前の思い込みから始まった事だろう。
 コーチ教官の時は面白かった!
 だが、博士からは死因がハッキリしないはドラマちっくにならないわで・・
 もう止めろ、死ぬ時は死ぬストーリー作りやがれ。
 つまらねえと思ったら、すぐに取り決めも切り捨てるくらいじゃないと。
 頭が固くなるだけだぜ、ちゅう訳で。
 天馬ガキィ、お前はまだまだ俺達に無邪気なイヤミぶちまけキャラ続けろ。
 呪いなんか無かったのさ・・・死にたくなったら呪いより強烈なモノぶち込んでやるから大安心!

☆QTムーン
 お前の応援は向こうでも聞こえたぜ。
 訓練は成功し・・・というより「間に合った・・」が正しいな。
 何の事か分からないって?
 この成果は、12月05日頃に全国で解かる、『温か牛乳』これがヒントだ!
 詳しい事は恥かしくて言えない。

☆刃
 ぬぬ、残念ながら『踊り飲みの会』には参加できなかった、残念だ。
 それに1月には引越しするので、最早あの場所に行けるのかさえ疑問だ。
 こっちに居る間、また何かのイベントに一緒出来れば良いな。

 さてと、未だやり残してる事は有る。
 アメリカマンからショッキングな情報が入ってる(><
 ガビーン状態だな・・・

1999年11月30日(火)01時07分化学忍者・刃「足の裏診断」

>QTムーン
 富良野に行く予定だったが、雪が降って飛行機が止まってしまったので仕方なくあり合わせで間に合わせることにした。
 ちょうど近所で「北海道物産展」とかやってたしな。なんとか、ガキの葬式までには間に合うようだ。
 リクエスト通り多めに作っておいたから、葬式が終わったら持って帰ると良いぞ。
 って、結婚式のキャンドルサービスのロウソクと同じ感覚だな、こりゃ……(笑)

>ガキ
 そろそろ死んだかのぅ……?
 土葬はなんとかなりそうだが、英雄の丘が埋まっていたので、仕方なくAUの丘を使うことにした。
 どんな丘かは葬式当日のお楽しみ☆

1999年11月30日(火)01時23分マクローネさん「ふう〜。た・たすかった・・・」

 もう、どうなっちゃうかと思ったワ!
 というか、あんな処が流星団基地だったなんて。
 アタシったらあんな処に迷い込んじゃうなんて・・・過去に販売員してたから夢中になってしまったようね。

★プラちゃん
 たすかったわ〜!
 流石あたしの四天王ね!
 御褒美に大特進〜!!
 あなたには『巨大化爆破』の技を授けるワ!
 これは、死にそうな怪人に最後の力を与えて巨大化させるエネルギーよ。
 あなたの好きな方法でビビビ〜っとやっちゃって良いワよ!

★ラチル
 ところででラチル・・・
 あんた、救助信号切ったわね?
 そういや新しいお仕置き部屋、試さなきゃね。
 行ってらっしゃい。

 お仕置き完了したら、一言感想述べてね。

★シルヴァンちゃん
 お仕置き修了お疲れ様。
 プラおねいさんは能力手に入れて頑張ってるワ。
 あなたも頑張ってくれれば、『個人ホンジョゲレ時空発生能力』をあげるから。
 お姉さんに負けない様に頑張りなさいね。

1999年11月30日(火)01時52分ドクロイド船長「お仕置き第一号【ラチル】」

 優雅なお昼のティータイム。
 未だシルヴァンの部屋でお茶しているラチルに、降りかかる悲劇!
 数分後その部屋にはティーカップのみが転がっていた・・・

【お仕置き船】
 ゴ〜ン・・・ゴ〜ン・・・(漕ぎ手に合図する銅鑼の音)
 縛り付けられるラチルの前には、船長スタイル片目の骸骨。
 折りたたまれた8本の腕を広げると、あらゆる拷問道具がそれぞれに握られてる。
「地獄のルーレット回転!」
 舵がカラカラと回転し、ラチルの運命を決める・・・・・
 ・・・・【なかよしコッコの刑】

 嫌がり暴れるラチルの全身にマーガリンがつなぎとして塗られ、
 揚げ物の衣を着けるように鶏の餌がまぶされる。
 後は50羽ほどの腹ペコ鶏小屋にほうり込まれた・・・・
 ラチルは見えなくなるほど鶏に囲まれ、無事仲良しになっているようだ。

 報告終わり。

1999年11月30日(火)03時04分ラチル「うぎゃひ〜!!」

 ぎゃあああ、たす、たすけひ〜〜!!

【感想】
 鶏と仲良くなれました、もうしませんから許してください。
 私が悪う御座いました(泣)

1999年11月30日(火)06時07分【F】青銀のシルヴァン「なんて恐ろしい…!」

 今度のお仕置き部屋は半端じゃないようだね。
 ……ふっ。気を付けよう。

1999年11月30日(火)06時08分【F】白金のプラティナ「あ、ありがとうございまふ…」

 ↑まだ疲れがとれていないようだ。

1999年11月30日(火)06時33分QTムーン「おっかえりなっさ〜い♪」

◆ブライギター01さま
 お久しぶりですね〜。出張、お疲れさまでした☆
 ヒントもいただいたことですし、成果は後ほど見せて頂きましょう♪
 あれ。出張の次はお引っ越しですか? 大変ですねえ。

◆流太くん
 本当に具合が悪かったようだけど・・・大丈夫?

◆刃さま
 富良野〜(涙)。
 むむ? 足の裏診断・・・ もしかして、出来る、とか。

 ところであのあと、ななこさんはどうなったの〜?
 酔ってたみたいだし、塩素ガスも出てたし、心配です〜。

 さっ、心ちゃん、寝よっ☆
 刃さまが作ったお線香、寝る前に焚こうね。
(QTがいっぺんに沢山のお香を焚いた為、香りがきつすぎて鼻の良い心は部屋の中にいられなかった・・・)

1999年11月30日(火)07時21分呪いJIJY「「呪い」と書いて「まじない」と読む。」

 否! 否否否否否否否否否否ーッ!!
 くくっ、あの小僧。ワシの呪術を破り、まだ生きておるとは!!
 毎朝配達される明治牛乳に砒素を入れていたワシの苦労を台無しにしおって!
 ……奴は危険じゃ。生かしてはおけぬ! 事ここに至っては、もはや禁断の秘技『スノー・ホワイト作戦』を出し惜しみしている場合ではなさそうじゃ。
 見ておれよ、小僧。この甘ーいリンゴはいかがじゃな?
 ヒョッヒョッヒョッヒョッ……。

1999年12月01日(水)01時36分天馬爺「爺見参!! 悪・即・撲じゃ!」

 突然ブラック団の話の流れなどまるで無視して疾風のごとく御老人が現れた!
 あっけにとられるマクローネのちゃぶ台(20年愛用)をひっくり返すと華麗に変身ポーズをきめ、見たくも無い爺のオールヌードを見せつけられ、5秒後に白い覆面に白マフラー、サングラスにゴム長という30年程前のポピュラーな姿のヒーローになった!
 『とう! 御主達が悪いやつらじゃな!? 懲らしめてくれる!』
 どうも言いまわしが古い、だが昔のヒーローは殺すなどとは言ってはいけない僕等のみかたなのだ!
 『月面ムーンサルト宙返りキ〜ック!』
 英語と日本語が被りまくった謎の技をくりだす爺マン! どうなる? マクロ〜ネ

1999年12月01日(水)01時36分マクローネ「何のお話?」

 呪いとか何とか・・物騒な話ししてるのね。
 小僧ってどの小僧の事かしら?
 流星団に居たあの小僧?
 それに『スノーホワイト作戦』て、どんなモノなの?
 解かるように言ってくれなきゃイヤンよ。

1999年12月01日(水)11時24分天馬爺「ワシが天馬昭三郎じゃ!」

 おおう、次から次へと身内が呪いで死んでいくわ…
 うむ、自己紹介をせねばなるまい、わしが天馬昭三郎
 天馬一族の長老じゃ! ジジイと思うて侮るでないぞ!
 わしの老人パワーのまえにはブライギターや刃のような若造ヒーローごとき屁みたいなもんじゃ! なにせ若い頃は鞍馬天狗や月光仮面と対等に渡り合ったものじゃから、
 その実力たるや半端ではないわ! カカカカカカ!!

>旧亭むーん
 流太はしんだ! あのような軟弱者は今まで生きてこれた方が不思議じゃったからの、悲しまんでもよいぞ!
 それよりわしはムチムチのお姉ちゃんは大好きじゃ!
 毎日牛乳を飲んではやくムチムチになり名前を『せくしーむーん』と改めるのじゃ!!

>化学忍者・刃
 うむ! 忍者はやはり日本に居てこそ忍者である、おぬしはなかなか見所が有りそうじゃ! よいか、忍者である以上死ぬときは顔を爆薬でつぶすのだぞ! ジジイとの約束じゃ!

>ブライギター01
 うむ! 遠征ごくろう! やはりガキんちょには司令は務まらなかったらしいでの、ワシが買って出た次第じゃ! 早速だがうぬには使命をやるそろそろ年の暮れだ、忘年会を企画せよ、もうすぐ寂しくなるからの…

1999年12月02日(木)02時22分化学忍者・刃「いや、ちょっとな。」

>QTムーン
 いつだったか、法の華のまねをして、天馬ガキに「ガンで死ぬ」とか言って泣かせたりしたのを思い出してな。
 いざ死んでみると、そのような些細なことが思い出されるものよ。

>ブライギター01
 お疲れさまでござった。これからゆっくり休まれよ。
 引っ越しでござるか? むむ〜。来年は寂しくなること請け合いだの。
 せめて忘年会にでも顔を出したいところではあるが(そして私の酒入り忍者ステップを披露したいところであるが)、今年は本格的に拙者も忙しくなりそうで時間がとれるかどうか。
 まぁ、それでもいずれはまた飲む機会もあろうよ。

>故・天馬少年
 だれも奴の死体を片づける者がいなかったので、仕方なく拙者が遺言に従い葬儀を執り行った。こっそりと忍者式に。
 場所はAU(青森大学)の丘。死因はわからんが、綺麗に死んでくれたので研究生が喜んでいた。実験が終わったら元通り縫合して土葬してくれるそうだ。
 なお、死体を提供してお駄賃をもらったが、ラベンダー線香を作る材料費に充てたので収支はとんとんであったことを報告しておく。

>天馬爺
 久々に強力なキャラの登場だな。
 その威勢がどこまで続くか、楽しみでござる。
「ご老体、風邪には気を付けてな(にやり)」

1999年12月02日(木)02時46分ブライギター01「まあ、ジジイじゃあ俺も若造だろう・・・」

 よう、天馬。このページ残したいなら言っとくぜ。
 お前のイベント発生にかかってるぞ。
 俺が忙しいい時は無理なのは、お前も十分解かってるはず。
 キャラ替えるのがイベントと思うなよ。
 絡めるストーリー作って書き込めよ。
 最低限理解してほしいのは、お前のページだって事だ。
 キャラ作ったらストーリーとイベント用意しろ。
 じゃないとカキコする方も辛いぜ。
 Net繋げない自分の環境に甘えるんじゃねえ。
 最低名簿にでもキャラ作っとけよ。
 今はちょっと他のコメント出来ねえ、酔ってるから・・・後でまたレス付けるわ。

1999年12月02日(木)07時17分リンゴ売りJIJY「ぱ〜ぷ〜♪」

 青森特産あま〜いリンゴはいかがじゃな?
 産地直送、甘みは効いてもシュガーレス。
 お母様も是非お子さまに勧めてあげて……え?
 つい最近、お子さんが亡くなられた?
 おおう、それはそれは。
 死因は……原因不明? 薬物反応もなし?
 そんな筈は……いや、なんでもござらん。
 それでは、本日はこの辺で。

 ぱ〜〜〜〜ぷ〜〜〜〜〜〜〜…………‥‥‥‥・・・・
(ドップラー効果を残し、遠ざかっていくチャルメラコールであった)

1999年12月02日(木)08時33分ナナコ・ナデシコ「回想シーン」

 時はさかのぼる。

 塩素ガスですっかり臭くなってしまったナナコは、天馬くんをひっつかんで連れて逃げて、基地の大浴場にいた。
 最後の思い出作りと、塩素臭さを落とすために。
(かぽーん。ぽこぽこぽっこん、ぽこぽっこん)
 ナナコ「あーいいお湯ですのー、天馬くん。あとでお背中流してあげますですの〜」

(ぽちゃぽちゃのぷりんぷりんのぼんぼーん)

 天馬「ふっとおおおーーーっ」

(真っ赤になる天馬。でもちょっとかなりうれしそう^^;)

(つづく。つーか、誰かつづけて^^;)

1999年12月02日(木)09時48分天馬爺「う〜む」

>ブライギター01
 いや、すまない、でもな〜別にこのページ何も考えていないっちゃ〜それまでだもんなぁ…友人と気まずくなってまで無理にHPやろうとは思わんので、取り敢えず少し閉鎖も検討してみる…

1999年12月02日(木)11時43分ブライギター01「↑別に怒ってたりしないよ。」

 むむ! 俺も言葉に気を付けよう。(反省)
 前の俺のカキコ、後で見ると怒気が有るように取れるな・・・
 そんなつもりじゃあないんだ、スマン。

 言いたかったのは、こう言う事。
 コーチ教官の時は、皆に無茶な訓練押し付けるキャラとして、こちらやる事有り。
 博士の時は、変なもの作りで、こちらも突っ込みようが有り。
 ガキは捨てキャラ過ぎ・・・もっとネタを振って欲しいって事。

 書き込んでくれる人がネタ振ってるのに、ページの持ち主がレスだけだと。
 どうも停滞してるように感じる、それを避けたい訳よ。
 キャラ替えるのにも何かのイベントにして欲しいのさ。
 もちっと過去を見直して、違いを確認して欲しい。

>りんご売り
 おう、一つ貰うぜ!

>ナナコ
 ぽちゃぽちゃのぷりんぷりんのぼんぼーん・・・・
 木の上から双眼鏡片手に、そうつぶやくブライギターの姿が有った。(回想)

>QT
 心を連れて部屋に帰ると、そこには風呂上がりのガウンを羽織ったブライギターが居た。
 テーブルには赤マムシドリンクの空き瓶2.3本・・・&食ったであろう毒りんごの芯
「待ってたぜハニー!」
 おもむろにガウンの紐を解き・・・ガバ!!(何をやってるんだこいつは?)
 危うしQTムーン!?

>刃
 今度化学で漫画のネタ考えてくれ・・・厳し〜!

>爺
 むむむ! 爺さん、天馬一族の呪いでその歳まで生きているとは。
 つわものだな!
 今は暇だから俺と将棋でもうとうぜ・・・・・
 特別ルールで俺の駒は全て香車扱い。ひっくり返ると飛車移動ね。

1999年12月03日(金)02時27分化学忍者・刃「ところで化粧品売りはどこへ……」

 塩素ガス騒ぎに乗じてすっかり忘れていたが、いつの間にか消えていたな。
 まぁいいか。これでこの基地にも平和が戻ったとしておこう。

>ナナコ
 ぶくぶくぶく……にやり。
 湯船の中で水遁の術を応用し、潜望鏡片手ににやける化学忍者の姿があった。(回想)
「うっ……言っておくがな、心の様子が心配だっただけで別に覗こうなどとは…」

>リンゴ売り
 怪しい……薬物反応はないが、青森県人としての拙者の勘が危険を告げておる。
 ブライ、念のため食べないほうが……遅かったか。
 まぁ、ブライの様子をみて拙者も食べるかどうか決めることにしよう。

>ブライ
 化学ものか……ノーマルなところで試験管をつっこむとかいうのはどうだ? フラスコとかでも可。
 何でもアリだったら人体改造とかまぁいろいろ。
 NHK教育的に、お姉さんととんまな人形ネタも良いな。
 これくらいの妄想でよければどんどん出すので、勝手にネタにしてくらさい。

>爺
 みんなで楽しく、が一番!
 爺だけではなく、みんなネタふりに気を付けるってことでよいのではないか?
 拙者もかなりわかりにくいネタ振って白けさせたことが多々あるので反省せねばならんのぅ。

1999年12月03日(金)05時56分写真家JIJY「むむむむむむむむむ」

 カシャッカシャッカシャッ。
 超高性能望遠レンズを付けた念写カメラで大浴場を撮影するJIJY。
「いや、ワシはあの小僧の様子を見にじゃな……。と、隣のおなごのことなぞ知らぬ!  存ぜぬ! いや、じゃから、話を聞いとくれよ、おまわりさん!」(回想)

1999年12月03日(金)09時52分天馬爺「上の爺はだれじゃ?」

 良く見るとこの掲示板には爺が2人もいるのか? JIJY…『じぇーあいじぇーわい』と読んでたわ…だんだん高年齢化していくの〜
 ウム…ネタの振りには以後留意せねばならぬわい…こちらこそすまぬ

 それでは爺なりのネタふりでもやるとするかの、御主等若いヒーローには絶対必要な物がある、それは変身のキーワードでもお色気シーンでも生き別れの兄弟でも無い、今更ではあるがそれは『敵』の存在じゃ! どうも暗黒何たら団とか言うのがいっぱしに敵である事を主張しているようだが、あんな頭わるそうなボインちゃん(死語)に率いられた奴等なぞちゃんちゃら可笑しくっておならプーじゃ
 そこで我々としてはこのあまりに張り合いの無いへっぽこ組織に『喝!』をいれるべく、いまから暗黒何たら団に殴りこみをかけ少しハッパをかけてやるのじゃ! 『一人怪人一殺』これが目標じゃ! 正義の怒りを思い知らせるのじゃ!
 ではワシは早速暗黒何たら団にいってくるぞい! つづけ〜!

 PS・JIJYさん、あんたはヒーローか?

1999年12月03日(金)16時03分QTムーン「はふう・・・」

 昭三郎さま・・・ とうとう私も呪いにやられちゃったの。
 なんと「接続する際のパスワードが無効な呪い」ですよ!
 ・・・ふふふ。
 あんなに長文打ったのに。反省文も書いたのに。しくしく。
 また後で思い出しながらカキコしますです〜。今は気力が・・・(号泣)。

1999年12月03日(金)16時25分マクローネ「ぎゃん! な、何者!?」

 突然の裸とちゃぶ台返し、そしてその姿の古臭さに呆気に取られたマクローネ。
 アオリ構図のカメラ前でトランポリンで飛んだ様に吹っ飛ばされた。
 ご丁寧に体からは火花と煙りの演出効果付きだ。
(くう、油断したワ・・でも見るからに普通のバイク乗ってピストル持っちゃうようなヒーローね。)
 でも今時ピストルで殺られる悪はそう居なくてよ。
 悪の特撮、いや科学力と時代の進化を思い知らせてあげるワ!
 『暗黒ホソナガッチョ時空発生!!』←(名前が違う、どうやら憶えてないらしい)
 ボヤ〜ン・・・怪しげな装置から発生する空間に囲まれるブラック団基地。
 ウフフフ、この中でどれだけの力を見せてくれるのかしら?
「【F】戦闘員かかれ!」ビシッとポーズを決めて昔ヒーローを差すマクローネ。
 無数のモジモジ君、じゃ無くて戦闘員が天馬爺に迫る。
「そういや、ここに乗り込む勇気有るヒーローのお名前聞いてなかったわね。
 私に手傷を負わせた御褒美として憶えといてあげるワ!」
 一呼吸おくと、妙に芝居掛かった調子で一言・・
「お前、何者だ!?」・・・・マクローネ、何かノリノリの様だ。

1999年12月04日(土)03時00分化学忍者・刃「どういうことだ?」

 天馬爺の言葉に従ってブラック団基地へと来てみれば……
 やはりあのリンゴ売りはブラック団の手先だったようだな。
 しかし「あの小僧が呪術を破って生きている」? あの小僧って天馬ガキのことか?
 だがあいつは私が確かにAUで解剖したあと丘に土葬したはず………
 まさか……死んだと思っていたら生きていたとかいうオチだったりしないだろうな。
 ……この件に関しては聞かなかったことにしよう。

 それよりも天馬爺、なかなかやるな。
 月光仮面と互角に渡り合ったその実力、まずは拝見させてもらおうか。
 マクローネが変な術を使っているが…いざとなれば拙者が助太刀するから心配はあるまい。

1999年12月04日(土)04時47分ブライギター01「無茶しいな爺さんだな・・」

 悪にはっぱかけてどうするよ、悪い事しだすじゃねえか。
 でも俺もこの後行ってみる。(何か手軽)

>QT
 天馬と同じ現象かな、嫌なもんうつったな。
 ところで反省文って何書いたんだ? なんか悪い事したのか?
 イケマセンな、俺の様に健全に生きネバ!!!!
(↑一番健全じゃないのがコイツだ)

>刃
 フ・・・フラスコ・・・・それをノーマルと言い放つナイスガイ。
 ちゅうか、俺が漫画のネタどうの言うと皆エロ想像しちゃうんね?
 良いサそれでも、開き直る事にすっから。
 どっちかってと、お姉さんとトンマ君みたいなのがスッキやな。
「お姉さん! フラスコがこんなに奥まで〜!!」・・ってやっぱフラスコかよ!?

 さ〜てブラック団に行ってこよ。

1999年12月04日(土)06時33分QTムーン「はんせいぶん。」

 だって皆さんが↑で色々と反省してたから〜。私も日頃から思っていたことをちょっと書いたんです。
 私が白けさせてるんじゃないかな〜とか、ネタふり任せっ放しだな〜とか・・・。
 あ、あとね、小心者の私は、ブライギターさまに自分が怒られているようで、ちょっぴり怖かったです、とか(笑)。
 ああ、もう書きたいこといっぱいあったのに、もうネタが時効だよぅ〜!
 ・・・なんてここで喚いていても、皆さんは暗黒団に乗り込んで行っちゃって、誰もいない・・・。
 ・・・・・・心ちゃん、私達も行くだけ行ってみようか。でもあそこ、危険なんだよねぇ。大丈夫かなあ。
 それより、基地を留守にしちゃっていいのぉ〜??

 とりあえず。
★昭三郎さま
 うわあ〜。元気なお爺さんですね〜・・・。よろしくお願いします☆
 あ、私は『旧亭』じゃあなくて『QT』なんですけど・・・。
 セクシーになれるよう、頑張りますです!

★刃さま
 刃さま・・・結構影で流太くん、イジメてたんですね・・・(笑)。←?!

★ブライギター01さま
 ろ、ろ、ろ・・・露出狂だったんですかぁっ?!

1999年12月04日(土)06時42分【F】怪人ヌレパンダ「ヌレヌレ〜!」

 お前も悠著に構えてられると思うなヌレ〜!
 侵入者は許さないヌレ〜!
 急に後ろから、びっしょり濡れたパンダ怪人出現。
 あれに捕まったら、ヌル暖かでやな感じだ!

1999年12月04日(土)06時49分【F】白金のプラティナ「いまこそ、この技を・・・」

 マクローネ様から授かった『巨大化爆破』!
 ヌレパンダっ! 巨大化して、奴らを叩きのめすのよ!!

 プラティナはまだ筋肉痛がとれないため、自分では戦えないらしい。
 チョップの為の筋肉しか、鍛えてなかったもんね・・・。

1999年12月04日(土)06時52分QTムーン「うにゃあぁぁ・・・」

 心と手をつないで、とりあえず来てみたものの・・・
 ヌレパンダを目の当たりにして、後ずさりをする根性なしヒロインQTであった。

1999年12月04日(土)07時40分【F】怪人ヌレパンダ「ぎょえええ!?」

 ヌ〜レ〜パ〜ン〜ダ〜〜!!
(ガアン! それって死ぬ寸前の怪人に使う技じゃ!?)
 心でそう思いつつも、でかくなるのを止められないヌレパンダ。
 そして一気にこの空間の「不快指数」が上がった。

 元ヌレパンダが居た場所には、びっしょりと暖かく濡れたブライギターが、
 不機嫌そうに息を切らしていた・・・・
 ああ、こんな所に居たんだね。

1999年12月04日(土)07時40分【F】怪人ヌレパンダ「やるの〜」

 マクローネの予想どうり爺は古臭いリボルバーを2丁構えて次々雑魚戦闘員を撃ちまくっている、音は勿論『ズキュ〜ンバキュ〜ン』
 オマケに銃口からは大げさな火花、弾道は煙で見えるときた、マジでアナクロだが効果の程は侮れない、なんと言ってもなぜか弾切れしないのだからたまらない。
 『ひゅ〜』
 爺が口笛を吹くとどこからともなくホンダのバイク(125CC)が突っ走ってくる、どう見ても普通のバイクに飾りがついただけだが、なぜか時速1000キロという無茶な性能を誇る、昔のヒーローはこの様に科学考証など鼻で笑い飛ばすような持ち物が多かったのだ、常識に縛られた現代ヒーローの悪役など敵ではない。
 『ゆくぞ! ボインちゃん(死語)!』
 マクローネ最大のピンチだ! 既に30発は撃ったリボルバーがピタリと狙いを定めた!

1999年12月04日(土)10時15分留守番AI「いいのいいの」

 あ〜あれはQTちゃんにはまるで関係ないから、べつになんも問題な〜し
 ま、はでに暴れてきてね(コンピューターペガサス)

1999年12月04日(土)19時48分呪いJIJY「なんじゃ? 外が騒がしいの。」

 ブラック団の一室。そこは全てが赤で彩られた場所。
 敷き詰められた赤い絨毯は、まさに深紅のクリムゾン。鶏のトサカに赤ピーマン。さらには、赫奕たる異端までが所狭しと吊されている。そこでシャアザク(1/144)の塗装をしていた赤ら顔の占いJIJY(シンナー酔い気味)は、ふと顔を上げた。こころなしか、部屋の湿度が上がったような気がするのだ。水分はアロンアルファの天敵だ。みんなも十分注意しよう。
「いったい何事じゃ?」
 机の隅にある水晶球を手元に寄せる。そこに写るは、隣の部屋。
「ぬ!? こ、こやつは!! ……くっくっく、まだ生きておったか。何が流星団の新司令、天馬爺じゃ。世間は騙せてもワシは忘れはしなかったぞ。あの日いったいナニがあったのかを!!」 
 すかさず部屋を飛び出し、隣室の前へ。
 その扉にガチャリとゴツイ南京錠をかける。
 もちろんランチェスター大聖堂の聖水に1週間漬け込んだ特製品だ。
「けひゃひゃひゃひゃひゃ! その中で、身体中を切り刻まれて苦しむがいいわ!」
 JIJYがガコンとレバーを下げると同時に、天井から多量の笹の葉が舞い降りた!
 危うし、流星団!!?

1999年12月04日(土)20時47分マクローネ「うう・・こうなったら。」

 何てこと!? 前触れも無く4人と1匹が殴り込んでくるなんて!
 まさかこんなに追いつめられるなんて思っても見なかったわ。
 それに『爺マン』道理が引っ込む強さだワ。でも・・・・カッコ悪いわよゴム長。
 それにしても、こっちは基地内だというのにアタシとプラチナしか居ないじゃない。
 しょうがないワね、『備え在ればうれしいな』(ウレイナシだ)これを使うしかないわね!
「【F】カプセル怪人軍団!!」
 取り出したカプセルを数も確認せず投げまくるマクローネ。
 爆炎と共に即席お助け怪人達が次々と現れる。
 ここは任せたワ、時間稼いでちょうだいね!

1999年12月04日(土)20時51分【F】怪人ヌレパンダ「笹?!」

 パンダの義務として食べなくては・・・ムグムグ。
 意外と可愛い食べ姿だ。

1999年12月04日(土)23時53分化学忍者・刃「今だッ!」

「忍法パンパースの術!!」
 刃がそう叫ぶと、どこからともなく現れた巨大な紙おむつがヌレパンダを包み込んだ。
 水分を吸収する「超ドライ吸収ポリマー」がヌレパンダの水分を吸い取っていく……化学的だ。
 最後には、干し椎茸のようにひからびた怪人の残りかすが残された。
「ふっ、多い日でも安心だな」
 製品は違うがまぁよし。そして紙おむつはトイレのコーナーの汚物入れに捨てられたのだった。

「しかし……敵の数が多すぎるぞ! QTもびびってないで、アンドロイドの力を奴らに見せつけてやってくれ!」

1999年12月05日(日)00時36分化学忍者・刃「置き手紙」

 その置き手紙には、いろいろなまんがのネタが書いてあった。
 しかしその大半は18禁のため、ここでは公表できない。

>ブライギター
 貴殿のまんがと言えばエロものしか見たことが無かったので……すまぬ。
 一般向けだと、鎧とか戦とか、そーゆーキーワードしか出てこないのぅ。

☆さんとこのPB3でもまんが化してみたら? ダンジョンの闇が結構良いかも。

>QTムーン
 ふっ……忍者は影に生きるのが定め故、いじめも影にてこっそり行うものなのだ。

1999年12月05日(日)02時44分QTムーン「は、はあ・・・」

 刃に促され【F】カプセル怪人軍団の前に進み出るQT。
「ううん・・・ この空間では、確か私達の力は弱くなっちゃうんですよねえ?」
 だとしたら、必殺技も使えないかも・・・?
 とりあえず地味に、訓練室で特訓させられたプロレス技で応戦してみる。
 だがこれではひとりずつしか倒せず、結局気が付くと取り囲まれてしまっていた。
 じりじりと、怪人達が輪を縮めてくる。
 目を閉じ、怪人達との距離を気配で感じながら、QTは打開策を考えていた。
 そして・・・。 じゃきいぃん!!
「心ちゃん、ごめんっ!」
 QTは、棘付きの首輪と鉄の鎖を取り出し、心に装着した! そして、力の限り、振り回す!!
 側にいた怪人の何人かは、心とぶつかって跳ね飛ばされた。これならQTでも、何人かは倒せそうだ。しかし、心がいつまでもつかが問題である。
「心ちゃんごめんね、許してね。無事に帰れたら、お風呂で洗ってあげるから! おいしいご飯も、いっぱいいっぱいあげるから・・・」
 心を振り回しながら、QTは心の中で泣いていた。
 心の飼い主は刃だということは、あえて気付いていないことにした。

1999年12月05日(日)02時50分【F】青銀のシルヴァン「ん?」

 外が騒がしいね・・・。せっかくふたりで静かにお茶してたのに。
 どうやら流星団の奴らが乗り込んできたらしいね。
 ラチル、きみ、誰か一人、適当なのを拉致して来たら?
 僕? 僕は・・・いいのさ。いまはちょっとアレだから。
 お手柄はキミに譲るよ。レディーファーストさ。

 自分では何もしないくせに、無責任なことをいう。
 シルヴァンはそういう奴だ。

1999年12月05日(日)07時44分ラチル「ブラック団期待の星ラチル参じょ・・・げふう!!」

 うん! 行ってくるでアリマする!!
 意気揚々と飛び出したラチル。

 前口上述べる間もなく、ブライギターにKOされてしまった。・・リタイア。

1999年12月05日(日)10時19分天馬「ちょいとすまぬ」

 ちょっとしたハプニングでこれから1週間程顔みせられん、その間仕方ないから『天馬爺』は【F】キャラ扱いにするっす
 殺しても何してもいいけど・・・お手やわらかにね、勿論別にほっておいても構わないけど(笑)

1999年12月06日(月)06時19分どりるナース・ナナコ「ゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴコゴゴゴ・・・」

(どっかーんっ! どりどりどりどりどり)

 突然、床をどりるでぶちやぶって現れるナナコ。 どうやら、流星団のみんなを追いかけてきたらしい。 穴から顔を出してあたりを見回す。

  にょ? にょにょ??
 ちょっと(笑)迷走しましたけど〜
 なんとかついたみたいですの〜
 でもここはナニしてるとこなんでしょう〜

 床でへだらに気絶しているラチルに気づく。

 あ、こんなとこに誰か倒れてますの〜、
 仲間じゃないですの〜、知らない子ですの〜
 えい、ぶにぶに〜のつんつん〜。

 とりあえずラチルのほっぺぷにぷにのつんつんなナナコであった。

1999年12月06日(月)09時02分ナナコ入浴親書「今、お風呂を覗くともれなくぽちゃぽちゃのぷりんぷり」

 んのぼんぼーんが堪能できます^^;。
(ここまでタイトル^^;)

(ぴちょーん、ごしごしごし)
 ナ「さあきれい綺麗しましょうですの〜〜〜」
 天坊「・・・うん(真っ赤)」

(某氏とか某氏が覗いてることなど露しらず、天馬少年を洗うナナコであった。後日、逝った彼の顔は満足気で安らかであったという・・・・)

 数日後、一人の少年の墓に撫子の花をそえる女性(どりる付)の姿があったとか。

 ううっ、ええ話や(←誰だよ)。

>天馬おじいちゃん

 はじめましてですの〜もうお年なんですから〜無理しちゃ駄目ですの〜、あと,どりーむきゃすととか言う機械を買うといいですの〜キーボード付で〜。でもキティちゃんDC高いんですの〜欲しいのに〜るるるー(泣)。
(お帰りお待ちしてまする)

>覗いてた人たちへ

 ナナコは最後まで気づきませんでした^^;。
 あめでとう! 、至福の時間とえっちぃ写真を見事げっとしたのは君達だ!

>ブラック団行き

 どうしましょう〜〜〜。
 せっかくオフロで綺麗になったのに〜
 なんか行くとまた汚れちゃいそうで〜〜〜、
 はわわわ〜。
 ・・・仕方ないですの〜なんとかするですの〜。

1999年12月08日(水)00時02分化学忍者・刃「至福の時間の終焉」

 ななこがバスルームを去ったあと。
 湯船は地獄の地の池のごとき色に染まり、幸せな顔をして気を失っている刃がぷかりと浮かび上がった。
 湯の中での水遁の術と、ななこのセクシーダイナマイツが刃の鼻孔の毛細血管をぶち切った結果である。

 ……ていうか、同じ湯船に入っていながら手を出せない刃は小心者っぽい。
 後に彼にこのことを言うと「忍者たるものいかなる状況でも云々」と言い訳をしていた。
 両方の鼻穴に丸めたティッシュを詰めて。

1999年12月08日(水)00時25分化学忍者・刃「なんか血が出てる…?」

 そういやさっき笹が降ってきたっけな。そのせいか。
 しかし何でいきなり笹が? パンダの餌のようだが……気を付けないと葉っぱで切れてしまうな。
 でも怪人の苦しみ方は尋常じゃないぞ。溶けてる奴もいるようだが……笹の葉についてる水(聖水)のせい? 化学分析では普通の水と変わらないんだがな。むぅ…

 なんか不可解な事も多いが、おおむね戦況は拙者達に有利なようだ。
 ところで…爺マン? どこだ?
 さっきの騒動に巻き込まれて姿が見えない……
 あとボスっぽい奴もどっかに行ってしまったな。さて、どうするべきか。

>ななこ
 うっ(鼻血噴出)先ほどの光景が……いや、何でもない。
 ドリルでほっぺをつんつんとは……気絶している奴にも容赦ないな。

>QT
 おまえのおかげでカプセル怪人軍団は倒せた、だからもう心を振り回すのはやめてくれ。
 遠心力で酔っちまって、さっきから振り回す度にゲロが飛び散ってるんだ。

1999年12月08日(水)02時06分ブライギター01「そろそろ引き上げるか。」

 手ごろに暴れた事だし、ノルマも果たした。
 引き上げるぞ。
 それと、帰りに変なもの拾ってくるんじゃないぞ。
 爺だけは俺が拾って帰る。
 んじゃあ、後は基地でな。

1999年12月09日(木)06時17分QTムーン「さあ、心ちゃん! 約束通り、ゴハンとお風呂だっ!!」

 ごめんねー、辛かったねー。
 胃の中、空っぽになっちゃったでしょ? はい、ゴハン!
(モン○チ、シー○、カ○カン・・・・・・。ごちゃ混ぜにされた山盛りのゴハンは、みんな猫缶ばかりだった。唯一、中央に、ピンクのリボンをつけて立てられているほねっこだけは犬用)
 いーっぱい食べてね♪
(QTの悪気のない笑顔を見てしまうと、こんなもん食えるか! と言えない心。仕方なく、残さずしっかり食べ尽くした)

 さあ、ゴハンの次はお風呂よ! キレーに洗ってあげるからねー☆
 お湯加減はどうかなー??
(湯船を覗くQT)

 ・・・・・・絶句。
 QT、撃沈。

(湯船は血の池のままだった・・・)

1999年12月10日(金)00時51分化学忍者・刃「忍法けむり玉っ!!」

 やっぱり忍者たるもの締めはこれだな。(にやり)
 などと悦に入りながら懐から玉を取り出し、地面にたたきつける刃。
 どろん、という古風な効果音と共に大量の煙があたりを包み、そして視界が晴れた頃には刃の姿は既になかった。
「暗黒ブラック団の諸君、さらばだ! また会おう!! はーっはっはっはっは……」
 というせりふを残して。
 そして刃は、(このせりふ、なんだか悪役っぽいなぁ…)などとちょっぴり後悔するのだった。

1999年12月10日(金)01時03分化学忍者・刃「やばいっ……」

 すこし遅れて帰ってきた刃は、今回はQTの風呂を覗くべく木陰に潜んでいた。
 しかし刃が見たのは、紅い風呂と気絶しているQTだった……
「やばいっ! 拙者の鼻血、片づけるの忘れてた!!!」
 急いで風呂に駆け込む刃。懐からなにやら薬品を取り出し、湯船に溶かし込むと、お湯は見る見るうちに透明になっていった。
 湯の中の鉄分に作用して(中略)という原理をもって、湯の色だけを抜き去る薬である。
 ちなみに臭いはまだ血生臭いが、アンドロイドのQTにはわかるまい。(心にはきつすぎるほどだろうけど)
「というわけで、心!! あとはうまくやってくれ!!」
 どうして良いかわからない心を置き去りにして、刃はまた覗きポイントへと戻っていった。

1999年12月10日(金)05時53分QTムーン「あれっ?」

 んっ・・・、私なんでこんな所で寝てるのかなあ・・・?
 そうだ、湯船! 湯船が真っ赤っかで・・・ あ、りゃ? 赤くない・・・。
 んんー? 夢だったのかなあ・・・ おかしいなあ。
 ・・・ま、いっか! 赤くないなら、問題ないし!!
 心ちゃん、洗うよぉーっ♪

 QTは、脱衣所でブーツを脱ぎ、腕まくりをすし、ミニスカートを脱いだ!
 スカートの下は、訓練用に支給された紺のブルマ!
 やはりここで脱いでしまってはQTではない!
 流星団で脱ぐのは、ナナコさんだけで充分だ!
 で。嫌がる心だけを馬鹿力で湯船に突っ込み、ざぶざぶ洗ってシャワーで流すと、さっさと風呂を後にするQTだった。

1999年12月10日(金)07時18分ブライギター01「おい、どう思うよ?」

 『刃、あれをどう思うよ?』
 何時の間にか刃の隣で遠眼鏡片手のブライギターは嘆いた。
 トボトボ引き返す背中が寂しい。

 次の日、犬の着ぐるみを着た男が、基地内で目撃された。

1999年12月10日(金)08時42分QTムーン「やりィ、1000HIT〜♪」

 昭三郎さまの居ぬ間に〜♪ とうとう1000を越えたわよ〜♪
 るるるんるるるんおめでとう〜♪
 おめでとおめでとQTちゃ〜ん♪

 意味不明な歌を口ずさみながら去って行くQT。

「あっ、おっきい犬!!」
 欲しい! しかし私には心ちゃんが・・・。 ←だから、心はお前のじゃないってば。

1999年12月10日(金)13時52分ブライギター01「ワン!」

 そこには、プライドを捨てた男の姿が有った。

1999年12月12日(日)01時03分化学忍者・刃「男たるものかくあるべし。」

>ブライ
 目的の為ならば手段を選ばぬ貴殿の心構え、(ある意味)実に見事でござる。
 拙者、男として涙が止まらぬ…… GOOD LACK!

>QT
 風呂に服を着たまま入ってはいかん!! バスタオルも反則だ!!
 脱ぐシーンをナナコに任せるだけではなく、共演するくらいの心構えが必要だ。
 ……それから大きい犬な、心と同様にかわいがってやるべきだと思うぞ。その方が心も兄弟が出来たみたいで喜ぶだろ。
 それじゃ!
(言うだけ言って、余計な詮索をされる前に去る刃だった……)

1999年12月12日(日)03時06分QTムーン「そっか。そういう考え方もあるんですねえ♪」

 心ちゃん、ほら、おーきな犬さんだよ。
 兄弟が出来たみたいで、嬉しい? 仲良くするんだよ。
 今日から3人(?)で一緒に寝ようね〜☆
 ところで、犬さんは、どうやって基地の中でに入ったの?
 迷子なのかな?? お名前は?

 あ、そういえば刃さま、ブライギター01さまを知りませんか?
 ブラック団の基地から帰ってから見かけないんですけど・・・。
 何処行っちゃったんだろ?

◆刃さま
 何で私が服を着たまま心ちゃんを洗ってたって知ってるの・・・?

1999年12月12日(日)07時59分呪いJIJY「うむ、静かになったようじゃの。」

「クックック。これで彼奴らもおしまいというわけじゃ」

 南京錠に鍵を差し込み、扉を開ける。
 ギギギギギという重い音が部屋に響くと同時に、蛍光灯の明かりが部屋を照らし出す。
 そこでJIJYが見たモノ。それは、何かに喰われたらしい笹の残りカスと、部屋の隅で首があらぬ方向を向いているラチル。床には深淵の闇へと続く巨大な穴が空いており、緊急時以外には使用してはいけない筈の非常ドアは、キィキィ音を鳴らして揺れていた。

 JIJYが呆然と立ちつくす中、その足下を一陣の風が吹き抜けて行った。

1999年12月12日(日)12時53分天馬爺「おお、戦士達よ見事じゃった」

  暗黒団に痛撃をあたえて爽快じゃわい! 皆もご苦労! ワシは今、ブライの自宅で皆の活躍を褒め称えるべくアクセスしておる。
  このまま一気に奴等を潰すのも悪くはないが、先に言ったようにヒーローに必要なモノは悪の組織、これが無い事には我々なんぞ単なる正義オタクでしかない、したがって適当にいたぶっておき、後は生かさず殺さずじゃ!! 皆も心せよ! 奴等は必要悪、この世に悪のある限り正義は不滅とはそ〜ゆ〜ことじゃ!

  そこでじゃ、奴等が嫌がって悪を辞める事の無い様、我々も奴等の様にそろそろ役職をつける事にする!

  まずはブライギター01、御主は【東北支部ギター超人支部長兼対暗黒団苦情処理お客様相談係】じゃ!
  つづいて刃、御主は【東北支部下忍頭一番隊隊長兼、ごはん炊き出し炊事洗濯係】じゃ!
  QTむーん、御主は【関東支部多分美少女戦士抜刀隊隊長兼、お色気部門いや〜ん☆係】じゃ!
  最後にナナコ、御主は【流星団基地医療班ナース隊隊長兼、ドリル所持許可改造してよし! 係】じゃ!
 
  これで人的才能は揃ったな、みんなあしたもガッツでハッスルでOHモーレツにGO・GO! じゃぞ

1999年12月12日(日)13時09分爺まん「戦いの後は爽やかに笑顔で握手じゃ」

  爺まんは満面の笑みを浮べマクローネに手を差し伸べ、(一旦すっころばせた後)優しく立ち上がらせた。
「これで御主もワシにハートドキドキの一目ぼれじゃろうがワシは正義ゆえ叶わぬ恋じゃ、残念じゃったの!」
  自信たっぷりの台詞をはずかしげもなくほざいて去って行く爺まん・・・もはや彼の行動は彼の中で自己完結しているらしい
「おっとワシの名前は天馬昭三郎!」
  どうもマクローネが、「せめてお名前を・・・」と聞くのを待っていたらしいが、聞かないので我慢できなくなって自分からのたまったようだ
「JIJYは何してるのかの〜?」

1999年12月12日(日)20時40分ラブラブマクローネ「ポッ」

 昭三郎様・・・・
 基地に咲くラフレシアの花びらをぶちぶちやる、マクローネ。
 『好き・・嫌い・・好き・・・嫌い・・・・』

1999年12月13日(月)05時33分ラチル5:20分「こらああ!」

 何やってるですかマクローネ様!!
 ボーッとしてないで、修復修復!!
 それに、いくらそんな占いしても、
 花びらの数は変りませんし臭いですから止めてください。

 イタタ・・首が5時20分の方向きっぱなしだよう・・

1999年12月13日(月)05時42分【F】白金のプラティナ「ま、まくろーねさまぁ・・・?」

 ↑の様子を物陰からそっと伺うプラティナ。
「マクローネ様があんなぢぢぃに心を奪われてしまわれるなんて、信じられませんわ。なんて嘆かわしい・・・」
 どうにかしなければイケナイ気がした。
 でもマクローネの機嫌を損ねるのが怖くて、今は何も言えないプラティナだった。

1999年12月13日(月)05時44分ブライギター01「がぶ! ガウガウ!」

 心とマジ喧嘩を始める大きい犬。その名は『ペロ』
 それが、今の彼の名だ。

1999年12月13日(月)05時46分青銀のシルヴァン「うっ・・・」

 非難していたシルヴァンが、シェルターから顔を出した。
「臭っ・・・! ダメだ、僕には耐えられないよ・・・」
 再びシェルターに戻り、内側からしっかり鍵を掛けてしまった。

「ラチルは大丈夫そうだったな、良かった」

1999年12月13日(月)06時10分QTムーン「ほえぇ〜?」

 役職に就けたのは嬉しいし良いんですけど・・・ な〜んかカッコ悪い!
 それに私、ご覧の通りのカワイ子ちゃんです☆ 「多分」は、いりませんよ。
 とりあえず、カッコイイところだけ抜き出して『関東支部美少女戦士抜刀隊隊長』☆
 それが私の役職名〜♪ うふふ〜♪

 あッ、ダメだよ、ケンカしちゃ!!
 心ちゃん! ペロちゃん! やめなさい!!
 ・・・・・・・・・・・・ ←様子を見ているが、2匹はケンカをやめようとしない。
 やめないと、今日はふたりでお外で寝るんだよ!
 ゴハンもあげないよ! それでもいいのッ?!

1999年12月13日(月)07時05分ブライギター01「ピタ!」

 速攻で喧嘩を止め、手を握り合う二匹。
 彼等は性格が似ているようだ。

1999年12月13日(月)07時16分ラブラブマクローネ「もう花が無くなっちゃったわ・・」

 くんくん、あらやだ。
 このお花大変な匂い、こんなんじゃ嫌われちゃうじゃない!
 お風呂よ!

 そうだわ、みんな今回のほこりをおとさなきゃネ。

【緊急司令! 】
 『健康ランドに団体予約せよ!』
 みんな疲れを落としにレッツゴーよ!

1999年12月13日(月)07時24分ラチル「指令達成。」

 近くに予約取れましたあ!
 何でもフラワー風呂とか、韓国アカスリとか色々有るらしいです!!
 すんごく楽しそう。
 早く行きましょ、マクローネ様ぁ!!!

1999年12月13日(月)07時42分マクローネ「【指令】本日健康ランドで骨休めの日に決定。」

 でかしたわラチル!
 さあ、早速みんなでお風呂にいきましょ。

 朝方から続続と列を成して出掛ける『暗黒ブラック団』の面々。
 バイパス沿いの健康ランドは、強引に貸し切られる事となった。

 『やあねえ、この靴箱じゃあアタシの膝上ブーツ入らないわヨ。』
 『この【怪人ノコギリ男】にお任せください、ノコノコ!』
 『200円かしてくれ、ワンカップ買うっちゃ!』
 などなど、好き放題の様子...

1999年12月13日(月)23時33分化学忍者・刃「ディープブルー」

 刃のもとに水色の封筒が届いた。中身は正体不明の印刷物。上下がピンクのラインで飾られ、四段組の小説形式の物語が印刷されている。その他には紫色のA3版のシートと濃いめの緑色の封筒が入っていた。
「一ヶ月も遅れてこれかい……」
 刃はその物語を読むなり、深いため息をつき、ユニコーンの「May be blue」を呟くように歌っていた………
 何があったというのだろうか。

>爺
 役職ありがたく頂戴致す。でも所詮は下忍………。
 まぁ、出世する楽しみがあると思っておこう。プラス思考で。

>QT

>>服着たまま風呂
 う……そ、それはだな……拙者が洗濯炊事係だからだ。洗濯物にな、シャンプーの泡がついていたものでな……
(うまくごまかせたっ!! 爺役職マジでありがとう!!)
 それからブライだが、あいつはしばらく旅に出るそうだ。しかし、「どこにいても葉月を見守っている」と言い残していったぞ。文字通りな………。

>ブライ
 うらやましいのかうらやましくないのかよくわからん。
 ピンチの時はフォローしてやるから、戦利品の何割か分けて欲しい……。

1999年12月14日(火)03時19分ブライギター01「刃への手紙」

 刃、何是に俺が今こんな事になってるかは、当の俺自身も良く解からない。
 だがこれも又一つの試練と思い、しっかりと犬になりきる心構えだ。

 これから俺は日記形式で日々の生活を報告する。
 そうする事で俺が本当は犬ではないと自己確認できるからだ。

 どうやらこの着ぐるみは性能が良いらしい。
 QTは今だ俺だと気付かずに居る。
 だがどうだろうな・・・本心ではQTはよっぽどのボケなのではないかと思う。
 何故なら、首の所から俺の顔は出ており、飯もそこから食っている。
 つい二本足で歩くし、煙草だって吸っている所を見つかった。
 だが、QTとは違い心は鋭い。
 会った途端に攻撃的な意思を見せ、QTの目が離れるとすぐにかかってくる。
 奴は手強い相手だ、急所しか狙わないハンターだ、俺はそれを思い知った。

 昨日我慢出来ず、ドックフードを食った・・・マズ!

1999年12月14日(火)04時39分QTムーン「さあ今日もお散歩に行くよっ☆」

 朝と夕方の、毎日2回の散歩が日課になって早数日。
 2人(しかも1人は妙な着ぐるみを着ている)と一匹が手をつないで散歩する異様な光景は、近所で有名になっている。
 面白半分の子供たちなど、見物人は増える一方だが、QTは一向に気にしていないようだ。
 さて、プライドを捨てたと豪語するブライギターは、こんな状況にいつまで耐えられるだろうか?

 それにしても・・・ブライギター01さまったら、本当に何処にいっちゃったのかしら〜。
 刃さまはあんなこと言ってたけど・・・・・・気になるなあ。
 そうだ! ここには優秀な(と、QTが勝手に思い込んでいる)犬さんが2匹もいるんだった!!
 心ちゃん、ペロちゃん、コレの臭いを覚えてブライギター01さまを探して!
(QTの取り出した「コレ」とは、先日何故かQTの部屋で裸になっていたブライギターが忘れていった、彼のパ○ツ!)
 見つけてくれたら、なにかご褒美あげちゃう! ご褒美は、何でも好きなモノでいいよ!!

1999年12月14日(火)04時49分白金のプラティナ「ふう……。」

 元来風呂好きなプラティナは、早々にフラワー風呂で一風呂浴び、今は自前のバスローブ姿で、マッサージをしてもらっている。
 マッサージ師「お客さん、そうとう凝ってますねえ」
 プラティナ「そうですか? ……ここのところ色々あって。年のせいかしら、筋肉痛がなかなか治らないんですの」
 あまりの気持ちよさに、うとうとし始める。
「いけない…。マクローネ様のお背中を流しに行かなければ……」

1999年12月14日(火)05時00分ブライギター01「刃への手紙(その二)」

 ヤバイ、最早バレそうだな・・・
 だが、俺のとはいえ『パンツクンクン』はしたくない・・・
 そうだ! 此処は上の犬の頭でクンクンクン。
 横で心が凄い目でにらんでヤガル。

1999年12月14日(火)05時19分マクローネ「後20分・・・」

 その頃マクローネはサウナで粘っていた。
 30分は入らなくては、と息ごんではみたものの。
 晩御飯食べてなかったのが辛いらしい。

 ふ〜あぢ〜!!!
 でも、この後の水風呂とビールがたまらないのよね・・・って
 もう駄目!!!!!!

 水風呂に頭から飛び込む『暗黒ブラック団大幹部』がそこに居た。

1999年12月14日(火)10時03分天馬爺「ふう直ったか」

 実は昨日も来てたのではあるが、なぜか皆宇宙語を喋っておっての〜、わしはパニくっておったのじゃ…(凄い文字化けじゃった)
 それにしても忘れていったパンツを後生大事に持っておくとはやるのQT!
 しかもとっさに取り出せるとは持ち歩いているとゆ〜ことか! 意外に妙な趣味をもっとるの、どれワシのふんどしもプレゼントFOR YOUじゃ☆

 称号には皆不満あるようじゃのぅ、だが刃の言うと〜り出世もあるし皆ファイトじゃぞ! QTのようにすき焼きの肉だけ食うようなマネ(いいとこだけ取るヤツ)はNON・NON♪じゃ

1999年12月16日(木)04時44分QTムーン「そんなもん、いらんわ!」

 真っ赤になって昭三郎に褌を突っ返すQT。
「コレは趣味じゃなくて、会ったらすぐ返せるようにって持ってたんです! いつまでも持ってるのがイヤだから、心ちゃんとペロちゃんに、持ち主を捜してもらってるんじゃないですか!!」
 QTの言い訳は、ちょっと苦しかった・・・・・・。
「アレ? 心ちゃん、どしたの? 早く臭いを覚えて捜してよ」
 心は、すがるような目でQTを見上げて、ふるふると首を振るだけだった。

「刃さまー、心ちゃんの様子がヘンです・・・・・・ って、あれれ? 刃さま、暗いですね〜。どうかしたんですか?」

1999年12月16日(木)07時05分ペロちゃん「ひらめいたワン!」

 デカイ犬(ペロことブライギター01)は、
 パンツを片手に走り出した!
 基地内部にひた走るペロ!
 何処へ行くかと思えば、着いた先は『ランドリールーム』
 洗濯機にパンツをぶち込みお洗濯。「わんわ〜ん」

1999年12月16日(木)07時11分五橋暗黒老人会「ヨボヨボヨボヨボー」

「おや?  このお風呂、なんでポコポコいっとるんじゃろう?」
「ああ、きっと泡風呂というヤツでな、コレは!  孫が好きなんじゃよ」
「おじいさん、おじいさん、こっちのは牛乳風呂みたいですヨ!!」
「おおー真っ白な風呂じゃのう〜〜」
「ワシが満州にいたときは〜〜こんなお風呂なかったのにのう〜〜〜〜」
「おやおや、またJIJYさんのマンシューがはじまったよォ〜」

1999年12月16日(木)17時17分ラチル「老人の皆チンこちですよ〜〜・・・・」

 銭湯の雰囲気ね、せっかくのハッスルモードが、
 若さ吸われてしまっちゃったわの〜

 ちゅう訳で「ミレニアム!!!」ヴァイビ〜

1999年12月17日(金)05時50分QTムーン「わあ! ペロちゃん、偉い!!」

 お洗濯は刃さまのお仕事なのに〜。
 いいこだねv

 ペロの頭を撫でようとして、はっとするQT。

 ・・・・・・ペロちゃん、背が高い・・・。
 手が届かないよう(涙)。

1999年12月17日(金)09時51分天馬爺「はて?」

 それにしてもブライギター01の姿が見えんのう、一体どこをほっつき歩いているんじゃ? 妙に人間臭い犬がうろうろしとるがありゃ〜一体どこの野良犬じゃ、ええい保健所に電話じゃ電話!!
 それにしてももうすぐクリスマスじゃの、爺としてはいつも苦労をかけとる団員達に労いの意味も兼ねてなにかプレゼントしようと思っとる、そこでこの短冊に欲しい物をかいて、笹にかざるのじゃ!(七夕が少し混じっている様だ)
 ミニカーから失った若さまで何でも来いじゃ。

1999年12月17日(金)09時51分ななこ1999年12月17日(金)23時17分「ななこの保健室へおいで」

  そのころ、ナナコは、つんつんで満足したのか帰還して、メイドナース服姿で保健室でほうじ茶をすすっていた。
 ちなみにお茶うけは、ごませんべいとえびせんべいである。

「は〜、平和ですの〜〜〜」

 ずずずずず。
 ばりばり。

  なぜか、保健室にはもみの木が置かれて、壁にはサンタなワンビースがかかっている。

  もみの木には、じーちゃんからもらった短冊がさがっていて、こう書いてあった。

 新しいドリルが欲しいですの、とってもかたくて太いやつ〜〜〜。
 ディバイディングドリルガイイですの〜〜〜、わくわくですの〜〜。

1999年12月17日(金)23時46分ペロちゃん「←名簿に載りたい...《ブライギター01》」

 短冊には一言そう書かれていた。

☆ココロの叫び
 出て来ては死んで行く『天馬一族』のせいで、俺の名簿が流れて消えてしまった。
 そして、何と言っても止めを刺したのがワン公『心』だ。
 あのヤロウ、ドックフードにうさぎの糞を混入してやるぞ〜!(幼稚)

 瞳にめらめらと黒い炎をたたえた可愛いワンちゃんは、
 マジックペンを片手にきつく握り締めていた...

1999年12月18日(土)04時58分QTムーン「人間になりたい」

 一見すると白紙と間違えてしまいそうなほど小さな文字で、そう書かれている短冊。
 誰が書いたのかは、一目瞭然だろう・・・・・・。

 ペロちゃんがブライギター01さまのパ○ツを洗濯してくれちゃったから、捜すのはあきらめよう・・・。きっとそのうち、帰ってくるわよね。
 その頃には洗濯物も乾いているだろうし、抜かりはないわ! ←??
 ん? マジックなんか持っちゃって、ペロちゃんも短冊、書いたのね♪ 何をお願いしたの?
 ・・・・・・あれ? ブライギター01さまの短冊がある。帰っていなのに、何で??
 基地内に隠れているのかしらねぇ?
 んー・・・。 ま、いっか。
 あっ、ななこさん!! 私もお茶とえびせん、頂いていいですか?!
(幸せそうに茶を啜り、えびせんを頬張るQT。ふと、壁に掛かっているサンタなワンピースで目が止まる)
 ・・・ななこさん。私もあれ、着たい・・・・・・。
(上目遣いに、ワンピースを指さすQT。やはり彼女は、コスプレが好きなのだろうか?)

1999年12月18日(土)05時09分青銀のシルヴァン「やはり僕にはここが似合う…」

 シェルターに籠もっていたはずのシルヴァンは、いつの間にか皆と合流していた。
 フラワー風呂の、全身が写る鏡の前。
 腰には水色のタオル、片手に風呂の中の花を持って、ポーズを取る。
「マクローネ様、素敵な休日をありがとう」
 銀の長髪を掻き上げ「フッ」と微笑むと、腰に巻いていたタオルがはらりと落ちる。
 端から見るとかなり間抜けな光景だが、そんなことは一向に気にせずに午後の一時に浸るシルヴァンであった。

1999年12月20日(月)11時12分天馬爺「わしはサンタじゃ!!」

 ほっほっほ、どれどれ皆なにをほしがっとるのかの〜
 なになに? 人間になりたい? おおまるで往年のロボット物の望みじゃわい、大丈夫じゃ! 『心があれば人間だ』などといって納得するのがヒーロー物の定石、心ありまくりのQTにはいらん心配と言えよう。
 次、名簿に載りたい・・・こやつはまた割りとみみっちい望みをもっとるの〜、存在自体がヒーローかど〜か怪しくなってきておるからのぅ、ていうかまずは貴様こそ『人間に戻れ』ブライギターと言う名前すら忘れられる前にの
 次は・・・ドリル・・・うむむ、わしは天馬博士と違って開発能力はないからのう・・・仕方ない、100万円あげるから買ってきなさい(一番得したのはななこさんのような気がする、いやそれ以前になんかもらったのが彼女1人だ、いかん、いかんぞ爺まん)

1999年12月20日(月)18時34分QTムーン「心があれば、人間・・・?」

 良かった・・・、私は人間♪
 アンドロイドなのは、体だけ! ・・・・・・・・・。
 なんかすっきりしないなあ?

1999年12月20日(月)23時37分マクローネ「ふ〜いい気晴らしだったわね。」

 気に入ったのでまた行きましょうね。
 さて、流星団からの思わぬ襲撃で痛手を負ったけれど。
 これを期にこちらも名誉挽回の芸を磨いて、お正月過ぎたら披露しましょう。
 皆、堺正○に負けないような技を訓練するのよ。

1999年12月21日(火)00時35分ペロちゃん「アンヌ隊員いや、QT。実は僕はブライギターなんだ!」

 きらめく水面の反射で、シルエットだけが浮ぶ・・・
(この感動的シーンで今までの事を、忘れてしまわないだろうか・・)
 そんな事を期待しつつ、犬からニョッコリ飛び出すブライギター01

1999年12月21日(火)01時02分化学忍者・刃「サンタめ……」

 拙者がちょっと黄昏ていた隙にいなくなりやがって……拙者もプレゼントが欲しい!!
 欲しいんじゃ〜よ〜…うぉぉーん……(泣)

 さて、泣いたらすっきりしたな。エシディシのように。
 これからでも遅くはない……はず。拙者も願い事を書いて笹に飾っておくか。

 そう言って刃が飾ったのは門松であった。ていうか笹じゃなくて竹。
 短冊には一言「国士無双」と書いてあった。
 一体……??

1999年12月21日(火)09時51分ブライギター01「長く外出するぜ。」

 明日、俺は爺マンとギアナ高地に行って正義の心を鍛えてくる。
 長い旅になりそうだ、正月過ぎたら帰ってくるが、爺マンはもしかすると早めに帰るかもしれない。
 その間此処をよろしく頼むぜ!
 時間さえあれば、向こうから手紙を出す。
 じゃあ、今晩また来るが一応お知らせって事で。
(のぞき逃げって言われるのを恐れてか、そそくさと引き上げるブライ)

1999年12月22日(水)02時16分QTムーン「・・・・・・・・・」

 ペロちゃん・・・・・・

 QTは暫し状況が飲み込めず(頭の回転が鈍いので)真っ白になって立ちつくしていた。

 は。
 昭三郎さんとブライギター01さまはギアナ高地に出張ですか。
 お疲れ様です。行ってらっしゃ〜い☆
 心ちゃんと一緒にしっかりお留守番してますからね。
 だから、お土産とお年玉、忘れないで下さいね♪ ←大期待!

1999年12月22日(水)06時29分呪いJIJY「ふぃ〜、極楽極楽。」

(カポーン)

 ふぅ、ええ気持ちじゃのお。
 こーして湯船に使っておると、世間の荒波のことなど……って、こんなことしとる場合じゃなかろーがぁっ!!(ザバァッ)
 こりゃ、そこの女幹部! 何を正月などと悠長なことを言っておるのじゃ。その前に、世界最大の詐欺師の聖誕祭があるじゃろう! 赤や緑でうかれまくっとる正義面した奴らに今こそ鉄槌を下すのじゃ。このワシが用意した「COP:赤」に「神の怒り」があれば……え? 何じゃと? 正月まで東京に出張?
 そうか……。

 とぼとぼと乗り合いバスに向かうJIJY。
 その後ろ姿は、何処か寂しそうだ。

1999年12月23日(木)01時27分化学忍者・刃「行ったか……」

「がんばれよ……」
 去りゆく二人を見ながら、刃はそうつぶやいた。

 さて。あの二人がいないあいだぼけーっとしているわけにも行かんから、久々に新規団員でも募集してみようと思うのだが……どうだろうか?

1999年12月23日(木)02時18分QTムーン「おお!」

 それは良い考えですね、刃さま!!
 私は大掃除でもしようかと思っていたんですけど。
 心ちゃんも手伝ってね〜♪ <団員募集
 ・・・・・・でも刃さま、どうやって?

 刃さまぁ、クリスマスは二人っきりですね〜。(心もいる)
 流星団に入って、初めてのクリスマスなのにぃ。
 ちょっぴり淋しいなー。

1999年12月23日(木)02時22分白金のプラティナ「そろそろ・・・」

 年末ですし、里帰りの時期ですわ。
 マクローネさま、わたくし明日より数日間、田舎に帰省してまいりますわね。
 シルヴァンは置いていきますわ。
 では、ごきげんよう……。

1999年12月25日(土)03時23分QTムーン「今日はクリスマス。」

 でも基地にはだ〜れもいないの。心ちゃんとふたりきり。
 刃さまのお姿は見えないし、ななこさんはきっとあのワンピースを着てお出かけなのね。
 淋しいなあ、くすん。
 心ちゃん、ケーキ食べてさっさと寝よう・・・・・・・

 QTを慰めてくれる優しいお兄さんはいないのか?
 淋しいクリスマス・イブが更けてゆく・・・。

1999年12月25日(土)03時23分ななこ1999年12月25日(土)10時05分「じんぐるべーる☆ もういくつ寝るとクリスマス」

  そのころななこはっ! (ズッギャーンッ)

 孤児院にプレゼントを持ってどりるなーすならぬ、ドリルサンタとして出現していた。

「はいはい〜、いくらでもプレゼントはあるので、おさないでほしいですの〜〜〜」

 ・・・じさまから貰ったお金ではどりるを買うにはちょとっと足りず、どうやら、クリスマスの間に子供たちにプレゼントしてまわるのに、使ってしまったらしい。
 これも世界平和の為である。

 イヴの夜、QTが寝てしまったその枕元におっきな靴下に入ったサンタすかあとを置くななこの姿があったことは君とぼくだけの秘密だよ! 。
(心には「こども忍者セット」。プレゼントのあまりものらしい^^;。)

1999年12月25日(土)10時06分「すまんの」

 旅先からじゃ! まだ帰れんが皆元気で過ごすんじゃぞ!

>刃
 おお、御主にはお年玉を替わりにやるからあんしんせよ

1999年12月26日(日)01時00分化学忍者・刃「戦いの終わり」

 そのころ刃は、聖なる日を勘違いしたアベックどもに滅びをもたらすべく、繁華街を彷徨き回っていた。
 元々は流星団の新規団員を勧誘するつもりで出てきたのだが、若者の風紀の乱れをみているうち我慢できなくなり、その正義の心は彼の身体を天誅へと駆り立てたのだ。
 ……クリスマスなのに残業くらってむかついていたからとか、そんなのでは決してない。多分……

 幾多もの悪を倒し、刃は呟いた。
「むなしい……」
 と。

>爺
 お年玉か…それはありがたい。(確実に金だろうからな)にやり。

>ななこ
 う、うむぅ……(難しい顔)
 取りあえず、ありがたく頂戴いたす。

>QT
 一人で寂しがっている暇があったら、団員の勧誘でもしてこんか。
 ……まぁ、来年はこのような事が無いようにしたいものだな。

1999年12月26日(日)01時00分弾丸ランナー1999年12月26日(日)15時16分「リーダーは誰だ?」

 ここが有名な正義的ヒーロー『団(略)』か。
 ところでここのリーダー的人物は一体誰だ? リーダー的。なんて頼もしく素晴らしい響き。しかし昨今、真実の意味でのリーダー的は失われてやいないか? どうもリーダーと呼ばれるだけの三原則『勝利・友情・努力』を兼ね備えていない人間ばかりが、地位を手にしているような気がする。
 そこで考えた…走り続けて23分、そろそろ俺がリーダー的だろう?

 突如乱入してきた謎の男『弾丸ランナー』喋っている間も休むことなく走り続ける彼の言葉を聞くものは犬だけであった。この男こそトゥ○イト絶賛のB級映画であり田口ト○ロヲ主演であり、ライバルはブレアウィッチと目される伝説的A雄である………………。

1999年12月27日(月)00時02分QTムーン「誰ですか?」

 流星団に、なにかご用でしょうか?
 団員の誰かとお約束でも?
 あっ、もしかして入団希望の方ですか?!
 いまお茶を煎れますから、こちらに座っていて下さい!

 弾丸ランナーを出迎えたのは、ななこサンタのプレゼントのスカートをはいた、とっても上機嫌のQTと、忍者の格好をさせられた二足歩行犬の心。
 ちなみにQTは、刃に叱られて『新規団員募集☆』のチラシを大量にコピーしていたところだった。

1999年12月29日(水)06時43分化学忍者・刃「すまぬ。」

>QT
 むぅ、先日の拙者はナーバスになっていて、少々言い方がきつかったようだ。別に叱ったわけではないのだ。すまぬ。
 それはそうと、ちょっと遅れたがクリスマスプレゼントだ。
 道を行く顔黒馬鹿女から奪い取ったバックだ。奴らにはもったいないからQTにやる。大人の雰囲気? って感じか。

>弾丸ランナー
 リーダー云々言う前に、貴殿は正義なのか?
 その辺の実績を見せていただかねば、拙者としても承認するわけには参らぬ。

1999年12月29日(水)16時31分QTムーン「わあ♪ もらっちゃった♪」

 刃さま、ありがとうございます〜☆ 嬉しいな♪
 ・・・・・・もしかして、これってブランド物ってヤツですか?
 うわあ、初めて持っちゃった!! ←貧乏臭い
 え? 叱られたことですか? 気にしてませんよ〜。
 昭三郎さまとブライギター01さまのお留守をあずかっているのに、ちょっと自主性がなかったかなー、なんて思ってチラシを作ってみたんです。
 あとで心ちゃんと街へ出て配って来ますね☆

1999年12月31日(金)00時25分化学忍者・刃「正月の準備」

 基地の入り口には門松を飾ったし、建造中の流星ロボにはしめ飾りを付けてきたし。
 先ほど、餅もつきあがった。故・天馬博士の遺品を整理していたら、餅つきマシーンが発見されたので使わせてもらった。
 …と、正月の準備はこれでよいかな…と。
 街頭の宣伝活動は華やかなQTに任せた方が効果が上がるだろう。拙者は忍びらしく、影でいろいろするのが性に合っているようだ。

1999年12月31日(金)08時22分「うほほ」

 旅先からじゃ!! 皆元気でなによりじゃ!! わしも
 えっちな同人誌にかこまれウハウハじゃ!! これも正義のためじゃ!
 『えっちいこーる愛』じゃ!! 正義に愛はかかせんぞ〜い♪
 by舞い上がり爺

1999年12月06日(月)06時19分【F】青銀のシルヴァン「・・・・・・・・・。」

 レディーは他にもいるからね。
 マクローネ様とか、プラチナとか。
 僕は地下シェルターにでも隠れるとしよう。

 せめてラチルちゃんを助けてあげれば?

2000年02月01日(火)00時54分化学忍者・刃「一か八かってやつだな」

 ドリルスターから飛び降り、爆弾に駆け寄る刃。
 爆弾を抱え込む爺の隙間に入り込み、忍者刀で爆弾をこじ開けると、例によって赤と青のコードがでてきた。
 さて、どっちを切るか? などと考えている暇はない。化学忍法の失敗を挽回せねば!!
 そして出した結論は「赤」であった。
 刀で赤いコードを切断する。

 しーん。

 や、やった!!?
 いつもは冷静な刃だったが、このときばかりは飛び跳ねて喜びを全身で表現していた。
 と、いきなり刃はすさまじい閃光とともに燃え上がった。先ほどの「化学忍法火の鳥」の調合の際に余ったマグネシウムに火がついたらしい。
 爆弾に引火しなかっただけでも幸いといえるが、何とも人騒がせな自爆である。

 後ほど、爆弾のそばで再び黒こげになっている刃が発見された。
 第一発見者はQTだったが、服が燃え尽きて全裸だったので、とりあえず悲鳴とともに殴り倒されたという。

2000年02月01日(火)01時26分QTムーン「あああ基地が・・・」

 廃墟と化した基地に一人佇むQT。
 ぼろぼろになった服。
 爆風で煤けて全身は真っ黒。
 力を使い果たしてよれよれ。
 いま思うと、流星団で過ごして来たあの日々は全て夢だったのではないかと思う。
 昭三郎も、そして団員の皆も無事(未確認だが)で、悲しいことなどないはずなのに、何故か涙が溢れて止まらなかった。
 ついさっき(多分)まで、別れを惜しんで念入りに大掃除をしていた基地が、その労力も空しく木っ端微塵になってしまったからか?
 いや、そんなことではない。
 だがその胸の内は、だれにも語られることはなかった…。
 QTは振り返り、皆に向かってにっこりと微笑んだ。

 後日談。
 QTはななこのクリニックに居候し、助手として働く忙しい毎日を送っている。
 心は、刃にムリヤリ頼み込んで譲ってもらった。
 最後の戦いで自信を付けることが出来たQT。
 彼女は今でも一人、変身した姿で出没し、街に蔓延る小さな悪を退治しているらしい…。

★ ☆ ★

 どこかで聞いたセリフだけど、さよならは言いません。
 絶対にまた流星団の皆に会えると信じているから!
 実際に、全く会えなくなってしまう人は、今のところ居ないと思います(^^)
 どこかで繋がってるよね。
 私がわかる方は、声をかけて下さいね♪ 素のままでも、団員としてでも。
 今まで楽しい時間を、本当に本当にありがとうございました。
 また会える日まで、ちょっとだけ、お休みなさい…。
 QTムーン(葉月まみ) as 稲葉架那

2000年02月01日(火)01時40分白金のプラティナ「マクローネ様・・・」

 貴女はもう、ブラック団には戻って下さらないのでしょうか・・・。
 貴女は昭三郎とか言う流星団のあの爺に心を奪われ・・・・・・いいえ。
 それで良かったのかもしれません、マクローネ様の幸せの為には。
 わたくしには、貴女が居てこそのブラック団。
 貴女が居ないのならば、わたくしがここに居る理由もない。
 田舎(結局何処なのか謎)に帰ります。
 ですが万が一、わたくしが必要になったら、いつでもお声をお掛け下さい。
 貴女の為ならば、全てを捨ててでも飛んで参ります。
 いままでお世話になりました…。
 さようなら。
 またお会い出来ることを願っています…。

2000年02月01日(火)01時43分ナナコ「赤だ、赤を切れ!(冷や汗)」

  ナナコは飛び出して爆弾処理に入った刃に電波を送った。

「赤だ! 赤を切れ!」

 昔見た映画かドラマで聞いた台詞らしい(おひ)。

 しかし、「赤」で正解だった。
 よかったよかったですの〜〜〜。

 しかし、ナナコは忘れていた。
 ドリルスター☆(仮名)の自爆装置が作動していたことをッ! 。

 胸の装甲をひきちぎって、自爆装置とついでに暴走した謎の動力炉を捨てようとするが・・・間に合わないッ! 。

 ドリルスター☆(仮名)は仮名のまま爆発四散した。
 たちのぼる古典的なきのこぐも。

 ありがとうナナコ、君のことはわすれない・・・。

 なんちゃって。

 ナナコは脱出こくぴっとボールで助かっていた。
((C)ぜーたがんだむ)
 チワワは爆発のショックできゅ〜〜〜と気絶している。
 脱出ボール(猫耳付)から飛び出したナナコ。

 すかさず、瓦礫の山をどりるで掘削除去に入った。
 たっぷりの休憩と睡眠と食事をはさんで、二日後と言う異例の速さでお爺さんとマクローネは発掘サルベージされた。

 一月後、白い大きな家でともに暮らすナナコときぅてぃちゃんとマクローネと心とチワワの姿があったともなかったともゆう。

 どっとはらい。

2000年02月01日(火)01時44分白金のプラティナ「追記」

 戦いの後基地に戻ったプラティナは、自ら仕置き部屋に入ろうとしたが、例によって弟に改造された後だったので意味がないことを知り、あきらめて反省文(400字詰め原稿用紙100枚)をマクローネの机の上に提出して姿を消した。

2000年02月01日(火)01時54分青銀のシルヴァン「ああ、疲れたよ。」

 ラチル、お茶を煎れてくれないか?
 それから風呂も沸かして欲しいな。
 爆風でこの美しい僕の全身が、真っ黒になってしまったからね。
 でも心配することはないよ。
 自分でも信じられないけど、全く無傷なんだ。
 ラチルにも見せたかったな、僕の大活躍♪
 ああ、まったくクタクタさ!

 シルヴァンは相変わらずマイペースのようだ。
 ラチルちゃんも居るし、皆が帰って来ないなら、この基地を一人で好き勝手出来ると、喜んでいる。
 しかし一人では何も出来ない彼のこと、ラチルちゃんが今後どうするかに、今暫くの彼の人生がかかっている。
 どうやら「姉を頼ってばかり」から「他人に頼る」に、少しだけ進歩(?)は、出来たようだ。

2000年1月02日(日)00時14分化学忍者・刃「謹賀新年」

 あけましておめでとう!
 今年もよろしく。

>QT
 宣伝活動お疲れさま。
 そろそろ雑煮が出来たので、基地へ戻って一休みしないか?

>爺
 老いてますます盛んなのは結構だが、拙者へのお年玉を忘れないように頼む。

>ブライギター01
 ブライも旅先からここをみているのだろうか?
 過ぎたが、お誕生日おめでとう。

2000年1月02日(日)02時06分白金のプラティナ「ただいま帰りました。」

 留守中、変わったことは何も無かったようですわね。
 さあ、今年も頑張りますわよ!

2000年1月02日(日)02時24分QTムーン「明けましておめでとうございま〜っす♪」

 不束者の私ですが、今年も流星団の一員として精一杯頑張るつもりです!
 団員のみなさま、よろしくお願いしま〜す☆

 と。新年のご挨拶はこんなものでいいかな?
 刃さま、お雑煮〜♪♪ いっただっきま〜す☆
 これ、刃さまがお一人で作ったんですか? すごぉい!
 ホラ、心ちゃんもいただきなさい☆

 着物を着ての団員勧誘活動後のお雑煮、そして(多分)こたつ+みかん。
 新年早々上機嫌のQT。
 あとは昭三郎からのお年玉と、ブライギター01からの土産を待つばかり。

 しかし、ひとつだけ心に引っかかっていることがあった。
 それは昭三郎の言葉。
 『えっちいこーる愛』『正義に愛は欠かせない』・・・・・・・・・。
 と、言うことは『正義にえっちは欠かせない』?

2000年1月03日(月)06時54分「あけましてめでたいので今日帰るぞい!」

 皆、留守中ご苦労じゃったの! ワシは今日帰宅するぞい!!
 帰ったら多分1日は休むじゃろうから、2・3日後には通常の書き込み…いやさ司令官職に戻れるぞい、おうおうそうじゃQTよ
 正義にえっちはかかせない、こんな基礎的な事もいまさら気付くとはまだまだ青いの〜尻に蒙古班あるのではないか? そんなことでは立派なお色気担当になれんぞ! バツとして『いや〜ん☆まいっちんぐ』ポーズ付きで256連発じゃ
 刃よ、お年玉が欲しいようじゃの、仕方があるまい、希望の品を言うて見ろ、多分OKじゃ、総入歯…いや、そう言えばしばらくあってないのう、新年会なぞあるのかの?

2000年1月03日(月)23時48分化学忍者・刃「新年会か…?」

>爺&ブライ
 新年会……あると言えばあると思う。あると言いたまえ(笑)
 関東出征記念を兼ねた新年会の開催を加賀富の主に打診すれば多分やってくれるのではないかな…。
 駄目だったら、米ヶ袋の秘密基地でひっそりとやるって手もあるが。

>そして爺
 で、肝心のお年玉だが……むむ……
(実は欲しい欲しいと言っていたわりには考えていなかった)
 ……やっぱ酒かな、酒。

>QTムーン
 雑煮を作ることなど全く造作もない。拙者が開発した万能化学調味……げふんげふん。
 い、いや、三日前からだしをとって、時間をかけて作ったものなのだ。うまいと良いが。

2000年1月04日(火)04時03分QTムーン「爺は総入歯。」

 ↑半紙に墨でこう書かれたモノが、司令官室の扉に貼られていた。
 お年玉を期待していたのに、新年早々『まいっちんぐ』ポーズ付きで256連発という罰をもらってしまったQTが、腹いせに書き初めしてみたらしい。
 そして訓練室で一人、『まいっちんぐ』を黙々とこなすのであった。
 あまりにも恥ずかしいこの罰に、いつも一緒の心も閉め出されてしまっていた。

◆刃さま
 お雑煮、ごちそうさまでした♪
 三日も前からダシを・・・道理で。
 とっても美味しかったです♪♪ ←騙されている

◆昭三郎さま
 はあ、はあ、はあ・・・・・・ ←256連発で、さすがに息が上がっている
 お色気担当はななこさんじゃないんですか・・・・・・?

2000年1月04日(火)04時59分加賀富の主「新年会いかがっすか〜」

 加賀富以外でいかがでしょ? 加賀富でやると飲む人限定されるんで、盛り上がるためには外の方が良いかと。ちょーど、魚(うおや)一丁の宴会コース五千円割引券なんて持ってるんで、これ使えば一人三千ちょいで納まるハズでふ。

☆オール
 無視出来ない話題でついフラ〜っと訪問してみやした。

☆爺さん
 正義にえっちはかかせない・・・爺は自慰(爆)

☆化学忍者・刃さん
 かがくにんじゃ・じんと読むのですか? 略してにんじんですね。
 それはともかく雑煮のだしを3日も取るのは不味いでふ。

☆QTムーンさん
 初めての気がしないのは何故だろう・・・デジャブー。

2000年1月04日(火)22時03分QTムーン「加賀富の主さま?」

 私も初めてのような気がしませ〜ん・・・。
 えと・・・・・・多分どこかでお会いしてますよね?

 さて。
 これはデジャ・ヴュなのか、単なるいつものQTのボケなのか。
 それは当人同士のみが知っている。
(↑嘘。みんな知っている)

2000年1月06日(木)01時56分化学忍者・刃「新年会か……」

 さすがは加賀富の主殿。毎度の事ながらその行動力には感服つかまつる。まさにパーティープロデューサって感じだ。
 さて、日取りはいつがよろしいかの?

>加賀富の主
 しーっ!(三日間煮込みの事)それ以上言ってはならーん!
 知らぬが仏と言うではないか。QTはアンドロイド、うまいと思っていれば幸せなのだ。

>QT
 お色気ポーズご苦労様。
 正月だからとたくさん食べた分、消費せねば美容は保てぬ。
 なかなか健康的な正月の過ごし方でよろしいと思うぞ。

2000年1月07日(金)01時47分QTムーン「ん?」

 何こそこそ話してるんですか?

◆刃さま
 はあ・・・そ、そうですね。
 でもあれはかなり恥ずかしいです。
 一度試してみてください?

2000年1月09日(日)10時08分「すまなんだ」

 旅行から帰宅したのじゃが、色々と片付ける事が多く中々顔が見せられ
 なんだ、元気じゃったかの? さて帰還早々だが今月末に重大発表がある!
 これまでのようにどうでも良いイカレポンチな内容じゃないよう(シャレ)
 なので心して待つべし!
 ・・・ワシは涙で目が曇ってみえんぞい・・・

2000年1月09日(日)23時44分化学忍者・刃「ついに……」

 ついに…この日が来てしまったか……。
 …いや、なんでもない。爺の発表を待とうか。

>QTムーン
 先ほど、市街で真一賃具(まいっちんぐ)のポーズを行ってきた。
 はじめから市民の目が冷たかったのだが、七発目を行ったところで警官が飛んできて、猥褻物なんたらの罪で捕らえられ、今留置所にいる。んでも忍法ですぐ帰るから心配するな。

2000年1月10日(月)01時02分QTムーン「刃さまっ?!」

 アレを試して下さったんですか? しかも人前で・・・。
 私、感激です!
 あんなバカな真似をしているのは、世界で私ただ一人だと思っていました。
 早く留置所から帰ってらして下さいね♪

 それはそうと。
 昭三郎さまの言っていた意味深な言葉が気になるなあ・・・。
 刃さまも何か知っているみたいだし。
 なんか、今までを振り返るとろくなことがなかったから、段々不安になって来ちゃった(涙)
 心ちゃん、散歩に行ってこよう! ←現実逃避

2000年1月12日(水)11時25分天馬代役あおいちゃん「爺の代役はおまかせよ☆」

 おじいちゃんが暫く来れないから私がそれまで代理ホスト頼まれちゃったあおいです! 初めましてのよろしくね! 刃さんQTさん!
 正義の味方としてはまだまだ半人前だけど爺直伝の正義魂は炎より熱く燃え上がっちゃってるのよ! 趣味はカウチポテトのナイスなぷりちーGALあおいちゃんをよろしく〜

2000年1月13日(木)00時42分化学忍者・刃「出所。」

 すぐ脱出するつもりだったが、さすがに留置所の夜は冷える。少々風邪をこじらせて、特別ルームでゆっくりと休んだ後に出所できた。
 ていうか、「まいっちんぐ」も飲んだ勢いってやつだったんだが……元凶はやはり酒。今年こそは少し控えたい。

>あおいちゃん
 とりあえずよろしく頼む。
 カウチポテトとはなんだろうか? 食い物か?

>QTムーン
 心配をかけたな。拙者はもう大丈夫だ。
 あとは爺が戻ってくれば……(遠い目)。

2000年1月13日(木)01時28分QTムーン「は、はじめまして!」

 あおいさん・・・ですか? こちらこそよろしくお願いしますね!
 わあ・・・代理とは言え、女の子が増えて嬉しいなあv
 ところで昭三郎さまはどうかなさったんですか・・・?

 刃さま、お帰りなさい♪
 お務め(?)ご苦労様でした。
 えっ? 『まいっちんぐ』はお酒の勢い・・・?
 いけません、それはいけませんよ!
 体にも悪いし、気を付けなきゃダメです! ね!

2000年1月15日(土)02時54分青銀のシルヴァン「成人式も終わったね」

 ・・・・・・。
 ところで、僕、いくつだっけ・・・。

2000年1月15日(土)11時59分あおい「それはね…」

 爺さんは現在ある事のタイミングを計って待機中なの
 今月の20日位には顔をみせると思います〜。
 でもね…この基地にヒロインは2人もいらないわ! QTさん!
 いやさQTムーン、いきなりだけど変身しなさい! ヒロインの座を懸けて勝負よ!

>刃さん
 …とまず勝負は置いといて…と、『カウチポテト』ってのはね、カウチ(まぁ座椅子みたいなものかな?)でくつろぎながらポテトチップスをたべる…要するに『部屋でゴロゴロする』って意味のスラングよ、わかった? …ああ緊張感が〜

2000年1月15日(土)23時20分化学忍者・刃「舶来の言葉は苦手だ…」

>あおい
 ぬぅ、カウチポテトとはそのような意味であったか。それなら拙者も得意だ。
 化学用語ならすらすら出てくるのだが、それ以外の舶来ものはどうにも疎くてな。

>QTムーン
 真の酒飲みは、クスリを飲みながら酒を飲むくらいではければな。
 先日はそれやって見事に身体を壊した。しかしそれも男の勲章、気遣いはありがたいが止めてくれるな。

 さて、勝負とはおもしろいな。ヒロインの座はともかくとして、戦いを通じて得る親睦というのもなかなか良いものであろう。

2000年1月16日(日)04時16分QTムーン「はあぁ?!」

 なななな、なんで私とあおいさんが戦わなきゃならないんですか??
 私達、仲間同士じゃないですかあ〜。
 変身しろって・・・・・・私は悪と戦う時しか変身しません!
 仲間とも戦いません!
 ヒロインの座なら、差し上げますから・・・ね?
 刃さまぁ、黙って見てないで助けてくださいよぉ(泣)

2000年1月17日(月)10時38分あおい「あらら」

 試合放棄されちゃったか〜、ま〜いいわ、私の役目は代理だからねそろそろ爺が戻ってくるころね…ラオックス基地は複雑だわ。
 代理人にヒロインの座は不用! 奪いやしないから安心してちょ☆
 刃君、一体この21世紀になろうとしてる日本のどこで育ったの?
 忍者ってまだ絶滅してないんだね〜、でも化学に強い人が薬とお酒を一緒にのむってのはコンジョーあるって〜かなんて〜か(笑)

2000年1月17日(月)11時38分「さて…と」

 あおい君ご苦労じゃった、もういいぞ、さてちょっとばかし留守にしていたが皆息災じゃったか…?
 いよいよ発表する時がきたわい、皆心して聞いて欲しい、このHP『流れ星☆流星団』に集い、色々活躍してくれた戦士の諸君…本流星団は『今月1月31日をもって解散』いたす、この1ヶ月わしなりに考えた上での結論じゃ、来てくれてた皆にはとても済まないが、どうか訳を聞かずに許して欲しい。思えば冗談で始まった正義集団だったが皆の助力のお蔭でここまで続ける事ができた、誠に感謝する、ありがとう!
 取り敢えず31日までは普通に存在するがそれでお別れじゃ、今回は冗談でも変な企画の前振りでもない、皆にもう一度感謝しつつ発表を終えるとする、もう一度ありがとう! 諸君!!

2000年1月18日(火)23時46分化学忍者・刃「そうか……」

 刃の目には、解散を発表する爺の姿が沖田艦長と重なって見えた。
 そしてBGMは「蛍の光」。
 なんだかよくわからないが、とにかく刃の心境を素直に表すとこうなる。
 刃は涙を隠すため、ただひたすら酒をあおるのであった……

2000年1月19日(水)02時13分QTムーン「その時QTは……」

 目を見開き、ぽかんと口を開けて、阿呆面をさらしていた。
 いまの心境を言葉に表したいのだが、思考が止まってしまっているらしい(笑)。

2000年1月19日(水)03時19分ブライギター01「ただいまンガアアア!?」

 ヘロヘロになって帰って来たブライギターは、登場そうそうカッコつける筈だったが。
 その面はアゴが外れて床に突き刺さっていた・・・・

2000年1月19日(水)09時54分「うむ」

 すまない、今日から月末までの間は独りでも出来うる限りは来る、その為にほかのHP基地への出張手当を削っても来る、31日に至っては親が死んでも来る、今日もここに顔を出すためだけに来た。
 皆ありがとう、でも事実である、ここで身に付けた事が役立つかどうかは解からんが、少しでも楽しんで頂けてたならわしはとても幸せじゃ、それでは月末までの期間よろしゅうにな、来れなくても文句は無いぞい、ただある日いきなり閉鎖してしまうお別れだけは避けたかったので宣言したのじゃ。

2000年1月20日(木)09時42分「今日も来た」

 うむ、やはり閉鎖を宣言すると寂しくなるものじゃわい…どれ、基地の掃除でも始めるとするかのぅ、今まで手荒に使ってきてすまなんだ、コンソールの一つ一つが夢の残骸のようじゃわい(すっかり老け込む爺であった)

2000年1月21日(金)00時48分ブライギター01「ふふ、すっかり老け込んだ様じゃないか爺さん。」

 ここが消えても『心に正義有り!』
 正義は決して消えたりはしない、そして俺達の熱い魂も!(クサッ)
 爺さん、天馬の呪いをここで終わらせてやるぜ。
 このブライギター様が居る事を忘れるなよ、ここが無くなる事で『悪』をのさばらせる訳には行かない!
 近く『秘密ヒーロー集結組織』を作り上げ、正義の勢力拡大を約束するぜ。
 その時がきたら、爺さんも力を貸してくれるよな?

 さて、組織名は何にするかな・・・『英雄伝説ブライギター01』なんてのはどうかな・・・フフフ。
 既に自分の世界に陶酔し、主役の座を一人占めする妄想にふけるブライギター。

2000年1月21日(金)02時32分QTムーン「昭三郎さま、私もお掃除、お手伝いします!」

 そこには、やっと立ち直ったらしいQTが、掃除用具一式を携えて立っていた。

 お掃除は、いつも暇なときには念入りにしていたつもりだったんですけど・・・
 私も結構、手荒に扱っちゃったりしてたから(笑)★
 短い間だったけど、この基地にはとってもお世話になったし、いろんな経験が出来た。
 ありがとう・・・・・・

 にっこり微笑むQTの瞳には、うっすらと光るものが浮かんでいた。

 昭三郎さま。
 基地は閉鎖しちゃうけど、私はこれからも今までと変わらず、正義のために頑張るつもりです。
 だから・・・だから、私が一人前になるまで、見守っていて下さいね。

2000年1月21日(金)09時46分「うう…ありがとう! 諸君!(感涙)」

 くくう…目から鼻水と小便が出てきおったわい…今日の仙台基地は猛吹雪、今までの降らなかった分がまとめて降ってきたような凄い雪じゃ身体前面雪塗れになって(爺はスクーター愛用の為)来た甲斐があったと言うものじゃ、帰り道は辛そうじゃがな…
 勿論新たに基地を作るというならわしも司令から単なる一ヒーローになって参加させてもらいたいものじゃわい…QTもありがとう、お主が一人前になる頃にわしが生きているか疑問じゃが、がんばってくれのぅ
 ようし! 元気でた! わしも一発ばあさんと子供でもつくるかのう!

2000年1月22日(土)01時14分化学忍者・刃「発つ鳥跡を濁さず」

 さて、悲しんでばかりも居られぬ。拙者も掃除をしなければ。
 QT、爺、拙者の開発したこの洗剤を使ってくれ。
 おっと、その前にひとつだけ言うことがある。
「奥さん、中性と塩素系を混ぜちゃいけませんよ」
 ……拙者はこの台詞が言えただけで満足だ……

2000年1月22日(土)01時34分QTムーン「きゃ〜(*^^*)」

 昭三郎さまったら、お元気ィ!
 私の方が照れちゃいます・・・ポッ(///)

 あ、刃さま、洗剤ありがとうございます♪
 丁度切らしてたんですよね♪

 掃除の傍らに『賃貸版住宅情報』をめくるQT。
 今まで基地に居候していた彼女は、別の住処を探さなければならない。
「えと・・・ペットOKで、広いクローゼットかトランクルームのある所は・・・と」
 どうやら心を一緒に連れていくつもりらしい。
 ・・・だから、心は刃の忍犬だってば。
 広い収納は、自分のパーツをしまう為・・・か?

2000年1月22日(土)10時07分「わはは」

 今日は昨日と打って変わって快晴じゃ! ぽかぽか暖かい良い陽気じゃのうむう、刃はこの科学力…いや化学力で日用品などを売って生活して行けそうじゃの〜、洗剤の間違った配合は死ぬかもしれんので奥さんと言わず要注意じゃ QTはアンドロイドだから戸籍がないぞ? そのままではアパートも借りれんと思うのだが…いっその事ビデオ版キュー○ィーハニーの様に記憶を消して市長の秘書として第二の人生を送るのも良いかものぅ…多分ブライギターあたりがHな新聞記者の役回りにでもなってくれようぞ。

2000年1月23日(日)02時32分QTムーン「そ・・・そういえば・・・」

 戸籍も住民票も、見たことなかったわ・・・がっくり。
 記憶を消してって簡単に言いますけど、そんなこと出来ませんよ〜(涙)
 あう・・・私の新しいお部屋〜(号泣)

 昭三郎に言われるまで、そんなことにも気付かなかったQT。
 やはり、彼女が一人前になるまで昭三郎が見守るのは、無理があるかも知れない・・・・・・

2000年1月23日(日)03時13分化学忍者・刃「阿呆ッ!」

 拙者の最後の試練に気づかぬとは……そんなことでは塩素ガスを吸って死ぬぞ。
「中性」ではなく「酸性と塩素系を混ぜると危険」が正しいッ!
 いかに化学に無頓着でも、命に関わることは知っておこう。

 QTもアンドロイドだから大丈夫と毒ガスに無頓着では、正義の味方としてどうかと思うぞ。
 爺も、老い先が短かいからとはいえ、年の功で気づいて欲しかった。
 特にブライ。アパート暮らしと毒ガスは切っても切れぬもの(?)。気を付けてな。

2000年1月23日(日)05時03分QTムーン「はぁうぅ〜(涙)」

 ごめんなさい、刃さまぁ〜(涙)
 こんなことで私、この先一人で生きていけるんでしょうか〜・・・・・・

2000年1月23日(日)05時58分マクローネ「流星団の最後」

 フフ、フフフ!
 久しぶりねみんな。
 流星団が解散するようだけれど、これってどう思う?
 『これで邪魔者は消え去り悪のしほうだい!』・・・・いいえ、違うワ。
 正義の散る瞬間は、悪の熾烈な攻撃で基地が破壊され、全ての望みが消え去る事。
 我々ブラック団が健在のまま気持ち良く解散なんて、許される事ではないワ!

 これより、ブラック団五つ橋支部は、総力をかけて流星団に総力戦を仕掛けるわよ。
 タイムリミットは流星団解散の月末!
 それまでに奴等を壊滅に陥れ、我々悪の完全勝利を手にするの!
 これぞ悪の華!
 今まで隠密裏に開発していた暗黒破壊マシン『デストロイ大帝』発進用意!!
 幹部、怪人、全ては戦闘態勢で待機せよ。
 シルヴァン! 今度は鏡の前でウットリしてちゃ駄目よ。
 過去の怪人復活能力をあげるから張り切って戦ってらっしゃい!
 各怪人の指揮権は四天王に預ける。
 すっかり解散ほがらかムードの流星団に、壊滅の終焉を与えてあげなさい!

 『総員出撃!!』

2000年1月23日(日)09時42分「そんな事はないぞい」

 電子頭脳に強力な磁石を近づけるとあっとゆ〜間にくるくるパー…ではなくて記憶喪失になると思われるぞい、ただこの方法だと多分日本語すら忘れて赤ん坊状態になるかもしれんが、その方が萌えるとゆ〜危篤な奴等も世の中にはいるから安心じゃ! では早速強力電磁石『QTぱーマシン』を…(いそいそと妙ちくりんな装置を取り出してくる爺)
 刃よ…わしゃ日本男児じゃからして風呂は五右衛門風呂、洗剤に至ってはキッチンハイターでオールオッケーじゃ、したがって洗剤の組み合わせであれこれ悩んだ事などなかったのじゃスマン、この年にして勉強になったぞい。

2000年1月23日(日)10時31分ナナコ・ナデシコ「解散なんて海産物〜〜〜」

  解散なんですか〜〜〜、ワンワンキャンキャン(笑)。
(保健室でじゃすみんてぃーとちーずけーきをいただきながら)

 正月ぼけでしばらく冬眠してたら意外なことになってますの〜〜〜。

 でも人間引き際も肝心ですよね〜〜〜。
(いそいそと保健室の整理をはぢめる)

 あ、そうだ、この保健室の設備や備品とかもらっちゃていいですよねなの〜〜〜。

>QTちゃん

 ねえねえ、じゃあ一緒に一軒家でも借りませんかですの〜〜。
 クリニックか開けるような、おっきな家がいいですの〜〜、ろまんちっくな屋根裏部屋と正義なメカの格納庫と、素敵にテラスとベランダ付の〜〜。
 もちろん心ちゃんもクリニックのマスコットとして一緒ですの〜〜〜。
 QTちゃんにはびっじーんの看護婦さんとして、働いてもらえるとうれしいですの〜〜。

 そして、夜にはゴッサムシティのりばっとまん&ろびんみたいにも、二人で街の平和を守るんですの〜〜〜(うっとり)。

(・・・男性メンバーにはフォローなしかいっ^^;)

 ぴんぽんぱんぽーん。
 お知らせでーす。
 実はナナコはVolksってサークルが運営する「フォートレス・マトリクス」ってPBMのキャラだったんですの〜〜〜どりる犬娘の〜〜〜。

 このゲームは会費は安い、メールでアクションだせて、ちゃんと届いたかの確認もできて、リアクションもメールでいただける上(紙でも届く)、遅刻ゼロというものでした〜〜。
 Eメール関係は多少システムが変わるかもとれませんが、すでに次回作も三月から動く事が決定してます〜〜。
 興味のある方は、下記へどうぞ〜〜。

 http://www7.cds.ne.jp/~darkside/volks/

  のはずです〜〜〜。

2000年1月24日(月)03時57分QTムーン「やっ・・・いえ、あの・・・・・・!」

 そ、それは結構です、昭三郎さま(^^;
 只でさえ使えない私の頭に、これ以上変なことしたら本当に使えなくなっちゃうです!!
 私はそんなのイヤですぅ〜(涙)

 ななこさん・・・!
 優しいんですね、ありがとう(感涙)
 看護婦の資格は持ってませんけど、頑張ってお手伝いします!
 心ちゃんも、マスコットとしてだけじゃなく、番犬にもなってくれますよ♪
 本当は刃さまの忍犬ですから、ね★
 えっと、じゃあ早速、新居を探しに行きましょう〜♪
 31日になっちゃったら、私、住むところがなくなっちゃうから〜。

2000年1月24日(月)05時48分ブライギター01「磁石ゥ?」

 磁石で記憶が吹っ飛ぶなんて・・・
 QT、お前の頭脳の記憶回路は磁気テープなのか!
 そんなんで今まで動いてたとは、ある意味スゴ過ぎだぜ。
 もしや、QTぐらいなら俺でも作れるかも知れん。

>爺
 Hな新聞記者か、戦わなくなったヒーローにはお似合いかもしれないな。
 んじゃあ記憶抹消後の葉月の名は如月に変更か。
 余り違和感が無いし、月繋がりでピッタリだが何かとマズそうだな。

2000年1月24日(月)05時51分ブライギター01「何やら雲行きが怪しいぜ・・・」

 いやな事が起りそうだな(ぼそり)

2000年1月24日(月)06時25分QTムーン「何? 何のこと?? <雲行き」

 ブライギターさま、QTぐらいなら作れるかもって、そんな・・・・・・(^^;
 私の回路等については、聞かないで下さい(泣)
 自分でもつい最近、アンドロイドだって知ったばかりですし・・・自分の中身のことは何も知らないんですぅ(涙)

2000年1月24日(月)11時10分「あと1週間じゃ…」

 わしにも感じられん殺気を感じるとは、大きくなったの…ブライ一体何が起こるというのじゃ? そういやお主が変身するところをほとんど見られんかったの〜いっぺん隠し芸だと思うて変身してみてはくれんかの〜?
 QTの中身は製作者のヘルメット博士亡き今となっては、解体する以外に知る術はない…磁石で記憶が消えるというのは冗談だが、もしかするとホントにそれで消えてしまうかもしれん、なにせどんな構造かは解からんのだからの〜試してみるか?
 ナナコさん久しぶりじゃの〜保健室の備品なら持って行っても構わんがどの道ドリル一丁でなんでもできるお主には不要なんでないかい? およ、どりる『犬』娘とな? まったく犬に縁のある団体じゃったの

2000年1月24日(月)14時49分オペレーター「緊急報告」

 大変です!!
 今までに無い程の怪人の大軍が、我が流星団基地に接近中。
 各方面から四方を囲むように攻めて来ています!
 各地からの救助要請で回線が混乱しています。

 更に広瀬川流域、愛宕神社方面から巨大なエネルギー反応・・・・・!!!
 こ・・・これは、敵の『流星級人型巨大兵器』です!
 モニターに映します。

 少しノイズの入ったモニターに映る広瀬川。
 画面が大きくぶれると、川が二つに割れ人型の巨大な影がせり上がってくる。
 水飛沫に浮ぶ漆黒のその姿は、ゆっくりと流星団基地へと歩みを進めた。
 良く見ると、巨大な二本角の有る頭の横に、
 びしょ濡れのマクローネが『失敗した〜』って顔して立っている。

2000年1月25日(火)00時08分どりるナース・ナナコ「お客さまを歓迎しないとですの〜〜〜(くす)」

  まあ、それは大変ですの〜〜〜
 まあ、とりあえず基地の備品や設備は、戦闘メカや武器以外はこんなこともあろうかと、すでに安全な他のとこへ移しておいたですの〜〜〜。ナナコが欲しいものは、こないだ親切で色気とかわいさとドリルに弱い不動産屋さんの紹介で見つけたおっきくて素敵なおうちに移してあるですの〜〜〜。
 きうていちゃんと心ちゃんもきっと気に入るですの〜〜。
 暖炉やバーもついてるし、囲炉裏や五右門風呂も標準装備なんですの〜〜〜(どんな家だ)
 さあこれでこころおきなく、「お客様」たちをもてなせますの〜〜〜。
 さあ、基地の各所にいろんなトラップをしかけておいて〜〜〜(いつのまにっ^^;)。

 みなさんも好きなトラップを仕掛けて、お客様たちを迎えうつですの〜〜〜(笑)。

 とりあえず、下水から海につながる落とし穴と、ワニのいる落とし穴と、つるつるすべる床と・・・他には何がいいでしょう〜〜〜?(おひ)

2000年1月25日(火)19時28分「なんじゃ〜!?」

 もう少しで平穏に終わろうとしてる流星基地にここへきて最大のピンチってやつか〜!? ええ〜いちょこざいな!!
 これをわしの最後の仕事にしてくれるわ! 爺バイクGO!!
 爺が指をならすとホンダのバイクが音速の50倍と言う無茶な速度でやってくる、空気抵抗など無きがごとくそのスピードのまま突っ込む我等が爺! ちなみに爺は無免許だが正義の前に国家の許可など不要と言える。
 『わしの流星基地はわしが守る!!!!』

2000年1月25日(火)20時56分QTムーン「おろおろおろおろおろおろおろおろ・・・・・・」

 ななこのお陰で部屋も決まり、平穏に最後の時を迎えられると思っていたQTは、ただうろうろするばかり。

 あんな大きいのが来るなんて・・・昭三郎さまはバイクで出て行っちゃうし、私はどうしたらいいの?!
 と、とりあえず変身・・・・・・どこか隠れるところは・・・っと。

2000年1月25日(火)20時58分青銀のシルヴァン「えぇ?!」

 そっかー・・・ 仕方ないなぁ。
 じゃあ行ってみようか。
 まずは怪人たちを復活させて・・・っと。

2000年1月25日(火)21時00分白金のプラティナ「わたくしも参ります!」

 復活した怪人を、手当たり次第に巨大化させてやりましょう!

2000年1月25日(火)23時23分化学忍者・刃「いや〜びびった〜」

 米ヶ袋の秘密のアジトでだらだらと過ごしていたら、ものすごいロボットが現れた。みんな気を付けろ!! ……って、もう知っている、か。その顔では……。
 爺も年を考えず突っ込んで行ってしまうし……まぁ、大丈夫かな。多分。
 QTは? まさか隠れたか? 出てこないとリモコンで自爆ボタン押してしまうぞ。(心の)
 なんかナナコが一番頼りになる気がするのだが…落とし穴に爺が落ちないことを祈るのみだ。
 ブライも久々の戦闘だな。ほぼ生身で宇宙から生還したその力、今こそ発揮する時。健闘を祈る。
 そして拙者か……取りあえず奥義「化学忍法火の鳥」でもやってみるかな。一度もやったことがないので不安だが……

2000年1月26日(水)09時59分「ぐああああ」

 『だれじゃあ!! こんな所に落とし穴をほったやつはーーー!!』
 音速の50倍と言うスピードで穴に突っ込む爺、勿論バイクは木っ端微塵、爺は慣性によって物凄い勢いで前方へ吹っ飛ばされたちなみに音速の50倍と言うスピードの前には爺の衣装など当然空気との摩擦によって燃え尽きている、これぞ科学的根拠のある脱衣変身と言えよう。
 『くそっ! こうなったら奥義を出さざるおえんな…いくぞ!! 天馬殺法奥義!! とびこみ大パンチ小足払い×5キャンセル爺無敵対空飛びアッパー!』
 …しかし巨大ロボの前になんの意味があろう…爺の名誉の為に言っておこう! これは対人戦では正に無敵だったのだ!
 『うおお腕がおれた〜!! …ええいQT! 最後ぐらいパ〜ッと人前で変身せんか〜い!』
 しかしこれは八つ当たりと言えよう…

2000年1月26日(水)10時11分ブライギター01「ふ、俺とした事が・・・」

 爺さん、確かに良く考えてみたら。
 変身サイボーグヒーローの俺が、今まで一度も変身していなかったとはな。
 いい機会だ、俺の変身見せてやるぜ。
 生身で大気圏突入したこの体、更にスーパーパワーアップだ!

 『俺チェーンジ!  ブライダ〜〜・・・(溜め)・・・01!!』(名前あんまり変って無いやん)
 シャキーン! 変身ポーズをきめビルからジャンプするブライギターだが。
 着地したその姿は、かなりサイボーグ風、目は四角いヘッドライトみたいだし、顔の真ん中に線入ってるし。
 やっぱりコイツ古いタイプのヒーローだったか・・・・って感じ。
 ・・・・・・・・・・・・・関節ジャバラだし。

2000年1月27日(木)02時13分青銀のシルヴァン「初めて流星団の基地に来たよ…」

 最後くらいは姿を見せておかないとね… 存在自体が闇に葬られてしまうのは、さすがにゴメンだからね。
 さて… 誰でもいいや。なるべく強いヤツがいいよね。
 怪人よ、復活して僕を守って… いや、助けてくれないか…?
 …違うな。
 流星団の奴らを叩きのめせ!(紫のバラをくわえ、マントを翻し、ポーズ★)

 シルヴァンの力によって復活したのは、『馬鹿力元帥』だった!

2000年1月27日(木)02時28分QTムーン「きゃう〜! いますいます!!」

 隠れてたんじゃありません、変身しようと・・・・・・
 いま行きますから、心ちゃんを爆破しないで、刃さまぁ〜!!(号泣)
 ・・・・・・あれ? そこにいるのはもしかして・・・ブライギターさま?
 わぁ、ブライギターさまも変身できるんですねぇ!
 本当のヒーローみたい〜! すごぉ〜い!!
 ・・・ひいっ! し、昭三郎さま、何故服を着てないんです?!
 こんな真冬にお年寄りが、すっぽんぽんで外を走り回ってるなんて・・・破廉恥です! ・・・じゃなくて、非常識です! ・・・じゃなくて、お体に障りますよ!
 早く服を着て下さい?!

 刃に脅されて、結局変身出来ずに出てきてしまったQT。
 果たして解散までに、人前で変身する日は来るのか?!

2000年1月27日(木)02時51分化学忍者・刃「ここまで敵の侵入を許すとはッ!」

 シルヴァンだかフライパンだか知らぬが、ここまできて無事に帰れると思うなよッ!
 っと……爺……案の定落とし穴にはまってやがる。取りあえず拙者が開発した「万能飲み薬」を飲め。骨折くらいなら三分で治るはず。(なんだかドラえもんみたいになってきたな、拙者……)
 拙者の「化学忍法火の鳥」にはもう少し時間がかかる、それまではブライに期待するしかない。外見はともかくとして。

2000年1月27日(木)10時03分「ごくごく…ぷはっ」

 骨折が飲み薬で治るとは便利な時代になったものよの、刃、おのれ…流石のワシも巨大ロボ相手にはなす術が無いのう…
 しかし! 人間相手なら話はべつじゃ! なんと言ってもこのワシの甘いマスクによる色仕掛けが効くでのぅ!(冗談なのか本気なのかイマイチ不明)そこの紫の薔薇の人!(ガラスの仮面か?)
 わしがギャフンと言わせてくれるわ! …うむ? 裸がハレンチ学園じゃと? ええ〜いQT! お主が脱がんからワシが替わりにお色気を担当しておるのじゃ! ワシに服を着せたければ、せめて敵の攻撃が何故か胸の部分だけにあたって破けていや〜ん☆くらいの事はやらんか〜!
 …それはそうと…あのかっこ悪さ大爆発の関節蛇腹のヒーローは何者じゃ…? かっこ悪さは兎も角、ワシに近い世代のヒーローのようじゃがでもやっぱかっこ悪いの〜(変身シーンを見てない爺であった)

2000年1月27日(木)11時07分ブラック団「猛進『馬鹿力元帥!』」

 ブラック団の魔の手は、最早流星団基地内部にまで及んでいた。
 その最も中まで入り込んだ者は、復活怪人『馬鹿力元帥』。
 シルヴァンより復活され、自慢の特効精神で隔壁を破りまっしぐら。
 目指すは、・・・ってコイツ目ーつぶって突っ込んでヤガル。
 よって目指すはQTの服の胸の部分。(多分)『フンガー!!』

2000年1月27日(木)23時11分ブライギター01「俺の名は『ブライダー』」

 ブライショットは火を噴き、ブライセイバーは次々と敵に『B』の字を刻む。
 変身を遂げた俺に、雑魚が何人で掛かってこようが関係はない。
 只・・・・強いがカッコ悪いのだ。(本人はそう思ってはいない様だが)

☆刃
 良し、俺が何とか時間稼ぎをしよう。
 刃は早いところ『化学忍法火の鳥』とやらで雑魚を一掃してくれ。
 このままではたとえ雑魚でも埒があかない。

☆QT
 何やってるんだ、早いところ変身しちまえQT!
 じゃないとマジで『まいっちんぐ』されちまうぞ。

2000年1月27日(木)23時19分マクローネ「ラストよ、皆頑張ってね。」

 この戦いが終わったら、みんなには一時の休暇をあげるわ。
 世界征服前のインターバル。
 田舎にでも帰って、のんびりしてくると良いわね。
 そう言えば、あたし田舎の思いでが無いわね・・・?
 OLしてた頃しか思い出せないわ、なんでかしら?
 誰? いま『年だから』って言ったのは! 御仕置き部屋に住ませるわよ!!

2000年1月28日(金)12時05分「むむ〜! やりおる!」

 …あの蛇腹…ブライダーとか言う奴め、結構やりおるわい、わしの時代も終わりだと思うていたが、同じくレトロなあやつにだけは負けたくないものじゃのう…馬鹿力元帥はどうやら狙いを定めたようじゃし、わしは『いぶし銀の汁番』とやらに向かうとするか!
 汁番とやら、たかが台所の見張り番ごときがわしにかなうとおもうてか! 食らえ必殺爺銃乱れ撃ちぃ〜!! 相変わらず弾切れしない謎の銃を乱射する爺であった…

 そのころ流星基地地下コンピューターは暗黒団のハッキングをうけ、自爆準備に入っていた…自爆まであと3日

2000年1月28日(金)21時02分青銀のシルヴァン「誰が「いぶし銀の汁番」だ!」

 ぢぢぃめ・・・!!
 貴様の相手はコイツらだ! 行け、怪人たち!

 天馬昭三郎を囲んだのは、チワワ男、ポメラニアン男、そして・・・あのコーチ教官を死に至らしめた(?)おじぎ草男であった。
 危うし!? 昭三郎。

2000年1月28日(金)21時35分QTムーン「なんで私に突っ込んでくるのよォ〜?!」

 こういったヒロインの変身には時間がかかるもの。
 よって、今から変身したところで馬鹿力元帥の攻撃は免れない。
 QTは心を盾にしよう考えと辺りを見回すが、一応忍犬である彼は勇敢に雑魚と戦っていた。
 馬鹿力元帥のために道を作っているようにも見えるが・・・気のせいだろう。
 『もうダメ・・・・・・っ!』
 逃げられない! 覚悟を決めた次の瞬間、馬鹿力元帥がQTを掠め、通り過ぎる。
「・・・!!」
 我に返りQTが自分の姿を確認すると、お気に入りのノースリ−ブのミニのワンピース(パステルピンクでアームウォーマー付き)は案の定ズタズタに裂かれていた。
 白の下着もボロボロで、悩ましい部分がかなり露出してしまっている。
 そして止めは『いや〜ん☆まいっちんぐ』!!
「もうっ! 信じらんないっ、お気に入りのワンピだったのに〜!」
 開き直ったQT、そのまま変身初公開★
 『クリスタルムゥーーン・フラぁーッシュ!!』
 一応かけ声もあったようだ。
 いま考えてテキトーに言ったような感じも受けるが。
 そして閃光に包まれたQTは瞬間脱衣し、肝心なところは羽やらぼかしやらで無事隠され、変身を遂げる。
「怒ったわよ、猪突猛進男!」
 ビシっと馬鹿力元帥を指さし、決めポーズ。
 ・・・このペースでは彼女が敵を倒すのは無理か?!

2000年1月29日(土)00時21分化学忍者・刃「これが奥義だ!」

 奥義の準備にしばらく手間取っていた刃だったが、遂に用意が出来たようだ。
「奥義! 化学忍法火の鳥ッ!! …………あら?」
 途端、物凄い閃光があたりを包んだ。何かが燃える音がするが、眩しすぎてよく見えない。
 そして、光が収まったとき、黒こげになった雑魚敵と刃が倒れていた。
「けほっ……マグネシウムの量を間違えた………」
 どうやら、QTの変身シーンに気を取られて薬品の分量を間違えたようだ。
 つっこみ役のくせに、いつも肝心なところで役に立たない刃だった……

2000年1月29日(土)10時20分「ぶーーーー」

 流星団始まって以来のマトモなお色気シーンに鼻血を吹いて倒れる爺、いい加減枯れた爺が年甲斐もなくとは思うだろうが、これはお約束であり鉄則である、これで心を動かさないような奴は鼻の穴に1週間はきつづけた靴下を突っ込んで町を練り歩く極刑に処されても文句は言えない。
 『良くやった…良くやったぞ馬鹿力元帥!!』
 十万馬力で拳を握り血涙を流し感動する爺の姿があった すでに敵にも拘らず馬鹿力元帥に友情パワーすら芽生え始める爺であった、キラキラ目で感涙アンド鼻血にむせぶ爺を再生怪人達が容赦なくぼてくり回しているが、爺は今常人の数十倍のアドレナリンで満たされており一切痛みを感じないのだ
 『汁番さんや…見たかの今の? ホッホッホ…わしゃ20年は寿命が延びたわい』
 延命効果があるかどうかは別として戦闘不能になった事だけは事実である、刃に続いて爺まで…予告してもいいがブライダーも似たような反応を返すと思うぞ! どうなるんだ流星団!! あと二日だってのによ〜

2000年1月29日(土)16時51分真どりるなーす・ナナ「あぶないGさん、びんちだGさん! おぶおぶ。」

  たとえ痛みは感じなくとも、ダメージは蓄積されていく、ぴんちだGさん!

 その時、地下のナナコの保健室から地鳴りと振動が響いてくるッ。
 次の瞬間、床から飛び出したニ本のドリルに、ぶつとばされるポメラニアンとチワワ。
 ポメ「きゃうーんッ」チワ「チワワーンッ」
 動物虐待に見えるが、彼らは怪人だし、老人をよってたかっていぢめてたので、ノーブロブレムだッ。

 そして、ドリルにつづいて、真ゲッターならぬ、真どりるなーす・ナナコが飛び出してきたッ。

「ほえ〜〜〜、新型ドリルはすごいですの〜〜〜」

 ナイスなタイミングで現れた様に見えるが、ナナコのほっぺに女性ファッション雑誌のグラピアが転写されているのは抜群に秘密だ! 。
(・・・うたた寝してたらしい・・・^^;)

 

 GGG,

2000年1月30日(日)02時59分青銀のシルヴァン「おい、ぢぢぃ。」

 たかが小娘が変身したのが、そんなに嬉しいのかい?
 どうやら小娘より美しい僕の価値が、ぢぢぃには解らないようだね。
 それよりさ、何度言ったら解るんだい?
 僕は「汁番」ではなくて「シルヴァン」だ。
 正しく発音してくれたまえ。頼むよ。

2000年1月30日(日)03時22分QTムーン「いくわよ、馬鹿力!」

 『超必殺技ーッ! QT!! ミラクルぅ〜プリズムラヴミーサンダーバーニングデッドディープイリュージョンシェイキングアローー!!!』
 超必殺技とは、QTの持つ必殺技全てをいっぺんに放つ、恐ろしい破壊力を持つ技だ!
 QTから放たれた光の矢のような閃光が馬鹿力元帥を直撃すると、馬鹿力元帥は光のバリアに包まれた。
 そしてバリアの内部で爆発が起こったかと思うと、光は急速に収束していった。
 ――馬鹿力元帥は、あとかたもなく消えていた。

「やっ・・・たぁ! 初めて役に立てた・・・・・・」
 QTは微笑みを残しながら、その場に頽れた。
 もはや変身後の姿を保つことさえ出来ないほど、力を使い果たしてしまっていたのだ。

2000年1月30日(日)03時28分白金のプラティナ「く! こうなったら…」

 最後の手段ですわ!
 残る怪人おじぎ草男を、巨大化させますわよ! えい!!

 だがしかし!
 巨大化光線はおじぎ草男ではなく、となりにいた天馬昭三郎にあたってしまった!!

 みるみる巨大化する、裸のままで血を流す爺!

 プラティナは頭を抱えて座り込んでいる。
「あああ〜、最後の最後で大変なヘマをぉ〜」(号泣)

2000年1月30日(日)04時18分ブライダー01「悔いは無し!」

 良くやったQTムーン。
 これでやっと、一人前のヒロインとして成長を遂げたな。
 その、『ほんのりお色気風味』決して忘れるなよ。

 生体部分の中身は眼血、鼻血を吹き出し。
 全身を覆う装甲の隙間から流血するブライダー・・・今や鉄の棺桶、鋼鉄の処女状態。
 だが、なんとかまだ立っていられる様子だ。

☆刃
 それに比べて、不甲斐ないぞ刃! 黒焦げとは何事だ。
 つうか、お前の分身も『アルムの揉みの木』で働いている場合ではない!
 未だ敵の脅威は去っていないんだからな。

☆ななこ
 すげいマイペースな奴だな、この基地穴だらけになってるようなイメージが有るが俺だけか?
 だが、十分に敵を減らしてくれてるので何も言えん、いや良くやった!

☆爺
 ついにQTの変身に成功! おめでとう!! ありがとう!!
 俺は心の中で天馬一族全員と涙を流しながら固く握手した。
 良し、このまま一気にたたみかけようじゃないか!
 感激でボケ進行してる場合じゃないぞ、巨大爺さん、チャンスだ!!

2000年1月30日(日)04時32分マクローネ「破壊魔神『デストロイ大帝』」

 アーハッハッハッハッハ!
 もう抵抗する力も残ってない様ね『流星団』!!
 最後はこの破壊魔神『デストロイ大帝』で基地ごと踏み潰してあげるワ!!

 基地目前まで迫る暗黒の人影、その巨大な鉄の城の歩みはまさに終末へのカウントダウン。
 だが、そこに突然立ちはだかるもう一つの巨大な人影、・・・・・・・『巨大化爺』である。

 ななな・・・何なの?
 って、あらん昭三郎サマ〜ン(ハート)
 マクローネと呼応する動きでデストロイ大帝がクネクネとキモイ動きでオトメちっくに動く。
 目玉ハートになったラブモードのデストロイ大帝は、爺に片足上げて抱き着いた。
 ギリギリと締め上げるデストロイ大帝・・・・・愛は盲目だ。

2000年1月30日(日)05時17分マクローネ「どうしましょー・・・」

 ラブリーな昭三郎様には御怪我をさせたくないワ。

 でも、何時見てもあの御方はステキね・・・・(うっとり)

2000年1月30日(日)21時34分ナナコ「今度は巨大おGちゃん、ぴーんち!」

  ほぇぇぇ駄目だめですの〜〜〜、マクローネとかゆうテキヤ、もとい、敵の色気過剰くねくね女に巨大おGちゃんが〜〜〜っ!(涙)

 こうなったら、とうとう今まで使う事のなかったアレ、そう、「流星ロボ ドリルスター☆」に乗り込む時が来たんですの〜〜!

(つやつやとしたチェリーに唇をひゅうっと鳴らし、叫ぶナナコ)

 ドリルスター! かみんぐ! ですの〜〜〜!

(んごごごごごごこ)

 地を揺るがせ、プールを割って(どこのだ?)流星団の秘密最終すごひロボ「ドリルスター☆(仮名)」が現れるッ。

 胸の☆型のクリスタルにびんくの光線で吸い込まれていくナナコ。
 コクピットでメイドナースな着衣がはじけとび、びんくのリボンがその身体を包み込む。
 どっくんどっくん。

 わずか一ナノ秒でシューティングファイタースーツへとチェンジするナナコ。
 ないすばでーにぴちぴっちのアンテナ付レオタードに包まれた身体がマクローネもまっつぁおのわんだふりゃさを発散しまくってます、ぎゃわー。
 さを

 そしてGさんを救うべく、マクローネ操る「ださそーな名前のなんとか大帝」に向かってろーらーだっしゅ!

 ところで他のメンバーは乗らなくていいのだろうか? そーうだ、そこの君たちだ! きみたち!
 流星ロボは全員で乗り込んで操縦しなくてはその力を完全に発揮できないのではないのか? つーか、このままだとナナコが一人でおいしいとこを持っていってしまいかねないぞ!(笑)、さあ、いまこそ力をひとつにする時だ! 。(注:神谷 明氏の声でお読みくださいですの〜〜)

2000年1月30日(日)21時43分ナナコ「ところで、」

  刃さんって、あの伝説の「アルムの揉みの木よ」の人だったんですの〜〜〜? 。

 いやっばけつ! ですの〜〜(笑)。

(ジェットストリップアタックを敢行した人のプレイヤーのキャラのおまへがゆーな^^;)

 とかいいつつプライの貧血うはうはモードに気づいて輸血パックをブライに投げ渡すナナコ。
 ちゃんとエイズチェックもしてあるので安心だ!

 

2000年1月30日(日)22時14分「おおう、巨大化するとは思わなんだ」

 さてと…明日で最後と言うのに惚けてもいられるの〜
 そろそろワシのヒーローとしての最後の活躍にふさわしいフィナーレを飾ってくれるわい…
 よくぞ姿をみせてくれたのおっぱいね〜ちゃん!! ワシの正義の心を凝縮したしびれる技を喰らって愛に目覚めるがよいわ!
 いくぞ!! 必愛!!(必殺とは必ず殺す技だが必愛とは必ず愛が芽生える技である、解説終わり)爺らぶらぶびぃぃぃぃぃむ!!
 爺の体から何とも表現し難い色の光線が発射されマクローネ(ロボごと)に直撃する。
 『今じゃ! 奴が愛に目覚めたこの隙に皆攻撃をかますのじゃ!
 愛の力を借りれば全ての卑劣な行為は許されるのじゃ! 愛万歳!!』

 さて、流星団HPは取り敢えず2月01日の早朝に幕を閉じる、それまでに他のみんなは自分なりにシメの展開に持って行って欲しい、さすがに私もみんなのラストまで勝手に書くことはできないのだ〜それではあと1日、みんな最後までありがとう! ちょっと気が早いけど最後の挨拶がわりにしておきます。

2000年1月30日(日)23時18分QTムーン「気絶していたQTは」

 何とか目を覚ましたが、まだ体が言うことをきかない。
 やることはやったし、後は成り行きを見守って・・・・・・傍観。

2000年1月31日(月)02時20分化学忍者・刃「黒焦げから復活」

 まんが的表現によって黒焦げになっていた刃だったが、例の万能飲み薬のおかげで復活していた。
 全身に炎を浴びたはずだが、頭巾と腰の部分のみかろうじて服が残っている。

 そして刃は、いつのまにかナナコとともにドリルスター☆(仮名)に乗っていた。忍の技をもってすれば、光線に頼らずともロボットに乗ることは楽勝である。
 刃の操縦席は畳に座布団という、茶室のようなわびさびに満ちたものであった。のんきに茶をすすっているようにみえる刃であるが、こう見えてもロボットは操縦しているらしい。
 とにかく、最終決戦が迫っていた。

2000年1月31日(月)02時24分マクローネ「カウント10」

 動きを封じられ、なすすべもなくドリルスター☆の攻撃を受ける『デストロイ大帝』
 ブラックニューム合金の装甲は愛に侵食されその強度を失い(何それ)、その巨体を支えるフレームは悲鳴にも似た音をたてて軋む。
 彼方此方から火花を散らせて崩壊して行く巨体に響く警告音。
 『セントウフノウ・・・・キミツホジノタメ・・・コレヨリ ジバクモードニ ハイリマス
 ノリクミインハ スミヤカニ タイヒシテクダサイ・・・・・・カウントダウン《10》』
 赤いランプが点滅し、胸の装甲の奥にちらりと見える巨大な鉄球状の物体。
 ドクロのマーキングのそれは、『ブラック団』の最終兵器『巨大暗黒爆弾』
 そのカウントダウンが今、開始された。

 飛び散る火花の中、驚きの表情で一点を見つめるマクローネの姿があった。
 視線の先は、自らの腕。爆風で傷つき、血が流れるその奥には、電子部品が顔を覗かせていた。

「・・・・・・・いったい・・・どういう事? ・・・・わたしはサイボーグなの?」
 頭を抑え、うな垂れたその時、足元が火を噴きプラズマが走る。
 あああああああああああああああ!!
 デストロイ大帝崩壊の衝撃で、上空から投げ出されるマクローネ。

 カウントダウンは進み、このまま爆弾と『流星団』は共に終わりを迎えてしまうのだろうか?

 .............カウント《9》

2000年1月31日(月)06時40分ブライダー01「『充血!』(輸血完了の事)」

 ブライダーは全力で飛び出し炎の中に走り込むと、既のところでマクローネを受け止め地面の衝突から助け出す。
 敵幹部を抱え、炎に焦がされて姿を現し、
 『こんな青臭い正義魂が、まだ俺にも有ったとはね・・・』自嘲の笑みをこぼすブライダー。
 ・・・この時、薄らと意識を取り戻したマクローネは、後にこう語っている。
 『この人・・・変身しても《ケツあご》のままなのね・・・』

 残りは敵幹部クラスのみだな。
 しかし、厄介な物を残してくれたな。
 あの爆弾のデカさは並みじゃねぇ、中身が単なる火薬だったとしても相当な爆発力だろう。
 爆発オチだけは勘弁してもらいたいぜ。

 この時カウントは《8》を示していた。

2000年1月31日(月)07時05分マクローネ「最後の日」

 みんな、今までありがとう。
 幹部には随分お世話になったわね。

★プラチナ
 通り掛かりにチョップ躱されて悩んだり、ピンチの時に助けに来てくれたり。
 あなたには色々と思いでがあるワね。
 何よりも、強い忠誠心を持っててくれたプラチナ。
 田舎から戻って来てくれた時は、とても嬉しかったワ。
 あたしはもう駄目だけど、これからは自分の幸せを探して生きてちょうだいね。

★シルヴァン
 あなたはいっつも鏡の前にいたわね。(^^
 それと、御仕置き部屋、もうあの部屋もシルヴァン風にアレンジされちゃってて、
 何処が御仕置きなのか良く解からない状態ね。
 でも、あなたがいるおかげで、ムサイ怪人達ばっかりのこの基地も華やかになって居心地が良かったワ。
 此れからの人生は、此処ほど好き勝手出来なくなっちゃうけれど、お姉さんと一緒に頑張ってね。
 自分より好きな女の子でも見付けなさい。

★ブロンズィー
 もう、ヴェガス行ったっきり帰ってこないなんて、しょうがない子ね。
 元気にやってるのかしら?
 もう、裸で懸賞生活なんてさせないから連絡くらいよこしなさいヨ。
 でも、帰って来る所がもう無くなっちゃうのよ。
 あたしが不甲斐なくて流星団に最後の決戦で負けっちゃったの、ゴメンね。
 でも元気でたくましいあなたなら何処でも上手くやっていけそうね。
 ちゃんと立派な大人になった姿、見てみたかったワ!

 それじゃあ、今日で最後だけれど、皆今までどうもありがとう!
 何時か又、悪の華を飾れる日が来たら、もう一度会えると良いワね。

 PS.これが最後のカキコとは限らないから、今日一日付き合ってちょうだいネ。

2000年1月31日(月)09時42分ナナコ「はっ、もしかして〜〜〜」

  マクローネさんときうてぃちゃんは姉妹機?
 きっとそうですの〜〜そうにちがいありませんの〜〜〜チョット前、都庁で青島幸夫が決めたんですの〜〜〜!
 はっ、するとお二人は姉妹で敵同士として今まで戦ってきたんですの〜〜。
 ううっ、なんてかあいそうなお話ですの〜〜〜(感涙)。
 こうなったら、お二人ともナナコのクリニックで愛姉妹ナースとして働いてくださいですの〜〜
(ナ「なんて強引〜〜^^;」ぱ「時間がないんだよ〜〜〜^^;」)
 その為にもあの恐い爆弾をなんとかしないといけないですの〜〜〜、刃さん、あの爆弾を引きずり出して宇宙(そら)に投げ捨てるか、それが無理なら、ドリルスター☆(仮名)の謎の動力炉を爆発させて、お互いの爆発エネルギーで相殺するです〜〜〜。

 駄目でしょうか〜〜〜皆さん他になにかいー考えありますか〜〜〜?
(とかいいつつ、コクピットの私物をいそいそとまとめるナナコ。お気に入りの有田焼のお茶セットとほうじ茶と
 ひそかに回収洗脳しておいたチワワとを。いざという時は脱出するつもりのようだ^^; 操縦はサイコミュなので、手放しでもいいらしい^^;)

2000年1月31日(月)10時21分「さらば!! 流星団!!」

 カウントは徐々に0に向かっている、巨大化した爺はビームで使い果たした体力を振り絞って立ち上がると、流星基地にゆっくり近づいていった、手には半壊したマクローネを持っている。
 『思えばお主も不憫な奴であったわ…安心せい、ワシの愛は改心した悪人にも平等じゃ、お主1人を死なせはせぬわい…』
 基地に覆い被さるように倒れる巨大爺、口元にはかすかに笑顔が浮かんでいたと言う…
 『皆ふせるんじゃ!! 爆発は…わしが食いとめる!! 人間の身体は手榴弾の遮蔽物になる事はナチの人体実験でも証明済みじゃ!! この巨大化したわしの身体なら…食いとめられるはずじゃ!!』
 巨大な手でVサインを作る爺、そして次の言葉が最後の言葉となった
 『流星団! 我が青春ばんざーーーーーーい!!!』
 そして爺諸共基地は閃光に包まれた…さらば!! 爺!!

 さらば『ながれぼし☆流星団』!!

 取り敢えず私の書き込みはここまで、残念ながらパソ無しの身ではこれ以降の書き込みに対する返答を返す事はできないけど、書き込まれた物は後々真の管理人須賀和良作戦参謀に頼んで見せてもらうつもりなので気がむいたら書き込んでてください、それでは皆!! 長い間付き合ってくれてありがとう!! 本当に感謝してるよ!! また何時の日かどこかで会う日までGOOD BYE!!!

 …そして基地後から爺とマクローネが、たかいびきをかいてる所を発見されるまでそんなに時間はかからなかったと言う…