CALENDAR NOTEs

stray notes

2018.10.14 sun

「このまま『Kinza』に戻るとわたくし、本日の負け犬ナンバーワンと言っても過言ではないな」

「………だから?」

「『Chrome』に移行して、イイ閲覧環境を構築すればプラマイゼロになるのではないか、と考えるのだがね、キミイ?」

「はあ」

ということで、再び『Google Chrome』を使用してみることにしました。

ちなみに先月、

「やめだっ、もうクロームはやめだああっ」

となったのは、サイドバーの代替手段として導入した拡張機能『ブックマークサイドバー』の使い勝手が悪かったため。「カーソルをウィンドウの左端に移動させたときに『ブックマークサイドバー』が起動する」という設定にしても、最大化していないウィンドウの周りには隙間ができるというWindows10の謎仕様のために、あるときは『ブックマークサイドバー』が起動し、またあるときは『ブックマークサイドバー』が起動しないという、ストレスがマッハな状態に陥るのです。

これを解決するにはどうすれば良いかとしばし考え、『AutoHotKey』で新たなショートカットを作成することにしました。幾つかの方法を試した結果、「右クリックをすると『ブックマークサイドバー』が起動する。右クリックを長押しするとショートカットが表示される」とすることに決定。これで簡易に、そして確実に『ブックマークサイドバー』を起動することができます。

「オレはもう今までのChromeじゃない……! ネオ……そうネオChrome!! サインいるけ!?」

「サインはいらないけどスバラシイわ……!! Chrome……ユーアーパーヘクト……!!」

ということで、しばらくこの状態で使ってみたいと思います。

2018.10.13 sat

メインブラウザを『Kinza』から『Vivaldi』に切り替えようとしたものの、『withExEditor』が機能しなかったために『Kinza』に戻った、というのが1か月ほど前のこと。その後、『Kinza』を使い続けていたのですが、映像や音楽の再生に不具合が出ることが多いものですから、『Vivaldi』への切り替えに再度挑戦してみることにしました。

だがしかし。『withExEditor』は『Vivaldi』にも対応しているはずなのですが、『withExEditorHost』の設定を何回やっても何回やっても、何回やっても何回やっても、何回やっても何回やっても、ホストが「接続中」になってくれません。やはり私の環境では、『Vivaldi』で『withExEditor』を動かすことはできないのでしょうか。

と、諦めかけていたところでふと思い立ち、『Vivaldi』を確認してみましたらアップデートがあることが判明。「もしや?」と一縷の望みを掛けてアップデートしましたところ、

「きた!接続きた!」

「Host接続きた!」

「これで勝つる!」

と、見事に『withExEditor』が機能するようになりました。その後、他の拡張機能のインストールと設定を行いまして、無事、『Kinza』に「G(ジャイアント)・さらば!」を告げることになった次第です。

と、その筈だったのですが。

『Vivaldi』を最新版にしましたら、こちらでも「Googleにログインできない病」が発生するという罠。キャッシュを含めてアンインストールし、再インストールを行っても状況に変化はありません。結果、「『Vivaldi』は、現時刻をもって破棄。目標を不適合品と識別する」となり、再び『Kinza』に戻ることとなりました。

なお。

本日の件で色々と検索したのですが、その中で一番驚いたのは、『withExEditor』のことを書いた先月の日記が、今年の3月に引き続き、開発された方のTwitterで次のように言及されていたことだったり。

Kazz @asamuzakjp 9月15日

“『Vivalidi』を使用するしかないでしょう。ということで、拡張機能をインストールし、設定を行い……って、『withExEditor』が機能しませんよ?”

ん? Vivaldiも対応しているけど…Vivaldiの拡張機能ページで「ファイルのURLへのアクセスを許可」してないとかかな?

http://sugawara.mints.ne.jp/cn/index.html

2018.10.12 fri

本日は、職場の高校OB会。

「いや、違う、違うな。OB会はもっとガーってむさ苦しいもんな」

ということで、本日、「高校OB会」は「高校OB・OG会」へとスライドエボリューションしました。

私が通っていた高校は、11年前の2007年に共学校となっています。そのため、数年前から「そろそろOGが入庁するのではないか?」という話が持ち上がっていたのですが、今年の春、ついに待望のOGが入庁いたしました。そして本日、その歓迎会を行うこととなったわけです。

……新人さんの入庁から既に半年が経過していますが、それは某部署のT葉君が某イベントのために7月までは土日も休めないほどに忙しく、また、8月は夏季休暇があり、そして9月は何かがあったような気がするなど、日程調整が難しかったためで、決して新人さんを軽んじていたわけではありませんよ? 多分。

何はともあれ。

参加者が「男性9人、女性1人」という、「一方的に話を振られる、痛さと怖さを教えてやろうか!?」という状況に陥るおそれもあったこの会に、同期会を蹴って参加してくれた新人さんの未来に幸あれ。

2018.10.11 thu

早速、妻の新パソコンのセットアップを開始。

初期設定、Windows Updateの適用、コントロールパネル・設定アプリの設定、各種アプリのインストール、ブラウザの拡張機能の設定などを行い、後はデータを旧パソコンから移し替えるだけ……というところで、「既定のアプリ」の設定をまだ行っていなかったことに気付きました。

テキストは『Mery』、画像は『Massigra』、音楽は『1by1』、映像は『PotPlayer』。それが俺のジャスティス。

ということで、早速、上記のように設定しようとしたのですが、何回やっても何回やってもエアーマンが倒せない『PotPlayer』以外の設定を行うことができません。ポータブル版では駄目なのかと、インストール版の『Mery』と『1by1』を導入しても駄目。ネットを検索しながら2時間以上色々と試してみたのですが、ついぞ解決策が見つからなかったため、『CCleaner』でのレジストリ整理か、『PotPlayer』の関連付けがまずかったのであろうと、一旦、出荷状態に戻すことにしました。

結果、テキストの既定のアプリを『Mery』にすることに成功。やはり、『CCleaner』か『PotPlayer』のいずれかに問題があったようです。その後、1時間ほど掛けて先程と同様の設定を行いまして、最後に画像や音楽の規定のアプリを設定……しようとしたら、またもや設定できなくなっているという罠。『CCleaner』も『PotPlayer』もインストールしていないことに鑑みますと、Windows Updateに問題があるのかもしれません。

というところで、既に23時に突入していましたので、再度、出荷状態に戻す作業を行い、そのまま就寝しました。

――というのが、昨夜のこと。そして今朝、Windows Update適用前に「規定のアプリ」を設定しましたら、きちんと『Mery』、『Massigra』、『1by1』を設定することができました。これはもう、Windows Updateが原因と見て良いでしょう。これが単なるバグならばいずれ直ると思いますのでさほど問題ではないのですが、もしこの状態が基本となってしまったら、今後、非常に使いにくくなるなぁ、と思うことになった須賀和良です。ごきげんよう。

2018.10.10 wed

妻のパソコンを買い替えてからもう4年が経過します。

まだ4年しか経過していないということもできますが、使用頻度が高いためか、「ディスプレイの色合いが悪くなっている」、「タッチパッドの反応が鈍くなっている」、「Fnキーが反応しなくなっている」といった問題が発生していますので、買い替えることにしました――というのが9月中旬のこと。その後、ネットで幾つかのパソコンについて比較検討を行い、9月28日に『DELL』の『Inspiron 17 5000プレミアム』を注文しました。

ちなみに『DELL』のパソコン配送は次の4段階に分けられていまして、オーダーステータスのページで確認することができます。

  1. 注文確認済み
  2. 構築完了
  3. 出荷済み
  4. 配送済み

注文日の翌日には「構築完了」にチェックが付き、さらにその翌日には「出荷済み」となったものですから、「さすがはDELLだ。早かったじゃないか」と喜んだのも束の間、同じページに表示されている配達予想日は、2週間以上後の10月16日。そのときは「輸送に2週間も掛かるだなんて、そんなバカな!」(フウ、ヤレヤレ!!)などと思っていたのですが、1日が過ぎ、2日が過ぎ、3日が過ぎ、4日が過ぎ、そして5日が過ぎてもステータスに変化はありません。ひょっとすると中国の奥地で組み立てられ、そこからズンドコズンドコ、ドンブラドンブラと陸路・海路を経由してやってくるのでしょうか。

ということで、ネットで検索しましたら、『DELL』は即納タイプ以外のものを注文すると届くまでに2~3週間掛かるとのこと。今朝になってもステータスは「出荷済み(国内配送センターへ輸送中)」のままですので、パソコンが届くのはやはり10月16日頃なのでしょう。

とか思っていたのに、今日、帰宅したら届いていたという罠。

なお、ステータスは「出荷済み」のままでして、「DELLの配送管理はどーなっとんじゃいな!!」と思うことに。

2018.10.08 mon

日記内日記:今日の娘

「これって、どんなゲーム?」

そう言って娘がPS3で起動したのは、数年前、ダウンロード版が500円で販売されていたときに購入しておいた『スペースチャンネル5 パート2』

[『スペースチャンネル5 パート2』]

私自身、何度かプレイしてみたものの、2面途中のステージ(ギター対決)をクリアすることができなかったため、「やめだっ、もう音ゲーはやめだああっ」と、ほったらかしにしていたものですので、娘にはちょっと難しいかもしれません。

などと思いつつ、一応、娘にプレイさせてみましたところ、初回プレイで2面のラストステージまで進んでしまったではありませんか。ピアノを習っているからか、はたまた、普段から『初音ミク Project DIVA』『ラブライブ!スクールアイドルフェスティバル』といった音ゲーをプレイしているからか。それとも、単純に私より音感が良いからなのかは分かりませんが、ついに私よりも上手にプレイできるゲームが登場してしまいまして、嬉しさと寂しさと心強さを感じるとともに、「強い敵が出てくると逃げがちな娘には、過ちは恐れずに進まなくてはいけない強制スクロールタイプのゲームの方が合っているのかも」と思った次第です。

2018.10.06 sat

日記内日記:今日の娘

娘は、本日から来週水曜日まで秋休み。

ということで、急遽、秋休み的イベントとして蔵王に赴くこととなりました。

10:20

自宅を出発。

11:40

蔵王酪農センターに到着。

まずは腹ごしらえをしようと喫茶店で私と娘はピザを、妻はサンドイッチを注文しましたところ、予想よりも嵩が多く、妻と娘はそれぞれ半分残すこととなりました。なるほど…この店はサンドイッチとピザ1枚だけで十分なんだな。

12:20

お土産コーナーを眺めた後、動物がいるという蔵王ハートランドへ。

酪農センターからハートランドまで歩いていくべきか、車で行くべきか少し悩みましたが、すぐ近くだとしても車で行った方が帰るときに楽であろうと車で向かいましたところ、1.6kmもあるという罠。「車にして良かった♪」と思いつつ、いかにも併設してあるように見える配置図は絶対に直した方がいいと思った次第です。

12:30

ハートランドに到着。

その雄大な景色を眺め、「ほー、いいじゃないか。こういうのでいいんだよ、こういうので」とちょっと感動。

12:40

「動物との触れ合い! そういうのもあるのか」

ほかの子供がべったりくっついて写真を撮っていたりしているのに対し、娘はおっかなびっくり触る程度。こちらが恐る恐る接すると、逆に動物も身構えてしまうようです。

13:00

バター作りに挑戦。

牛乳とクリームを入れた容器を10分近く振り続けまして、「そんなに振り続けたら、明日、筋肉痛が大変なことになるぞー」と思い、時折、「手伝おうかと?」と声を掛けたのですが、最後まで1人でやりきりました。マーベラス。

13:50

ソフトクリームを食した後、「さあ帰ろう、今帰ろう、すぐ帰るぞ」と車を走らせたところで、道端に『蔵王キツネ村』と書かれた看板があるのを発見。妻曰く、「そこに行くために、海外から来る人もいるくらいのところ」とのことでしたので、結構満足度は高そうです。スマートフォンで経路を調べてみますと、車で17分……うーむ、結構遠い。20秒ほど悩んだ後、せっかく自宅から1時間20分掛けてここまで来ているのだからと、行ってみることにしました。

14:10

蔵王キツネ村に到着。

入園後しばらくして、妻は動物園的臭いにやられて車に戻ってしまいましたが、娘は結構気に入ったようで、100匹以上が放し飼いになっているというキツネを見て回っていました。

ここのキツネはかなりお腹を空かせているのか、長さ5cmほどのサラミのようなをエサを投げ込みますと、壮絶な奪い合いが始まります。その様子を見て娘は「かわいそうで、エサがあげられない」と言っていたりしたのですが、実際に自分があげたエサを巡って奪い合いが始まりますと、声を上げて笑っていたりするのはどういうことなのか。

なお、私は、入園する際に係員の方に「噛まれますので絶対に手を出さないでください」「キツネが近付いてきたら、大人が足音を立てて追い払ってください」「子供が追い払おうとしても駄目です」脅されて注意されていましたので、「自撮り用の棒でも持ってきてれば良かったなぁ」などと思いつつ、常に周囲に気を配りながら娘に付いていくことになった次第です……というか、ほんの20分ほど前まで「フワフワ、フカフカ、モフモフなキツネとキャッキャウフフと触れ合える小綺麗なカフェ」みたいなところを想像していたものですから、「思ってたんとちがう」と何度も呟くことに。

16:40

「ラストのキツネ村……あれが効いたな」などと思いつつ、白石ICから高速道に乗って帰宅。

2018.10.04 thu

「近くで配っていたんで、貰ってきました」

そんな台詞とともに係員のT嶋が渡してきたのは、長編アニメーション映画『宇宙の法 黎明編』の小冊子。

[『宇宙の法 黎明編』]

小冊子にホチキス止めされている紙には「人気声優豪華競演!! 千眼美子が『肉食系宇宙女子』に!!」などと書かれています。「千眼美子? 最近の女性声優の名前は分からないんだよなー」などと思いつつ念のために調べてみましたら、かつて『仮面ライダーフォーゼ』のヒロインを担当され、そして約1年前には出家騒動でテレビを賑わせた方の法名ではありませんか。

いや、正直、欠片も興味がありませんが。

むしろこの小冊子を眺めていて一番驚いたのは、キャラクターデザインが須田正己氏だったことです。私の記憶が確かならば、氏は『SF西遊記スタージンガー』(1978)、『科学忍者隊ガッチャマンF』(1979)、『地球へ…』(1980)、『北斗の拳』(1984)などのキャラクターデザインを担当されていた筈。

[『SF西遊記スタージンガー』DVD-BOX デジタルリマスター版 BOX1] [『科学忍者隊ガッチャマンF』COMPLETE DVD-BOX] [『地球へ…』] [『北斗の拳』25周年記念 DVD-BOX~TVシリーズHDリマスターエディション~]

このことに鑑みれば、年齢は低く見積もっても60代後半でありましょう。そのような方がかようなキャラクターデザインを行っているとは……と思いつつ、こちらも念のために調べてみましたら、御年75歳。かてて加えて、最近ではアニメ版『妖怪ウォッチ』のキャラクターデザインも担当されていたことが判明しまして、「さすが(略)そこにシビれる! あこがれるぅ!」と思うことになった次第です。

2018.10.02 tue

賢明なる読者諸氏は既にお気付きのことと思いますが、先週土曜日から日記の画像の挿入方法を色々と弄っています。

それに合わせ、リンク先の再確認なども行っていたのですが、その際、約2か月前の時点では5,000円ほどの値が付いていた『東京忍者 総集編』の古本が、今朝の時点では次のようになっていることに気付きました。

「ブーーーッ」

帰宅後、何かの間違いだったのではないかと再確認したら、コンディションが「良い」のもの(1,008,869円)が売れていることが判明。

「ブーーーッ」

2018.10.01 mon

1年2か月前の日記に、係員のT嶋君が公文書に『ブラックジャックによろしく』のイラストを使用することを目論んでいる、ということを書きましたが、実はT嶋君の影響を受け、広報誌では既に2回使用されていたりします。

8月号

10月号

初めて使用されたのは、2か月前の8月号。「ついにやりましたよ!」とT嶋君が喜んでいたのも束の間、続く9月号では使用されていなかったため、

「いらすとやに駆逐された」

などと思っていたのですが、無事、10月号で復活していました。よかよか……と思いつつ、今後、『いらすとや』が全て『ブラックジャックによろしく』に置き換わったりしたら嫌だなぁ、とも思った須賀和良です。ごきげんよう。

reference
  • [『かわいいフリー素材集 いらすとや』]

attentions

須賀和良:本サイトの管理人。人知れず、寡黙に日記を書き続ける、なぞの社会人。なにか目的があるようだが…?

スタイルシート適用後の表示確認は、1920×1080画面の『Ineternet Explorer 11』と『Kinza』で行っています。表示がおかしい箇所がありましたら、適宜脳内で補正してください。パトラッシュ、疲れたろう。僕も疲れたんだ。

メールアドレスは、htmlのソースの表示させると上から9行目に書いてあります。